文化・芸術

2015年11月 3日 (火)

「はならぁと2015」@今井町で芸術の秋を楽しむ

_1070508

先週ご紹介した「奈良/町家の芸術祭 はならぁと2015」は、宇陀松山だけでなく奈良県内で3ヶ所ある「重要伝統的建造物群保存地区」の全てが開催エリアとなっています。
先日、奈良の橿原市今井町会場に行ってきましたので、その様子をいくつかご紹介します。

先ず会場となった今井町のご紹介。

_1070520 _1070522 _1070568 _1070521

奈良県橿原市今井町は大宇陀の松山よりも早く平成5年に「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されており、重要文化財の町家も点在する趣のある街並みです。約700戸の町家は大半が古民家形式のまま残っており、江戸時代にタイムスリップしたような感覚になります。


そんな今井町会場で印象に残った展示をピックアップしました。

<@重要文化財 旧米谷家>

_1070576 _1070582
米谷家は代々、金具商や肥料商を営んでいたそうで中には立派なカマドが有りました。玄関には、Ms&Mrシュウさんの作品「森に消えた子供たちから町に消えた子供たちへ」という作品が展示されていました。

_1070577_2 _1070584


「名残」喜田恭臣さんの作品。風に揺れる白い布が存在を示します。

<@大工町筋 河合町家>

_1070559 _1070560 _1070558 _1070555
「ここと似た何処か」竹本亜典さんの作品。町家の調度品と作風がぴったりで町家の芸術祭らしい作品でした。

<@細川町家>

_1070574_2
 
_1070572 _1070570


「みらいの欠片」中尾美園さんの作品。二軒長屋の建物の畳や内装を剥がした時の記録が巻物にして展示してあります。ビニールシートや壁材といったリアルが巻物に載って未来へ繋がります。

<@今西長屋>

_1070539 _1070537

「BON VOYAGE」嶋田ケンジさんの作品。文字の大海原にドッグに入っていた大きな船が再び出港します。


_1070543 _1070545
今西長屋はかなり老朽化しています。空き家プロジェクトでは、千葉大の学生たちが2年前から自分たちで改修に取り組んでおり、その様子をイベントとして公開していました。

<今井町の秋祭り>

_1070592
_1070595 _1070596

この日は今井町の秋祭りだったようで山車が旧い街並みを練り歩いていました。

奈良の秋のイベントとして定着した感のある「はならぁと」。気軽にまちと芸術に親しめるイベントです。来年も楽しみやなぁ。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ