日記・コラム・つぶやき

2023年8月 5日 (土)

メリケン波止場から新たな人生の船出

 暑い日が続いた今年の7月。そんな7月最後の土曜日に神戸で娘の結婚披露宴を催しました。

Img_4322 Img_4318

Img_4320 Img_4334

 披露宴会場は神戸メリケンパークオリエンタルホテル。神戸ウォーターフロントのランドマークの一つです。結婚式の当日入りだと準備に間に合わないので前泊しました。前日は妻とメリケンパークを散歩したり、MOSAICで食事を摂ったりして少しだけ神戸の夜を楽しみました。この界隈はどこを写メっても絵になります。

Img_4337_20230804203901 Img_4345

 ホテルの部屋からの展望。港やメリケンパーク、六甲の街並みが一望できました。

 


 

 式当日。妻は朝から慌ただしくメイクと着付けにブライダルフロアへ。ワタシはホテルの部屋でゆっくり寛いでからチェックアウトし、モーニングに着替えて親族控え室で歓談。その後、リハーサルのためホテルに隣接するチャペルへバスで移動して12時30分からいよいよ本番です。

Chapel Weddingisle

 チャペル横の小部屋で簡単なリハーサルを終えて感慨に浸る間もなく式場へ。式場のアクアホールはガラスに囲まれていて陽光が降り注ぐ明るい式場でした。
新郎入場のあと、ワタシは娘のドレスの裾を踏まないようにゆっくりと右足、左足、左足、右足とウエディングアイルを進む。元来せっかちで早足のワタシがこれほどゆっくり歩を進めたのは、そういえば自身の結婚式以来かなぁ〜😅。無事に新郎の元まで送り届ければ父親はお役御免です💦。


Chikai Ring

 会場はチャペルなのですが人前式で行なったので、二人が親族や友人の前で永遠の愛を誓い、参列者が証人となりました。二人で唱和する「誓いの言葉」は見事に息ぴったりでしたから、きっと相性バッチリです。(親の欲目か🤭?)

 

Sikijyoumae Photo_20230804232001

 無事に式を終えて、チャペル前で記念撮影。大雨男の息子が参加しているのにこの日は珍しく快晴☀️。心やさしい新郎の普段の善行の賜物か? 娘がふりまく笑顔の賜物か? 暑かったけれど、天気に恵まれて何よりでした😀。

 


 

 披露宴は14時スタート。オープニングビデオから始まり、新郎新婦入場、乾杯、ケーキ入刀と続きます。

Img_4389 Img_4405

Img_4418 Familys

 披露宴会場は海の見える開放的なホールで、終始リラックスした和やかな雰囲気の中で行われました。

 

Tiger1 Tiger2

1_20230805095501

 二人揃って阪神タイガースファンの新郎新婦。宴の中盤、二人はタイガースのレプリカユニフォームを羽織り、参加者全員がバルコニーに出て「ジェット風船」ならぬ「バルーンリリース」で二人の門出を祝いました。

 

Aniimouto Oyako

 お色直しのため新郎新婦は一時退場。その場で指名されたエスコート役は、新郎がお母さん、新婦が大雨男として悪名の高い兄(笑)でした。娘は幼い頃から息子の友達と一緒に遊んだりすることも多く、なんだかんだ言っても仲の良い兄妹です。兄も嬉しそうに妹をエスコートしていたのが印象的でした。

 

Ironaoshi Ironaoshi2_20230805104101

 宴の後半、新郎はブラックのジレと蝶ネクタイ、新婦は明るい赤紫のドレスに着替えて登場。
娘は衣装選びの際、このドレスに一目惚れだったそうです。このドレスの色を和名で当てはめると「あやめ色」。『いずれ菖蒲(あやめ)か杜若(かきつばた)』とはどちらも優れていて選択に迷うことの例えですが、娘は最初から迷う事なくこのドレスを選んだようです。
そういや、子供の頃から『これが欲しい』と言い出したら、それ以外は見向きもしなかったなぁ。(ワタシ似???)

 

Ito2 Ito1

 宴席の余興の様子です。何だか貫禄たっぷりの人がマイク前に居ますが、大物演歌歌手をゲストに迎えたわけではありません。シルエットだけ見ればほぼ「それ系」ですが、ゲストへのご挨拶も兼ねてワタシの妻が、中島みゆきの「糸」を歌ったのでした。(やっぱり歌うんかい!)

 

Arigatounowa

 そして娘は感謝の手紙の代わりにメッセージを歌に込めて、絢香の「ありがとうの輪」を歌いました。ええ歌や〜。

 


 

 娘は就職と同時に家を出て一人で生活し、去年12月の入籍後からは新居で新婚生活を始めています。

 今年2月に息子が結婚して家を出てからは、我々夫婦二人だけの生活であることには変わりないのだけれど

 子供達の結婚式を無事に終える事ができて、我々の生活もようやくひと段落した感じです。

Welcome1_20230805114101

 ウエルカムボードには妻が作ったリングピローが飾られていました。

 一日ずっとニコニコ笑顔で幸せそうな娘を見ていると、

 色々な人達からたくさんの愛情をもらって彼女の今がある事を実感して

 ワタシもとても幸せな気持ちになりました。

 いつまでも笑顔とありがとうの気持ちを忘れず

 やさしい旦那と共に実りある人生を過ごしてもらえれば嬉しいな。

 

2023年2月23日 (木)

宴席は今日も雨だった

 去年の5月に入籍を済ませた息子夫婦。先日、晴れて結婚式と披露の小宴を行ないました。

Img_2995 Img_2994

 披露宴は身近な親戚と二人共通の友人のみをお招きして奈良市の奈良ホテルで行ないました。午後からの開宴でしたが、結婚式を午前中に行なうため我々は前泊して奈良ホテルでスタンバイ。

 先ほど『晴れて...』と書きましたが、挙式の前日は曇りのち雨。挙式当日の降水確率も100%。思い起こせば、両家顔合わせの日も小雨☂️、結納の日も「前日快晴🌞・当日嵐☔️⚡️・翌日快晴🌞」で、『大雨男』と悪名高い息子の結婚式。誰がどう考えても晴れるワケがありません。。。 そぼ降る雨の中、翌日の雨予報に不安を募らせながら奈良ホテルへチェックイン。

Img_2987 Img_2986_20230220200901

 奈良ホテルは創業百年を誇る歴史あるホテルで皇室や海外の要人も多数宿泊したそうです。ウェイティングロビーには、今も、かのアルベルト・アインシュタインが宿泊時に弾いたピアノが置かれています。

Party

 結婚式前夜は、すでに奈良市内に住んでいる息子夫婦と一緒に、娘夫婦や横浜から駆けつけてくれた妻の妹夫婦と共にホテル近くのイタリアンレストランで前祝い🥂。ワタシは古い人間なので、花嫁さんは結婚式前日に『父上様、母上様、今までお世話になりました。』と、やらなくて良いのかな?と気遣ってしまったのですが、すでに入籍も済ませており『大丈夫です!』と新婦も快く参加してくれました。おかげで息子夫婦を含めて久々に一家揃って、わいわいガヤガヤとても楽しい前夜祭となりました。

 


 

 そして、挙式当日。 早朝から予想通りの雨☂️。

 結婚式は徒歩だと少し距離のある春日大社で行なうため、一旦、奈良ホテルからタクシーで式場へ。春日大社の貴賓館で親族紹介を済ませ、挙式の説明を聞いた後、いよいよ挙式を行なう御本殿へ。伝統的な日本の式典。途中、外国人観光客から『 Wow!! 』という感嘆の声を受けながら、雨の中、巫女の先導に続いて新郎新婦を先頭に御本殿に向かうのでありました。
 春日大社の御本殿内では、許されたカメラマン以外は撮影禁止なので、古式に則った式典の様子はスマホ撮影できませんでしたが、雅楽の演奏をバックに、さまざまな儀式が執り行われ、とても厳かな結婚式となりました。

Shinroushinpu Family

 挙式前後の控所では親族写真などの撮影を行ない、スマホでも撮影し放題。
 細川た○しを思わせる羽織袴のいでたち & レイザー○モンRG並のテンションの息子は、花嫁衣装を着た素敵な新婦を横に、本当に幸せそうな様子でした。

Img_3019 Photo_20230220204001

式を終えても降り続く雨の中、春日大社を後にするワタシたち。

 世の中には「期待を裏切らない」ヒーローはたくさん居ますが、
 息子は「不安を裏切らない」大雨男!。
 大したもんです😅。

立派な貸衣装の留袖の足元を気にしつつ、妻と娘は春日大社の石段を転ばぬよう一段一段、慎重に降りるのでありました。

 


 

 春日大社で結婚式を終えて、再び奈良ホテルへ移動。正午からの披露宴に備えます。

Welcome Display

 受付横や来賓控室では、新婦のお母さんがトールペイントで作ったウェルカムボードや思い出の写真などを飾って来賓をお出迎え。

Aisatsu Candleserv

 披露宴は、自分たち自身で企画編集したビデオで歩んできた足跡を紹介するなど、来賓の皆さんにも楽しんでもらえるように工夫していて、とても良い宴席でした。

Chorus Solo

 終盤には、息子が団長を務めるコーラスメンバーの皆さんに会場へ入っていただき、新郎新婦も加わって素晴らしいコーラスを披露してくれました。サプライズで息子が新婦に独唱を捧げる場面も。

Hanataba Syaji

 そして最後は両親への花束贈呈と両家からの謝辞です。謝辞は、ワタシが代表でお集まりいただいた皆さんへの感謝の気持ちを述べました。

 最後の挨拶だけは事前に息子から頼まれていたワタシ。披露宴も時代によって変わっているようなので、ネット等で心得を調べてみると、挨拶についてはあまり昔と変わっていないようで

  • 忌み言葉は使ってはいけない
  • 重ね言葉も避けるべき
  • 自身や身内の自慢はほどほどに
  • 暴露話はNG
  • おおよそ3〜4分で収めるべき

などなど。。守るべき制約の多い事、多い事。。😓

加えて、大阪出身のワタシとしては少し笑いの要素も必要😄。何よりも、感謝の気持ちをキッチリ入れたい。。

、、てなわけで、前日までに校正を重ねる事、数十回。ようやく完成した筋書きを事前にプリントして、言葉を間違わないようメモ持参で臨み、なんとか無事に終えることが出来ました😌。

 


 

Cake

 

 新たなスタートを切った息子たち。

 この日の感動と周りの人への感謝を忘れずに、

 嬉しいことも悲しいことも全て前向きに捉えて

 歌声と笑顔の途切れない

 明るい家庭を築いてもらいたいと願うばかりです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2022年10月29日 (土)

良縁つながる神無月

 大きな不幸があった後は大きな幸せが続いてやってくるようで、我が家の娘も結婚する事になりました😃!

喪中&コロナ禍という事もあり披露宴などは未定ですが入籍は今年12月の予定です。入籍に先立って8月に二人で我が家へ挨拶に来てくれて、この10月には両家の顔合わせが行われました。

Kaoawase1

 娘がお付き合いをしてからわかった事なのですが、お相手はワタシの勤務先と同じビル内の企業に勤めている青年でした。全く偶然だったのですが、人の縁とは不思議なものです。両家顔合わせ食事会は彼が工夫を凝らして作ったドキュメントのプログラムに従い、リラックスした和やかな雰囲気の中で無事に行われました。笑顔を絶やさない好青年の彼の傍らで幸せそうにしている娘の顔を見ていると、いつまでもこの幸せが続くことを願うばかりでした。

 


 

 「縁」といえば学生時代からずっと交流を続けている大学クラブの同窓生と久々にプチ同窓会を我が家に招いて行ないました。

この日は、たまたま年に一度の「宇陀松山華小路」の開催日だったので、同窓会前にみんなで立ち寄りました。

Hanakouji2022

 華小路が開催される宇陀松山の「本善小路」は2014年に奈良で同窓会を行った際にも立ち寄った想い出の場所でもありました。実は、宇陀は全国有数のダリア球根生産地なのです。

 

 華やかなダリアを楽しんだ後は、我が家で「たこ焼きパーティー」!!

Takopa

 お通しがわりに出したワタシ得意の「豚の角煮」を食べながら、みんなでワイワイガヤガヤと楽しくたこ焼きを焼きました。器には経木(たこ焼き用の舟)を買って準備しておいたので、気分は「浪速のたこ焼き屋さん」です。たこ焼きの粉に配合する出汁は妻特製の鰹だし。皆さん、『美味しい! 店で出してもこれならいける!!』と喜んで食べてくれました。コロナの影響で長らく同窓会も出来ておらず、久々に顔を合わせての楽しいひと時でした。

 


 

ところで、もう一つ忘れてはならない10月のトピックスが。。。それは iPhone14Pro(ディープ・パープル 256GB)の購入です!

 

 今年の年末にiPhone11Proのローンが終了するので色々と考えたあげく(と言っても機種はiPhone14Pro一択だったのですが😜。。)、キャリアはUQmobileのまま変更せず、本体をAppleのオンラインストアで買ってSimの入れ替えをする事にしました。Apple Trade InでiPhone11Pro(64GB)を下取りに出すと¥34000で下取ってもらえました。Appleのオンラインストアからだと本体はSimフリーなので、今後はキャリアに縛られる事もありません。全く店に出向かずに自宅で簡単に下取りも含めて買い替える事ができるし、分割の金利手数料も無料なので、この買い替え方法はオススメです。

Iphone14pro_20221029145901 _1160897

_1160899 _1160898

 ケースはガラス窓から本体の色が見える手帳型のものを購入しました。3眼レンズの出っ張りをちょうどカバーできる高さの縁が付いていて良い感じです。ガラスフィルムはいろんなメーカーから高価格なものがたくさん売られていますが、ダイソーの100円のフィルムにしました。11Proの時もダイソーで買って全く問題なくガラス面を守ってくれましたので今回もダイソーのガラスフィルムに決めました。フィルムが割れた時の為の予備用にもう一つ買っておいても200円!これは助かります。

_1160892 _1160893

 14Proはロック画面でも常時表示するので時間の確認が常に出来ます。また顔認識も11Proの時と比べて格段に良くなった気がしますので、起動時のストレスがほぼ無くなりました。

 カメラ機能が更に向上しているようなので、色々試してみたいと思います。時間があれば勉強してVlog作りなんかにも良いかなぁ。いずれにしてもこれからワタシの旅のお供として活躍してくれる事でしょう。楽しみやな〜♪

2022年5月 1日 (日)

弔事のち慶事

今年の一月某日。息子があらたまってワタシに話があると言う。

 

嫌な予感。。。

息子は何を仕出かしたんやろか??

 

『結婚することにした。』

 

え〜? 付き合っている人がおったんか!?

普段の言動から、一生結婚はしないつもりだと思っていたのだが、それは良かった😊!!

 

 その後、息子が彼女の家に挨拶に伺ったり、彼女を我が家に招いたりしながら結婚の段取りを着実に進める息子。お相手は、息子が団長を務めるコーラスのメンバー。結婚式はコーラスメンバーを呼んで賑やかに執り行いたいということで、今後コロナの状況を鑑みながら日程を決めていくらしい。

 


 

 2月に妻の父が亡くなった事もあり、四十九日の法要を終えてから両家の顔合わせと結納を行ないました。

 

【両家顔合わせ】2022年4月3日

 相手のご両親との顔合わせは、そぼ降る雨の中、大阪市阿倍野区にあるイタリアン「混 (com)」にて実施しました。

Img_7477 Img_7481

 こちらの建物は文化庁登録有形文化財に指定されている「寺西家阿倍野長屋」のうちの一軒をリノベーションされたお店です。長屋としては全国で初めて文化財に指定された建物だそうです。この界隈は近年、古くからあった民家をリノベーションした店舗が多く立ち並ぶようになりました。

 息子達はネット検索してこの店を選んだようなので全く気づかなかったらしいのですが、この店のすぐ近くに私の生まれた実家がありました。これも何かのご縁かな?

Img_7467 Img_7475

 イタリアンといっても創作料理系なので、お品書きを見ても何が出てくるのか想像がつかず、サーブされてもどれが飾りでどれが料理か聞かなければわからないほど美しく素敵なものでした。それぞれにストーリーがあり工夫が凝らされていて、五感を刺激するものばかりです。普段なら携帯で料理の写真を撮りまくるのですが、さすがに両親初顔合わせなので遠慮して一枚だけ写真に収めました😅。

ちなみに、料理以上にユニークなのが面白くてこだわりが強いこちらの店主。一言では表現できない程、クセの強いカオスな方でした😆。

 

【結納の儀】2022年4月29日

 結納式は奈良市の老舗料亭「菊水楼」でおこないました。

Img_8071 Img_8064

 創業明治24年。130年前に創業と同時に建造されたこちらの建物も国の有形文化財に登録されています。本来ですと、庭や玄関で記念撮影を行ないたかったのですが、この日も雨天。晴れ男のワタシとは真逆の大雨男の息子です。ちなみに前日と翌日は快晴で、この日は嵐のような豪雨でした😅。

Img_8077Img_8075

 窓の外は雨に濡れた若葉が光り輝いていました。

 結納品のひとつ、翁人形はワタシたちの結納の日に、ワタシの母が作って妻に贈った木目込み人形です。息子夫婦にも、共に白髪が生えるまで幸せに暮らしてもらいたいものです。

Img_8100 Img_8108

 慣れない口上で式進行を無事に終えたのち、めでたい料理に舌鼓。今回も、スタッフが『お写真をどうぞ』と言ってくれた料理のみ遠慮しながら激写。縁起物の食材を中心に丁寧な味付けが施されており、特に大和丸茄子の石焼&蒸し鮑は絶品でした。😋

Futari

 


 

吉凶禍福は、あざなえる縄の如し。

義父の不幸があった後の息子の慶事。

息子達も今後、辛いことや楽しいこと、悲しいことや嬉しいことがたくさん有ると思いますが、常に前を向いて明るく励まし合いながら暮らして欲しいと願うばかりです。

 

2022年2月27日 (日)

回想 〜義父との想い出〜

今年二月の初旬、妻の父親が天国に召された。

私が退院した翌週のことだった。

 


 

義父は昭和一桁生まれ。この世代の人はみんな苦労人で、義父も例外ではなかった。

負けん気の強かった義父は、精密機械の測量関係の会社に就職し、数年後に独立自営した。

個人経営の小さな会社であったが、一国一城の主人として二人の愛娘を育てるため昼夜を惜しむことなく懸命に働き続けたそうだ。

 

明るい性格でカラオケが大好きな義父だった。

我々が結婚した当初は、馴染みの寿司屋やカラオケバーにもよく連れて行ってもらった。

休日には何度か義父の測量の仕事を手伝いに得意先まで同行した事がある。

大きな工場の測量計をチェックし記録する義父の姿は、誇りと自信に満ち溢れていた。

長女の亭主(←私のこと)はサラリーマン。次女の亭主もサラリーマン。

息子のいない義父は、できれば自分の会社の後継を娘婿にして欲しかったんだと思う。

しかし、娘達の今ある生活を尊重して会社は自分一代で終えることを心に決めたのだろう。

 

頭脳明晰な義父だった。

独立後も働きながら夜間学校に通い知識の習得に努めたそうだ。

九十歳を過ぎてもスマホを使い、携帯のLINEで娘たちと連絡を取り合っていた。

新聞に掲載される「数独(ナンプレ)」を毎回解いては新聞社に応募していた。

どこで情報を得るのか芸能界のゴシップは、ほぼ知らないことは無かった。

 

頭は冴えわたっていたが、病気がちな義父だった。

何度か手術を行なった総合病院と連携できる介護施設で晩年を過ごした。

大腸癌や心臓バイパス手術などで入退院を繰り返し、総合病院のICUでは常連だった。

何度か『もう最期か。。。』と思うこともあったが、その度に復活する生命力の強さを持っていたのだ。

 

そんな義父も九十を過ぎてからは体調を崩すと、やはり辛そうだった。

コロナ禍での晩年は介護施設での面会もままならなかったが、会えば気丈に振る舞っていた。

今年二月も最後の入院を終えて退院した際は、付き添った私の術後病状を逆に気遣ってくれた。

 


 

義父は、三月の終わりに四十九日を迎える。

三十年前に亡くなった私の父と天国で出会って

妻や私達家族との思い出話に

花を咲かせてくれればうれしいな。

 

合掌

 

2020年3月30日 (月)

コロナ対策!?

Img_1085d

 テレビのニュースやワイドショーは新型コロナウィルス関連の話題で持ちきりで、情報は玉石混交。いわゆる「専門家」という肩書で出てくる人の意見もマチマチなので、何を信じ、何を疑えば良いのか視聴者自身の良識と判断力が試されるところでもあります。

 そんな中、会社の仲間から『この前テレビで言っていたけど、マヌカハニーという蜂蜜の抗菌力がすごいらしい』と聞いて(ん?)とワタシ。(そういえば、以前どこかからいただいてきたハチミツが賞味期限切れのままリビングに置きっぱなしになっていたよな〜。確かマヌカなんとかと書いてあったよな〜)と、記憶の糸を手繰り寄せたがハッキリしない。で、帰宅後、家のリビングをゴソゴソ。 ・・・・有りました!『マヌカ蜜』!! 賞味期限は気になるものの、未開封だし100%純粋ハチミツと書いてあるのでいいか。。。

 蜂蜜の抗菌力は今回のコロナ騒動の前からずっと言われていた事だし、摂取量を間違わなければ少なくとも毒にはならないだろうという判断のもと、このマヌカハニー最強説を信じることにしたワタシ。昨日からすこしずつ摂取しております。

 味は独特で薬臭いと聞いていましたが、そのまま舐めると確かに少しクセがあるもののヨーグルトなどに入れて混ぜるとけっこう美味しいので、しばらく続けてみようと考えています。さて、その効力やいかに!?

2017年2月19日 (日)

しばし休筆

しばらくブログの更新をおやすみします。
っていうか、すでに1ヶ月更新が滞っていますねぇ。m(_ _)m。

・・というのも去年の年末から身内に大変な事がイロイロあってバタバタしていたところに加えて、大阪の実家がマンション建設用地になってしまい、近々に取り壊される事になったのです。母は今からちょうど60年前に嫁いできてから一度も引っ越しをしていないので、荷物の整理がとても大変。それよりも大変なのが気持ちの整理のようでして、会うたびに溜息ばかりの年老いた母。。(/□≦、)

そんなこんなでマイペースを信条とするワタシも今年に入ってから、週末は交渉やら契約やら片付けやらでバタバタでして、信条を棚上げ状態。桜が満開の頃には更新できるようにしたいなぁと思いつつ、しばしの休筆であります。(TωT)ノ~~~

2016年9月25日 (日)

結婚式も時代とともに

Img_5034
 先日、会社メンバーの女性から結婚披露宴に招待されて行ってきました。会場はこちら。安藤忠雄氏が設計したという建物はモダンでミニマルデザイン。ミニマルなだけに新郎新婦の個性を演出で大いに発揮できるようになっています。当日は写真好きの新婦らしく写真ギャラリーがゲストをお出迎えしてくれました。ホテル会場とは一味違うおしゃれだけど手作り感に溢れた温もりのあるスペースで感動です。

 結婚式にも参列させてもらったんですが、教会式や神前式ではなく「人前式」でした。参列者が二人の誓いを見届けて証人になるというもので最近のトレンドのようです。今まで参列した結婚式は圧倒的に教会式が多かったのでこれも新鮮に感じました。

 トレンドといえば参列者のドレスコードも昔とは大きく様変わりしているようです。思えばワタシが結婚した時代は、男性の参列者全員が黒のスーツに白のネクタイ&無地のワイシャツでした。ところが昨今は、親戚など一部の招待者を除いてはグレーやネイビーのスーツに色柄の入ったネクタイやシャツなどの着用が多く、男性の参列者もセンスの見せどころとなっているようです。ちなみにワタシは白黒で親戚のオジサンのような「いにしえ」のドレスコードで参列しました(^-^;。

 当日初めて知ったのですが、新婦の高校時代からの友人というこの人も参列。多くの人から祝福されたご両人はとても幸せそう。笑顔がいっぱいの披露宴で参加したワタシも幸せのおすそ分けをいただきました。見届け人の一人として、二人が幸せな家庭を築く事を願わずにはいられません。

時代とともにトレンドは少しずつ変わってゆくけど、
結婚式って、やっぱりええなぁ〜。もう1回しようかな

2015年9月20日 (日)

忘れないうちに奈良県橿原市で免許更新!

Img_3718

10月に迎える誕生日を前に運転免許更新の手続きを行なうため、今日は朝から奈良県橿原市の運転免許センターに行ってきました。
地元の警察署でも更新は出来るのですが平日しか受け付けておらず、ここは奈良県で唯一(かな?)日曜日にも受け付けしています。午前8時30分の受け付け開始直後というのに建物の中は人、人、人でごった返しておりました。

場内の大勢の人を眺めてふと思う。。。

同県で同じ季節に生まれた人たちが一同に会する機会はそうそう無いハズだ。そう考えると、この大勢のアカの他人になんとなく親近感を覚えたのはワタシだけ??

まず最初に入口でおじさんに申請書をもらって、必要事項を記入します。 ここからは、昔ながらのお役所体制で、「窓口引き回されの刑」(!)が始まります。(゚ー゚;

<1番窓口> 証紙購入
ワタシは優良運転者(とは、自分では思っていないのですが。。)なのでこちらで更新手数料2500円と講習手数料500円の計3000円の証紙を購入します。申請書には自分で証紙を貼るシステム。面倒臭いなあ〜。いやいや、優良運転者なので、そんな事を言ってはイケマセン。

< 2番窓口>視力検査
視力検査は、いつ受けてもなぜか少し緊張します。ローガン以降通常の視力に自信が無い。それでも眼の検査はいつも楽勝です。常日頃運転して標識もちゃんと見えているんだから当たり前なんですが。

< 3番窓口>申請書提出
旧い免許証と申請書を窓口で渡して処理を待ちます。暗証番号作成機で暗証番号を二つ入力&印字。何のため?と思ったらICチップへの暗証番号登録のためみたいです。今の免許証はICチップが埋め込まれているんだ〜。前回はどうだったのか、記憶が定かでない。。

4番窓口> ICチップ登録の処理終了通知
処理が終わると名前が呼ばれますので椅子で待機。混雑しているので呼び出されるまでの時間が長い事┐( ̄ヘ ̄)┌ 。 iPhoneゲームでしばし休憩。

<5番窓口> 写真撮影
免許証に使う写真をこちらで撮影します。取り直しができないので、男前に撮ってね!とお願いする暇もなく撮影終了。

 窓口処理が終わると最後に別館で30分の優良運転者講習が実施されます。小学校でしか見ないような椅子に腰掛けて、最近の改正内容の説明を聞きます。今回は道路交通法の改正で自転車に関する事が多かったです。30分の講習で5000円は高いぞ!と優良な運転者たちは決して言いません。。

講習の後、順番に新しい免許証をもらえば全て終了です。次回は5年後なので還暦だな。5年後には自動車が文字通り自動で運転するので自動車の運転免許証なんて不要になっているのカモ?! まあ自分で運転する限りは安全運転を心がけようと、少しだけココロに誓う50おとこでありました。( ´_ゝ`)

2015年8月 9日 (日)

「花火とTシャツと私」な夏

暑い日が続きます。
この時期、上はTシャツ1枚でウロウロなワタシですが、個人的なTシャツのお気に入りNo1メーカーは、Barns Outfittersです。中でも吊り編み機で編まれた生地のTシャツは着心地がサイコーで手放せません。

_1070056

 このTシャツ何の変哲も無いようですが、丸胴という仕上げ方法だそうで両脇の下に縫い目がありません。お腹が出てくるとミョーに脇下の縫い目のタグがお腹を刺激しますが、その心配が全くなしです。ま、腹をへっこめれば済む事ですが、寄る年波には腹も逆らえずってな事で。。。(^-^;

_1070057

 この製品は和歌山に現存する大正時代の吊り編み機でテンションをかけずに編んでいるため、肌にぴったりだけど締め付け感が全く無い不思議な着心地です。

Img_3624

 吊り編み機で編んだ生地使用の服についているタグです。吊り編み機についてはこちらのサイトで特徴がわかりやすく説明されています。(Barnsの生地がこちらのモノかどうかは不明ですm(_ _)m)

_1070060

 また、ネック部分はリブ編みで伸縮性が高いので、首周りがタランタランになりにくく耐久性が高いのも魅力です。

_1070062

 Tシャツの価格としてはちょいと値が張るのですが、バーゲンの時期にタイミングが合えばラッキー。ワタシは今年もバーゲンで買いました。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

そして、夏といえば花火。
昨日、8月8日は「なにわ淀川花火大会」があり、妻の実家の3Fのベランダから花火見物を行いました。

<2015年8月8日 なにわ淀川花火大会>

_1070088 _1070094
_1070106 _1070108

 屋上のベランダからの撮影のため、どうしても隣家の屋根やら電線が写り込んでしまうのですが、妻の実家は打ち上げ場所から近いので、迫力のある花火をゆっくりと楽しむことができました。家で花火見物できるのは良いものです。

それにしても、花火の撮影は難しい。(´□`。)°゜。。
来年はもう少し研究して良い写真が撮れるように、再チャレンジしてみます。
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ