音楽

2015年9月28日 (月)

Augusta Camp 2015 で我が家も全員集合!!

Img_3752

山崎まさよし、スキマスイッチ、秦基博などのアーティストが所属する音楽事務所オフィスオーガスタ。年に一度、所属アーティストが一堂に会して行われるオーガスタキャンプですが、今年は山崎まさよしのデビュー20周年という事で『YAMAZAKI MASAYOSHI in AUGUSTA CAMP 2015 ~20th Anniversary~』と銘打って9月26日に横浜赤レンガパーク 野外特設ステージで行われました。まさやんファン一家としてこれは外せない!。

久しぶりに家族4人揃ってオーガスタキャンプに参加してきました。(*゚▽゚)ノ

Img_3751 Img_3756_2

 前日までの天気予報では横浜は「雨」だったのですが、ファンの思いが通じたのか、はたまた、まさやんの執念か、ほぼ雨に降られる事もなく野外コンサートを楽しむ事が出来ました。会場の赤レンガパークは入場券と交換したストラップを付けていれば、再入場が何度でも可能となり、コンサートエリア外のフードコートで買ったドリンクやフードを持ち込む事もできます。

コンサートは3部構成。今回は、ほぼフューチャリング山崎まさよしだったので、大満足の内容でした。セトリは下記の通り。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

《Augusta Camp 2015 セットリスト 》 ※ セットリストはAugusta Camp公式Twitterより

第一部は、まさやんの楽曲を所属アーティストとの共演で演奏して楽しませてくれました。午後2時ギリギリで会場入りしたワタシ達ですが、開演と同時にまさやん登場で、名曲「僕はここにいる」をギターで弾き語り。間に合って良かった〜。感動モノでした。

<第一部 山崎まさよし Setlist>
1.僕はここにいる
2.六月の手紙(w/浜端ヨウヘイ)
3.妖精といた夏(w/長澤知之)
4.ア・リ・ガ・ト(w/竹原ピストル)
5.花火(w/COIL)
6.ツバメ(w/秦 基博)
7.セロリ(w/スキマスイッチ)
8.Fat Mama(w/さかいゆう)
9.Let's form a R&R band(w/オーガスタALL STARS)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

第二部は所属アーティストが中心になって、まさやんと共演。まさやんはドラムやギターやキーボード等で演奏に参加して盛り上げてくれました。オフィスオーガスタは個性的な実力派のアーティストが多く、これからが楽しみなアーティストも数多く発見。中でも浜端ヨウヘイ君は、期待の大型新人(ガタイも大型)で観客のハートをがっちり掴んだようです。

<第二部 杏子Setlist>
1.ねぇ、もっと (w/山崎まさよし・COIL・あらきゆうこ・長澤知之)
2.Flamingo Rose (w/山崎まさよし・COIL・あらきゆうこ・さかいゆう)

<第二部 さかいゆう Setlist>
1.Superstision [オリジナル:Stevie Wonder]  (w/山崎まさよし)
2.僕たちの不確かな前途(w/山崎まさよし)
3.ジャスミン 

<第二部 COIL Setlist>
1.ホームタウン [オリジナル:仲井戸”CHABO”麗市] (w/山崎まさよし)
2.バス待ち (w/山崎まさよし)
3.Sunset Blues [オリジナル:西慎嗣](w/山崎まさよし)

<第二部 あらきゆうこ Setlist>
1.Sonnet  #9 [オリジナル:杏子] (w/山崎まさよし・COIL)
2.Train Run (w/山崎まさよし・COIL)

<第二部 元ちとせ Setlist>
1.腰まで泥まみれ [オリジナル:Pete Seeger)
2.We Can Work It Out[オリジナル:The Beatles](w/山崎まさよし)
3.名前のない鳥(w/山崎まさよし)

<第二部 長澤知之 Setlist>
1.Lucy In The Sky With Diamonds  [オリジナル:The Beatles] (w/山崎まさよし)

<第二部 浜端ヨウヘイ Setlist>
1.大男のブルース (w/山崎まさよし)
2.MUSIC!! (w/山崎まさよし)

<第二部 秦 基博 Setlist>
1.アイ (w/山崎まさよし)
2.FaFaFa (w/山崎まさよし・あらきゆうこ)
3.ひまわりの約束 (w/あらきゆうこ)

<第二部 スキマスイッチ Setlist>
1.ガラナ (w/山崎まさよし)
2.Englishman in New York [オリジナル:Sting] (w/山崎まさよし)
3.マリンスノウ

<第二部 竹原ピストル Setlist>
1.未完成 (w/山崎まさよし)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

日没後の第三部は、山崎まさよしのコンサート。いつものバンドメンバー、中村キタロー&江川ゲンタが参加して曲間の休憩なく演奏が続きました。ベースのキタローさんもノリノリ。パーカッションのゲンタさんは格闘技のように、ドラムを叩き続けていました。

<第三部 山崎まさよし Setlist>
1.アドレナリン
2.アレルギーの特効薬
3.晴男
4.ガムシャラ バタフライ
5.パンを焼く
6.ド ミ ノ
7.Flowers
8.振り向かない
9.One more time, One more chance
10.月明かりに照らされて

<アンコール Augusta All Stars Setlist>
1.21世紀マン
2.根無し草ラプソディー2015
3.星のかけらを探しに行こう、again

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪

コンサート会場内は撮影禁止でしたがフィナーレだけ、特別に撮影OKが事務所から出て観客は一斉に撮影開始。あわてて、ワタシもカメラで撮影しました。

_1070314
グランドフィナーレです。

_1070326
会場は超満員。幸いワタシ達は前から2番目のBブロックだったので、ステージのアーティストを肉眼で見ることが出来ました。最後尾のNブロックからはスクリーンが無ければ見えなかったと思います。PAは、しっかり調整されていて、どこからでもよく聴く事ができました。

_1070332
午後2時から午後9時過ぎまで、間に2回休憩を挟みましたが、ほぼ出ずっぱりのまさやん。まさやんを中心として沢山のアーティストに音楽の楽しさを十分に味わわせてもらえました。
家族全員が楽しめた思い出に残るオーガスタキャンプでした。( ̄▽ ̄)

2015年7月20日 (月)

Apple Musicで好みの音楽をダウンロード

先日Apple Musicがリリース開始となったのに入院していたため、iPhoneのiOSをアップデート出来ずウズウズしていたワタシ。退院後、真っ先に行なったのはiOS8.4へのアップデートでした。(^-^;
今日はApple Musicから好きな音楽をiPhoneにダウンロードしてオフラインで再生する方法をご紹介します。

Apple Musicの良いところは、自分の知らない曲に出会える事。お気に入りの音楽ジャンルやアーティストを登録しておくと「For You」で好みに合いそうな曲を紹介してくれます。当然、検索で好きなアーティストの楽曲が登録されているか探す事もできます。
今回はワタシの好きな小野リサのアルバムを検索してみました。

Img_3546 Img_3547

「For You」が紹介してくれた小野リサの「Dans Mon Ȋle」は既にCDを所有しているので、アーティスト名をタップしてApple Musicに登録されている小野リサの情報を確認。

Img_3553 Img_3554

日本人アーティストの登録楽曲は少ないといわれているAppleMusicですが、小野リサのアルバムは、ほぼ完璧に登録されていました。早速、所有していないアルバム『Dream』をダウンロードすることに。アルバムもしくは曲名の右側の「…」をタップするとメニューが表示されます。

Img_3555 Img_3562_2

まず、「マイミュージックに追加」した後、「オフラインで再生可能にする」を選択すればダウンロードしたアルバムをiPhone本体に保存できます。ただし、曲によってはストリーミング再生は出来てもオフライン再生ができない楽曲も有るようです。
「オフラインで再生可能にする」タップ後「My Music」のライブラリを確認して「最近追加した項目」に目的のアルバムが含まれていればOKです。

 このようにしてオフラインで再生できるようにしておくと、再生時のデータ通信量を気にせずに再生する事ができますし、カーオーディオとして使用する人は電波状況の悪いところでも音楽を聴き続ける事ができます。ただしローカルディスクにダウンロードしたからといって、Apple Musicのメンバーシップを解除すれば、プロテクトがかかっているため再生ができなくなるようなのでご注意ください。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2014年12月 7日 (日)

宇陀市「Gallery & Cafe 廣栄堂」でJazzを聴く

1年ほど前のハナシです。

我が家のご近所に新しく建ったような気になる建物を発見。
居宅なのか店舗なのかがわからない。
グレーの壁材は工場のようでもある。
でも、シンプルでおしゃれな建物。

来客用の小さな駐車場も横にあるようだが
店にしては閉まっている事があまりにも多い。

表札のような看板には「廣栄堂」と書いてある。

なんだこれは??と、ググったところJazzカフェらしい。
でも、営業日が木金土の2:00PM〜7:00PMと、
商売っ気のナイ事この上ナイ。
(^-^;

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

昨日の土曜日、少し雪もちらつくし遠出するのも億劫だったワタシ達。
行くなら今日しかない! ということで妻と行ってきました。


<エントランス>


Img_2905
外塀の門を入って、石畳に足を踏み入れると玄関があります。近くで看板を見ると確かに「Gallery & Cafe」と書いてありました。


<店内>

Img_2896
玄関で靴を脱いでスリッパに履き替えてテーブルへ。想像以上にかなり広い店内でした。客は居らず、好きな場所へどうぞ!と案内されたのでスピーカー近くの席に座り、コーヒーを注文しました。

Img_2895
 大きなスピーカーから程よい音量でJAZZが流れています。床はフローリングなのでライブな音ですが、柔らかい音を出すスピーカーと高い天井で、JAZZの音色が心地よく店内を包んでいます。
棚にはJAZZ関連のチラシやフリーペーパーがありました。ガラス棚の中には2010年に廃刊となったスイングジャーナル誌のバックナンバーがずらりと並んでいます。そういえばワタシも学生の頃、毎月購読していました。新譜の評価を参考にレコード屋さんでLPを購入したのを思い出しました。

Img_2894
 昨日は寒かったので薪ストーブが威力を発揮していました。ストーブの炎を眺めているだけでも心が落ち着きます。店内にはグランドピアノがあり、非定期にライブも行われるとのことでした。

Img_2901
 店にはワタシと妻以外に最後まで客は無く貸切状態。
ワタシと同じ住宅地に住んでいる事が判明したマスターが
「何時間でも、ゆっくりして行ってくださいね〜」と言ってくれました。
(゚▽゚*)

この店、実は2年前に営業を開始したそうです。
採算は完全にとれていないと思いますが、
趣味の空間を共鳴できる人に提供してくれているという感じなのかな?
ワタシにとっては、気兼ねなくJAZZに浸れる落ち着ける場所がすぐ近所で見つかってとても有難い事です
ヽ(´▽`)/

JAZZを聴きながら読書に浸れる、今となっては希少な空間です。
次に行くときは、本を持って行こうと思います。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

2014年2月23日 (日)

NHKのど自慢予選会!!

 3年あまり前、このブログで「NHKのど自慢」に息子が出場した事を書きました。
我が家にはライバル心をむき出しに、そんな息子よりも歌が上手いと自負する人が約2名存在。。。。。

昨日、その2名が参加する事になったNHKのど自慢予選会が橿原文化会館で行なわましたのでその様子をご紹介します。

Img_1919
 これは予選会出場の案内はがきです。予選会は選曲理由などを記入して応募した人の中から250組が選考されて案内状が送付されます。予選会出場の競争率も相当なものだそうです。

Img_1921
 今回の会場、奈良県橿原文化会館。私が到着した時には予選が既に始まっており、会場内は予選参加者や応援の人で満席でした。予選の順番は曲のタイトル五十音順です。翌日の放送本番と同じステージでプロに伴奏してもらって1分弱づつリレーのように歌ってゆきます。
審査員も1人1分弱の歌を250組聴いて、その中から20組を選ぶんだから大変だわ。!(・oノ)ノ
娘が「ありがとう」、妻が「時代」で応募したので、比較的早めに出番終了。二人とも『緊張した〜』と言いながらも大きなステージで歌えたので満足そうでした。(゚▽゚*)

Img_1924
 ホール内は撮影厳禁ですがロビーは撮影可能です。歌い終わった我が家の参加者2名がロビーにある小田切アナウンサーのタペストリーと記念撮影しました。


Img_1922
 約20分遅れでロビーに設置されたモニターで時差再生されます。こちらは撮影可能なので、予選を終えた人が順番に、その様子をカメラやビデオで撮影していました。
また、約30分遅れで3D映像でも時差再生されており、こちらは3Dメガネをかけて立体的に自分の予選会で歌っている様子を見る事ができるようになっています。

午前11時45分から始まった予選250組が歌い終わり、合格者が発表されるのは、午後5時過ぎ。その間、会場から出て昼食&明日の本番に備えて(その気!?)カラオケで時間をつぶしました。

結果は、、、、

残念ながら我が家の秘密兵器は二人とも予選敗退。_| ̄|〇
次回の近隣開催で作戦を変更して(?)リベンジを誓うあくまでも前向きな二人でした。
♪⌒ヽ(*゚O゚)ノ

2011年9月25日 (日)

小田和正 Tour 2011 どーもどーも in京セラドーム

 9月24日小田和正さんのコンサートを見に、うちの奥さんと京セラドームに行ってきましたnote

 とにかく小田さんは元気です。先日誕生日を迎えて64歳になったというのに、コンサート会場で走る、走る、走る。run
小田さんにとってコンサートのプライオリティは、きっとMCをする事よりもrun走る事の方が高いのではないかと思うほど良く走ります。歌う時は息が切れないけど、MCの時はぜいぜい言ってますcoldsweats01
オフコース時代の彼は、インテリで上から目線のイメージ(あくまでも個人的なイメージね♪)があったのですが、コンサートで見る小田さんはサービス精神の塊の人です。広いコンサート会場に来てくれた満員の観客一人一人に出来るだけ近づこうとしているかのように、アリーナのトラックを今日も疾走していました。

 一曲目が終わると「ど〜も〜」の第一声。その昔「ど〜も〜」といえば『夜のヒットスタジオ』の芳村真理さんでしたが、今や小田和正さんは押しも押されもせぬ「ど〜も〜」の第一人者です。ひょっとするとN○Kのマスコットキャラクターの座を狙っている?? で、最新アルバムが「どーも」で、ツアーの名前も「どーも どーも」。

 美しい高音の歌声は全く衰えを知らず、アンコールではジャズのナンバーをサックスで演奏する多才ぶりも披露。ツアー恒例のご当地紀行では、自分の名前をおぼえていないおばさんを「ばばあ」呼ばわりする悪口ぶりも相変わらずで微笑ましかったです。(会場の半分位は「ばばあ」で埋め尽くされているのに、反感を買わないのが彼のキャラクターでしょうgawk。)

 ちなみに「秋の気配」は1番のみのショートバージョンで歌う予定だったようですが、今朝の朝日新聞の天声人語で2番の歌詞が紹介されたため、しっかりフルコーラスで歌ってくれました。
 
 私が小田和正さんのコンサートに行くのは2回目で、前回は3年前の同じく京セラドームでのツアーファイナル。とても感動的なコンサートでした。そして、今年は震災の影響で日程が大幅に変更なったようですが、一緒に前を向いて行こうという新たな想いとメッセージが加わった、元気をもらえるコンサートに仕上っていました。

 小田さんは私よりも丁度一回り年上ですが、ずーっと現役で挑戦し続けているし、創造し続けています。私も小田さんのように人生の機微を敏感に感じ取りながら、ずーっと前を向いて生きて行きたいなあと感じた心温まる3時間程のコンサートでした。happy01

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


 


《メール便なら送料無料》国CD> 小田和正 / どーも 《メール便なら送料無料》国CD> 小田和正 / どーも


販売元:ザ・ショックプライス
楽天市場で詳細を確認する


2011年1月16日 (日)

山崎まさよしOne Night Stand Tour in奈良

Hobo

昨夜、山崎まさよしのコンサートOneNightStandTourを聴きに、奈良100年会館に行ってきました。

 今回のコンサートは、バックバンド無しの弾き語りソロライブだったのですが、彼の良さがストレートに伝わる聴き応えのあるとても良いステージでした。ソロゆえに音の厚みが無くなる分は、サンプラーを使ってカバーしていました。サンプラーも事前に用意した音源では無く、曲の頭でボイスパーカッションやタンバリン、ギターの本体を叩く音などでリズムを刻んでサンプリングを行ないそれに音を重ねてゆくという手法でしたので、ライブ感は全く損なわれる事はありませんでした。ギターやブルースハープは以前から達者なミュージシャンだったのですが、サンプラーを使う事によって今まで見えなかった彼の才能が引き出されたように思います。オープニングの「月明かりに照らされて」からフィナーレの「ブランコ」まで音楽の楽しさを存分に味わう事の出来る素敵なコンサートでした。

 ところで、今回のコンサート開演前に会場内で流れていたBGMがアルバータ・ハンターの「アムトラックブルース」という、かなりマイナーな知る人しか知らないアルバムが流れていたのにはとても驚きました。これって、30年ほど前にスイングジャーナル誌で確かゴールドディスクをとった名盤で、私はLPを持っているのですが、以降国内ではCD化もされていないようで、まさかコンサート会場のBGMで聴くとは夢にも思いませんでした。これって、誰が選曲するんだろう??

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2010年7月18日 (日)

本日奈良市で開催された「NHKのど自慢」に息子が。。。

 今日は、iPadと全く無関係な内容ですが、ご了承を。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 実は、大学に通う息子が昨日NHKのど自慢の予選を通過したというので、
本日急遽、本選が生放送で行なわれる奈良県文化会館に
妻と二人で応援に行ってきました。

 もともと、予選を通過するなんて(というか本当に応募しただなんて)
思っていなかったため、入場チケットも事前に申し込んでいなかったのですが、
本選参加関係者用に2名分のチケット交換はがきを息子がもらってきたので、
今日は何とか入場できました。

 のど自慢大会は、当日のゲストの持ち歌を歌う「ゲスト枠」や
とにかく会場を楽しませる「エンターテイメント枠」など、歌唱力以外の
様々な要素で出場できる可能性が有るので、「何枠」で出るのか息子に
聞いたところ、「もちろん歌唱力で勝負や!」とのこと。。。
「それは無いやろ」と思いつつ、歌詞を途中で忘れたり、声が出なかったり、
音域が合わなかったり、生放送なのに不適切な事を言ってしまったりする事の
無いようにと念じながら、会場に入りました。

 NHK奈良放送局の方の進行で和やかな雰囲気のうちに前説が終わり
おなじみの鐘の音を合図に、午後0時15分いよいよ本番開始。

 息子も20組の出場者の一人としてステージへ。
我々は2F席の後ろの方だったので、表情はオペラグラスでしか
わかりませんでしたが、意外と落ち着いた様子でひと安心。
合唱のコンクール等でステージの場数を踏んでいるのが、
役立っているようです。
(でも後で録画を確認すると結構緊張していた様子でした(*^-^))

 歌う順番は本番直前の発表だったようで、我々には息子が何番目に歌うのか
わからないまま番組は進行してゆきました。
すごく上手いと思った人も、鐘2つとか、けっこう辛めの採点で
10組以上が終了しましたが、息子はまだ出てきません。
 そして最後から2組目の19番目にようやく登場して
斉藤和義さんの「歩いて帰ろう」を歌いました。

身体の動きがリズムに乗れていないけど、声は良く出ているゾ♪

 一生懸命歌ってるので「せめて鐘2つは欲しいなぁ」と
思っていると、鐘連打の「合格」!!
よかった、よかった〜。ヽ(´▽`)/

 その後、ゲストのキムヨンジャさんと山本譲二さんによる
『さすがはプロ!』という心に響く歌に続いて、各賞の発表。

 そうだ、今週のチャンピオンが一人選ばれるんだった〜。
他に上手い人がたくさんいたから
正直「これは、関係ないや」と思っていたのですが、
司会の松本アナウンサーからコールされたのは息子の名前!!!

 というわけで、見事我が家に初代「のど自慢チャンピオン」が
誕生したのでした。(2代目を狙っている人もいるのです┐(´-`)┌)

<写真1>
P1020159
※iPadと息子がいただいたチャンピオントロフィーとの2ショット写真
(iPadの松本アナウンサーも嬉しそう!??)

<写真2>
P1020162
※こちらは、番組出場者がもらえる記念のサイン色紙。
サインは左から松本アナウンサー、山本譲二さん、キムヨンジャさん。

 番組収録終了後に、息子がもう一度「歩いて帰ろう」の1コーラスを歌い、
ゲストのキムヨンジャさんと山本譲二さんが2曲づつ歌ってイベント終了。
しかし、やはりプロの歌はすごかった!!

おかげでとても、刺激的な一日でした。
チャレンジした息子に拍手であります。good

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2010年6月11日 (金)

iPadでの音楽再生について

 iPad販売開始の日に、ファーストインプレッションとして「音も結構いい」と書きましたが、iPadでの音楽再生についてもう少し詳しく書きます。

 iPadには小さなモノラルの内蔵スピーカーがついているだけなので、オーディオ用のスピーカーで聴くような音質を望む事はできないのですが、クリアな音の処理が施されており、私にとってはとても心地よい音です。
 これは、MacintoshなどAppleの音処理全般に共通した傾向だと思います。

 私は、iMac Intel Core 2 DuoにWindowsVistaもインストールしてBootCampによるDualBootで使用していますが、WindowsVistaとMacOSで同じCDを再生して聴き比べると、Windowsでの再生音はとても「こもった」音に聴こえます。両方とも再生ソフトはiTunesの初期設定を使用していますので、違いは起動するOSのみです。
 つまり、OSが持つ音の作り方の違いが音の違いになって表れていると思われるのです。

 iPadは音量以外に音質等を調整するところは皆無なのですが、それでもクリアな音を出すのは、やはりApple製品の音再生のやり方に則っているからだという事でしょう。

 音は人によって好みが分かれるところですが、私はAppleの音がとても好きです。


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2010年6月 5日 (土)

iPadを使って1週間

 今日は、息子が所属する混声合唱団「クール・シェンヌ」の第11回演奏会を聴きに、大和高田市のさざんかホールへ行ってきました。クール・シェンヌは音の重なりや響きがとても美しい合唱団で、今日もすばらしい演奏を聴かせてもらいました。
 いつも失敗ばかりしているあわてものの息子ですが、ステージで歌っている時は少しだけ頼もしく見えるから不思議です。

 さて、今日でiPadを使い始めて1週間が経ちました。

 仕事の用途としては、スケジュール帳やメモ帳としての利用はおこなっているものの、まだまだ練習段階・手探り状態といったところで、本格的な稼働とはいきません。

 ただ、まだ珍しいので会議時にiPadをノート代わりに私が使っていると「見せてください〜」と人が寄ってくるため、コミュニケーションの円滑ツールとしては相当役立っています。sun

 Wi-Fi接続が出来ない社内環境でPCとの連携をどうしてゆくのかが課題ですが、仕事の道具としてもぼちぼち使いこなしてゆければと思います。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ