iPhone

2017年4月 8日 (土)

日本ツクール for iOS

Tukuru

 久々のブログ更新は、最近ハマっているパズルソフト「日本ツクール」の紹介です。『日本作〜る』とは大きく出たもんですが小さな建物を結合して徐々に大きくして最後は富士山にするという中毒性のあるパズルゲームです。

Img_5578 Img_5579

 ゲームのルールは以前にご紹介した「2246 for iPhone」と基本的に同じです。最小コマの一軒家をスワイプして一軒家同士を重ねると集合住宅になります。スワイプのタイミングで新たな住宅がまた1つ現れます。同じコマを重ねると更に大きな建物のコマになります。4方向いずれかにスワイプしながら繰り返して建物をどんどん大きくしてゆきます。

Img_5585 Img_5586

集合住宅の次から出現するのは日本の有名な建造(?)物たち。
順番に
雷門(高さ11.7m)
→金閣寺(高さ12.5 m)
→東大寺盧舎那仏(座高14.98m)
→名古屋城(天守台高さ19.5m)
→通天閣(高さ108m 2016年に避雷針分5m伸びたらしい
→横浜ランドマークタワー(高さ296m)
→あべのハルカス(高さ300m)
→東京タワー(高さ333m)
→東京スカイツリー(高さ634m)
→富士山(高さ3776m)

 ホントに出現順序通り高くなっているのか念のため調べましたが、上記の通り間違いなく順に大きくなっておりました。奈良の大仏のアイコンなどを見る限り光背や祭壇の配置とか結構忠実なので作者はかなりマニアックなのでは?と勝手な想像をしながらスワイプするもいとをかし。(^-^;
 ゲーム攻略のポイントは出現順を覚えておいて、小さな建物を動かすスペースを作りながらゲームを進める事。これがナカナカ難しい。ワタシは東京スカイツリー出現が最高で富士山までたどり着けていません。富士山を拝むのが先か、飽きてやめてしまうのが先か、挑戦の日々は続く。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

実家の母親の引越も無事終わり、ようやく少し落ち着きを取り戻しましたのでブログ再開です。気ままなペースでの更新となりますが引き続きご贔屓のほどひとつヨロシクです。

m(_ _)m

2017年1月 3日 (火)

パズルゲーム「Noodles」for iPhone

あけましておめでとうございます。
おだやかな天気のお正月になりました。
今年もできる範囲でぼちぼち更新するつもりですので、おつきあいください。m(_ _)m

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 何故か年末年始はパズルゲームにはまるワタシ。今回ご紹介する「Noodles」は、去年からハマっているパズルゲームです。

ルールは簡単。バラバラに向き合っているピースをその場でタップして回転させ全てをつなげると1面クリアです。

例えば、最初こんな↓状態を

Img_5382_2
これ↓にすれば1面クリアです。

Img_5383

その過程をGIFアニメで再現しました。ピースの移動は不可、回転は右回転のみ、と操作はこの上なくシンプルです。

Img_5361

 規定の手数内にクリアすれば「5ダイヤ」完成です。完成までの手数によってダイヤの数で評価されます。「5ダイヤ」完成まで同じ面を何度でもやり直す事も出来ます。「5ダイヤ」が完成したから何がどうなるというわけでは無さそうですが、「そこに山があるから登る」的な目標設定も人生にとっては大事かと。。。(^-^;

 ピースが四角形の場合は比較的簡単なのですが、六角形になると少し難易度が上がります。

Img_5384 Img_5385

上の例では1辺のピース数が5×5ピースですが6×6、7×7、8×8ピース(四角形は7×10ピース)のステージがあり、それぞれ100面ありますので暇つぶしと頭の体操にぴったりです。

Img_5386 Img_5387

 8×8ピースの六角形になると解くのに結構時間がかかります。全てのステージは100面をクリアすると次の100面が始まり延々と続きます。同じパズル面が出てくる事が有るのかどうかは定かでありませんが、過去にクリアした面の解き方など覚えていない(ワタシだけ?!)ので、常に新たな気持ちでスタートすることになります。

これは有料アプリ(2017年1月1日現在 ¥240)ですが、有料の価値あり。パズル好きにはオススメのアプリです。

2016年10月 8日 (土)

iOS10ロック画面左下に現れるアイコンの謎

iOS10がリリースされてひと月ほど経ちました。便利になった事も多くありますが、イマイチ便利さがピンとこない機能もあります。そんな機能の一つがロック画面上の左下に現れるアイコン。時々、アイコンで表示されるアプリが変わります。
なんじゃこりゃ?と思い調べてみたところ、Siriが検索候補アプリとしてよく使うアプリを示してくれているようです。

Img_5140

 妻もiOS10にアップデートしてから、このアイコンが気になって仕方が無い様子。今日はそんな悩める妻のためにもロック画面上に現れるアイコンの消し方をご紹介します。(家庭内はブログを使わずに、直接口で伝えろって? ゴモットモ! でも、ついでなんで。。。(*´v゚*)ゞ )

まず、ロック画面の状態で右にスワイプすると所有者に関係する最新の情報がウィジェットとして現れます。初期設定のままだと今日のスケジュールなど個人に関する情報がロック解除なしで表示されてしまうので、そのままで使うのは少し危険。表示したくないウィジェットも下記の方法で削除してください。

Img_5141 Img_5142

 情報の画面で一番下までスワイプしてゆくと、「編集」ボタンが現れるのでタップします。

Img_5143 Img_5145

「ウィジェットを追加」の画面で表示させたくないウィジェットの左端の「−」アイコンをタップして「削除」>「完了」してください。「Siriの検索候補(App)」を削除すればアイコンがロック画面でも表示されなくなります。
表示するウィジェットは一度削除しても後で追加することが可能なので、使わないウィジェットは出来るだけ削除しておいたほうが無難だと思います。
※この記事はiOS10.0.2での対応方法です。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2016年6月18日 (土)

「Drop Flip」for iOS

パズル系ゲーム好きのワタシが、現在ハマっているのはこれ。

ゲートを開いてバケツにボールを入れるゲーム「Drop  Flip

Img_4779 Img_4780

動かせる障害物は位置を調整してボールのコースを決めます。

Img_4783

タップしてひっくり返す事のできる障害物もあります。

Img_4791 Img_4792

面を進めると、いろいろな障害物が出てきます。

Img_4793 Img_4794

揺れる振り子があったり、ハンマーがぐるぐる回っていたりと、落とすタイミングも重要になってきます。

手こずった117面目。Bonusステージです。

Img_4796

うずまきを通ると、ボールの角度が変わります。ムズイけど面白い。

そして、ようやく128面全面クリア!

Img_4798

ピタゴラスイッチのような楽しさのあるゲーム。有料ですがパズルゲーム好きの方にオススメです。

2016年4月25日 (月)

「ジモネタ」で地元情報を収集

Head
Jimonetakogo

久々にiOSアプリを紹介します。

 地方都市(というか田舎(^-^;)に暮らして思う事。それは住んでいる地域の情報が都会に比べてとても少ない!という事。インターネットの情報は圧倒的に大都市から大都市に向けての発信が多く、そんな中から検索エンジンで地域の情報だけを抜き取るのは大変面倒な作業です。SNSで繋がっている人から地元の情報を得る事は出来ますが、それにも限界がある。。。
もっと、地元の情報をタイムリーに入手したいなぁ。
そんなニーズに応えたのが、今日ご紹介するアプリ「ジモネタ」です。

Img_4648_2 Img_4649_2

初期設定では「今いるエリア」の情報が表示されます。ブログ、SNS、ニュースサイトなどから集めた今いる地域の情報を自動的にまとめてINDEX化してくれます。よく利用するエリアや旅先のエリアをマイエリアとして登録することも可能です。登録は設定タブから地域設定で選べます。

Img_4651_2 Img_4652_2

  日本全国の都道府県からマイエリアを選んでゆきます。
マイエリアは全国1243エリアから10箇所選択が可能(2016年4月時点)。奈良県は9つのエリアに分かれています。

Img_4657_2 Img_4654_2

 登録が完了すれば新たにタブが追加されます。アプリの登録フォームから自薦他薦問わずサイトを登録できるのでワタシのブログも登録してみると、数日後に掲載されていました。(*゚▽゚)ノ
気になるネタがあれば画面右上をタップして登録しましょう。

Img_4655_2 Img_4656_2

このように「気になるネタ」のタブに登録して残しておく事ができます。


 全体的な感想としてはバグ対応等で細かなバージョンアップが繰り返されているのは若干気になりますが、地元民が地元をPRしたり訪問者が訪問した地方の感想や情報をリアルタイムで伝播できる面白いアプリだと思います。地元愛に燃えるワタシにとって、久々のヘビロテアプリです。欲を言えば、地域情報の中でも(グルメ)や(レジャー)などカテゴリーに分けてINDEX化されれば更に使い勝手の良いアプリになるかな〜。

※このアプリレビューは2016年4月24日時点(Ver1.23.146) のものです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

「地方の時代」といわれて久しいですが、日本の人口がマイナス成長となりバタバタと「地方創生」が国策として動き始めました。地元民が地元の良さをもっと知る機会が増えてコミュニケーションが深まれば、自ずと地方は活性化すると思います。今度こそ単なる金のバラマキに終わる事の無いように願いたいものです。think

2016年2月27日 (土)

iPhoneを老眼仕様に変更する方法

『iPhoneを使ってるけど、ローガンのため文字が小さくって見づらい!!』という人いませんか? そんな「らくらくフォンにしときゃよかったシルバー世代iPhoneユーザー」のために、iOS9 for Rogan の設定方法をまとめました。

<画面表示の拡大方法>

一番簡単な方法は画面表示の拡大です。
「設定」>「画面表示と明るさ」>「表示」の順にタップします。

Img_4157_3 Img_4165

「画面表示の拡大」画面で「拡大」を選ぶと拡大された時のイメージが表示されます。

Img_4166 Img_4167

アイコンとApp名の表示が少し大きくなりました。
画面を右から左にスワイプすると「メッセージ」アプリでの表示の違いを確認できます。

Img_4318_2 Img_4319_2

添付写真も若干拡大されています。
さらにスワイプすると「メール」アプリでの表示の違いも確認できます。

Img_4320_2 Img_4321_2


<文字サイズの変更方法>

もう少し文字サイズを大きくしたい場合は
「設定」>「画面表示と明るさ」>「文字サイズを変更」で調整します。

Img_4164 Img_4158

スライダが表示されますので、好みの大きさにスライダを動かします。
上側にサンプルテキストが表示されますので参考にして大きさを決めてください。

Img_4159 Img_4160

さらに文字を大きくしたい場合は
「設定」>「一般」>「アクセシビリティ」>「さらに大きな文字」
で変更が可能です。

Img_4174 Img_4175

Img_4176 Img_4177

Img_4178 Img_4179

 上記の方法で文字の大きさが変更できるのは「Dynamic Type機能」をサポートしているアプリのみです。iOSの標準アプリはほぼDynemicType機能をサポートしています。また、FacebookやTwitterなど主要SNSアプリもこの機能に対応しているようです。

当然、文字を大きくすると一度に表示できる文字数が減りますので、そのあたりを考慮して文字の大きさを決めてください。(* ̄0 ̄)ノ

2016年1月 2日 (土)

パズルゲーム「TWO DOTS」にハマる新年申の年

明けましておめでとうございます。
新年の初更新は、今ワタシがハマっているiPhone用パズルゲーム「TWO DOTS」 をご紹介します。

Img_4037Img_4044

<遊び方>


 ルールは簡単です。同じ色のドットを縦横に連続して並んでいれば、なぞって消すことができます。消えた箇所には上からランダムな色のドットが落ちてきます。左上のターン数(上の例では20ターン)内で上の各々のドット数(上の例では青/赤/黄 各々15ドット)を全て消せば1面クリアです。このゲームのすごいのは無料なのにバラエティに富んだ535面(2016年1月現在)も用意されている事です。ステージが進むにつれて難しくなり、消さなければ延焼する「炎のドット」や4度消さなければ消えない「氷のドット」や下まで落とさないと消えない「錨のドット」など変化に富んだドットがクリアを阻止します。有料でクリアに有利なアイテムを購入する事もできるのですが、アイテムなしでも充分に遊べます。パズル好きの方はアイテムを使わずにチャレンジしてみてください。

Img_4043Img_4038

 現在、私は120面に挑戦中です。iPhone5sを使っていた時に200面を超えていましたが、機種変更後に最初のステージから再挑戦しています。Facebook連携をしておけばゲーム進行を保存できたのですが、ワタシの場合Facebookは仕事関係の人とつながっているので連携していませんでした。最初からやり直しても結構楽しめますよ。

<宝探し>

Img_4039 Img_4041
 時々ボーナスステージのような「宝探し」イベントが行われます。「宝探し」の面にチャレンジして開催期間内に全てのステージをクリアすると宝物がもらえます。煮詰まった時にイベントがあると気分転換になったりするので、「宝探し」期間中は是非こちらもチャレンジしましょう。

<ステージクリアの為のコツ?>

 どのステージにも言える事ですが、コツをつかんで根気よく行えばステージはなんとかクリアできるようになっています。ワタシなりのステージクリアのコツは下記の通り。

  • とにかく四角を作る事。四角をなぞればその色は全て消えます。
  • 失敗しても何度もトライしていると、いつかラッキーな配置がやってきます。待てば海路の日和あり??
  • 炎のドットは最優先で消します。炎を放っておくと延焼して拡がりますので、クリアが難しくなります。

<変なコメントがクセになる>

  • ステージ前に表示されるコメントが変。アメリカンジョークなのか、はたまた単に日本語変換がおかしいのかは不明ですが、とにかく変です。( ´_ゝ`)
  • ステージの途中であきらめて「やり直す」を選ぶと「ほんまにええんか?」と大阪弁で確認してきます。何なん?この上から目線。。。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2015年12月26日 (土)

iPhone5sからiPhone6sPlusに機種変更

_1080030
 iPhone5s利用開始から早いもので丸2年が経過しました。縛り期間が終了したので、先日念願の機種変更に行ってきました。
キャリアは家族でワタシだけauだったのでdocomoに戻るつもりだったのですが、田舎のdocomoショップは根強い人気で、何をするにもいつも尋常ではない待ち時間。なのでauで継続することに決定。最近何かと忙しくて余裕のないワタシ。スピードが再優先です三ζ゜。
機種はローガン対策(!)でiPhone6sPlusの64GBシルバー。

 データ移行はMacにバックアップを取って万全を期した、、つもりだったのですが、思わぬ落とし穴に。買い換えに行く日の朝、iOS9.2のアップデータがリリースされていて、深く考えず「最新のものにしておけば全てはヌカリなし!」とアップデートしてからバックアップしたのが大きな間違い。購入したiPhone6sPlusはauショップでiOS9,2にアップデートされている筈はなく、バックアップデータを単純にリストアして終了!のはずが、『iPhone6sPlusのVerが旧いのでアップデートしてからリストアしてね』のメッセージが出てリストアできず(ノ_-。) やむなくWiFi設定やら何やらネットワーク環境を再設定してOSアップデートしてから、ようやくリストアにこぎつけたのでありました。

_1080033 _1080032
全面液晶保護ガラスブックタイプのケースも物色する時間がなく、取り急ぎauショップでついでに購入しました。本当は購入前に、いろいろと調べてから購入したかったのにシロウトのような買い方をしてしまいました。(実際シロウトなんですが、、(^-^;)

<使用感>

 液晶画面が4インチから5.5インチに増えたわけですから何といっても見やすくなりました。画面表示は「拡大モード」にしているので『楽々フォンもどき』です。
大きさは元々想定していたので気になりませんでしたが、重さは想定以上でした。
本体:192g 保護ガラス:7.5g ケース:82.5gで、ワタシの組み合わせの場合だとトータルで282gになります。ほぼiPadMini4本体(298.8g)くらいの重さですが、本体が大きくなればケースも重くなるわけで、まあ電話が出来てそこそこ画面が大きくて、と考えるとこれくらいがワタシの最適サイズかな? とも思います。

 機能面でいうと、Touch IDや音声入力の認識率がかなり上がったように感じます。今まで何度かトライしなければ認識しないこともあった指紋認証は、ほぼ100%認証しますし、Siriに聞き直される事も少なくなりました。
3D Touchについては、まだアプリケーションが追いついておらず、そのメリットをユーザーが十分に体感できるまでには至っていないというのが正直な感想です。ただし、対応アプリが多くリリースされるようになると確実に使い道が拡がる面白い機能だと思います。

 まだまだ使いこなしてはいませんが、これから色々と試してみて面白い発見があれば、このブログでも紹介します。

2015年9月 6日 (日)

【IPhoneTIPS】開く事も消す事もできないアプリへの対処

 アプリを長押しして『×』をタップすればアプリを消去できますが、たまに「待機中..」のまま何も出来なくなってしまう事があります。

今日はそんな時の対処方法をご紹介します。どうしようもなくなった時には、これで解決できるカモ?(※対処結果は自己責任でヨロシクです)

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

Img_3683_2 Img_3684_2

設定>一般>使用状況 と順にタップしてゆきます。

Img_3685_2 Img_3686_2

次に「ストレージ」にある「ストレージを管理」をタップすると、iPhoneのデバイス内に格納されているアプリケーションが一覧で表示されるのですが、その中にアプリ名の無いものが存在。

Img_3687_2 Img_3688_3

タップしてみると、これが待機中のままになっていたアプリ(今回の例では『Google+ 』)でした。「Appを削除」をタップで削除します。

Img_3689_2 Img_3690_2

削除すると『書類とデータもすべて削除されます。』と、メッセージが出ますので確認の上「Appを削除」をタップしてください。ホーム画面に戻ると、アプリが削除されている事が確認できます。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

最近、Macがやたら遅くて対策の試行錯誤中です。どうも、他のデバイスとの同期をCloud上で行っているのが原因のような気がして、iOSの不具合もこのあたりが原因かな?と思うのですが結論に至らず。
ε-( ̄ヘ ̄)┌
裏でコソコソとやられると精神衛生上もよく無いんだなあ〜
(^-^;

2015年8月29日 (土)

iPhoneを定規代わりに使ってみる

100cm_3
 外出先で急に何か長さを測る必要に迫られた時、どうしますか?
常にメジャーを持ち歩く人は少ないと思いますが、いつも持ち歩く携帯電話が定規代わりになれば便利。 ‥ということで、今日紹介するのはiPhone用の定規ソフト、
その名も「100cm定規」

<画面キャプチャ>

Img_3666

iPhoneの画面上に表示されるスケールは中途半端なサイズから始まりますが、iPhoneの端が基準になって目盛りが刻まれているのでiPhoneの上端を合わせればうまくいきます。短いものを測るのはこれだけでOK。
 でも10cmあまりのiPhoneでどのようにそれ以上の長さを測るのか???

Img_3667_2

Img_3673_2

このように画面を押さえながらiPhoneをスライドさせます。

Img_3676

Img_3670

これを繰り返せば100cmまで測れます。画面を押さえる時に手と指を固定しておく必要がありますが、慣れれば結構簡単に測ることができます。シビアに正確さを求める測定はできないと思いますが、イザという時には便利なソフトです。
入れておいて損は無いと思います。(*゚▽゚)ノ

より以前の記事一覧

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ