心と体

2022年1月24日 (月)

慌ただしい睦月(気分的に?)

 『一月往ぬる。二月逃げる。三月去る。』

 今年はまさにそんな慌ただしい年初めの一月でした(って、まだ終わってないけど。。)。お屠蘇気分を満喫する余裕もなく5日から出勤し、14日には今月末の手術の術前検査と尿管ステント留置が無事完了。今のところ予定通り1月末に入院&手術の運びとなります。

 ワタシが留置された尿管ステントは「ダブルJステント」といって腎臓と膀胱の間の尿管内に細い管を入れて腎臓の機能悪化を改善するためのものだそうです。ステント挿入は全身麻酔ではなく部分麻酔で実施。お尻の上の仙骨に麻酔の注射を打ってからおこないました。挿管も仙骨注射も痛いと聞いていましたが、まあ尿路結石疼痛発作の激痛に比べれば屁のカッパ。痛みに対する忍耐力強化は、尿路結石患者にとって唯一のメリットかも知れません😝。

 挿管後2〜3日でおさまると聞いていた血尿は1週間ほど続きましたがようやく落ち着き、ワタシの尿管もステントと仲良くやっているようで、心配していた異物挿入による違和感もほとんどありません。オミクロン株の影響が心配ですが、順調にいけば2月初旬には退院となりますので、人生2度目の入院生活をある意味楽しんでこようと企んでいます。😁

 


 

・・・それでも確かに正月はやってきた。

 

Img_7177 Img_7168

 三が日は地元の神社に初詣し、近所の魚屋直営仕出し屋さん謹製のおせち料理に舌鼓。

Img_7186 Img_7184

 松の内に名古屋の熱田神宮へ参拝し、名古屋名物の「あんかけスパゲティ」を平らげてきました😋。

 


 

 心配な事や楽しみな事。

 きっと今年も色々ありますが、

 常に前を向いて

 いろんなところに行ってココロを満たし、

 いろんなグルメでお腹を満たしたいと思っています✌️。

2021年12月25日 (土)

医師曰く頑固な石の意志は固かった。。らしい

 今年の秋に疼痛発作を引き起こしたワタシの腎臓結石。

『そのうち自然排出するだろう』とタカを括っていたのですが、ドッコイこれが難敵で疼痛発作から3ヶ月経っても出る気配がなく、ついに年明け1月後半に手術にて強制退去させる事になりました💦。今回の石は骨盤に隠れているため、体外衝撃波では破砕不可能という事で「経尿道的尿路結石除去術」で取り除きます。手術自体は比較的短時間で終える事が出来るそうで、入院も1週間以内で済むようです。ただ、手術の2週間前に尿道からステントを挿入し、手術後一定期間留置したのちに抜去というプロセスが必要だそうで、年明け早々から下半身は違和感満載の予感です😖。

 


 

Merry Christmas !🎄

それでもクリスマスはやってくる。

Img_7144 Img_7143

Img_7145 Img_7142

 写真は会社近くで撮影した大阪中之島のイルミネーションです。例年この時期になると大勢の人が押し寄せるため、今年は少し早めに行って光のトンネルをくぐって撮影しました。

 


 

 今年もコロナ禍は収束しませんでしたが、来年こそはマスクを外して口角の上がった素敵な笑顔が老若男女日本中で見られる一年になればイイですね〜

今年も一年お付き合いいただき有難うございました <(_ _)>

2021年10月10日 (日)

忘れた頃にやってくる嫌なヤツ

地震/雷/火事/オヤジ狩り 以外で、ワタシが恐れているもの。

それは、尿路結石による激痛です。

 

 あれは確か30年ほど前の事。背中左下に違和感を覚えて、その違和感が徐々に痛みに感じ、ある日激痛となったので翌日病院に行くと尿管結石と診断。

 尿管結石の最大の特徴は突然襲いかかる激痛です。腎臓にできた石が動いて尿管を下って膀胱まで到達するまでに、尿管の細い部分でつまることがあり、そうなると尿が逆流して腎臓が腫れて神経に当たるので激痛がはしるという仕組みだそうです。腎臓に結石ができる人は再発率が高く、かくいうワタシも今まで何年かおきに再発してきました。

 特に大きな石が出来たのは2008年の春で、その大きさは何と約2.5cm。10mm以下なら何とか自然排出されるようですが、さすがにそれくらいになると破砕しないとダメなようで、衝撃波による破砕装置で砕いてもらいました。それ以降もたぶん石が出来ては排出を繰り返していたようですが、激痛にまでは至らず平穏な日々。。

 ところが過日、夜中に激痛に襲われ深夜ノタウチ回ったのち、翌日病院に行くと、やはり尿路結石との診断😖。今回は6mm程度なので自然排出できるだろうとの事です。まだ、排出されていないので爆弾を抱えている気持ちですが、それ以降、腫れも引いて今のところは何とか痛みは収まっています。

 


 

 てな事で、結石の排出を心待ちにしつつ、今日は初めてのアウトドアヨガ。

5ab142c6d2e84affabb23f98a0c4cf5d1024x683 33b4c214180c4e619cfb5644a2a858631024x683

※以上写真2点は奈良京ヨガのWebページより拝借

Img_6393 Img_6390

 奈良県磯城郡田原本町にある唐古・鍵遺跡公園で行われた「大空ヨガ」に参加してきました。天気が良すぎて10月というのにとても暑かった💦のですが、久々にアウトドアで体を動かして汗をかき気持ちが良かったです!

結石よ、ヨガで刺激されて早く出て行ってくれ〜😭

2016年10月30日 (日)

100均のアイデア商品を活用して試行錯誤

Img_5225

これ、何だかわかりますか??

<ヒント>

・100均のダイ◯ーで売ってます。

・プラスティックのは1つ100円でした

・タペストリーみたいなのは1つ150円でした。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

<こたえ>

どちらも「薬入れ」です。

 ワタシの母親は大阪で一人暮らしをしていますが骨粗鬆症やら高血圧やら様々な薬を毎日飲まねばならず、さらに1週間おきの治験薬なども服用しているため、忘れたり飲みすぎたりしている危険性も大。
 そこで、薬を日にち別/時間別に服用する薬を仕分けて格納できる容器を探していたところ100均ショップで売っているという事で購入しました。

 プラスティック容器は1週間分の薬を「朝」「昼」「夜」「就寝前」に分けて錠剤を入れることができますが、就寝前の薬は服用していないので妻がシールを貼って日にちを記入できるようにしてくれました。
タペストリー型の容器は日にち別のポケットに薬を入れるようになっていますが、月によって曜日が異なるのでカレンダーのように日曜始まりに並ばないのが欠点。年老いた母がかえって混乱するリスクがあるので、運用検討中です。

 80歳を過ぎて頑固で怒りっぽくなり物忘れも激しくなってきた母が素直に受け入れて正しく服用してくれるか、試行錯誤の始まりです。

2015年7月12日 (日)

初入院 & 初手術 無事終了

 以前お伝えした通り、首にできた腫瘍を取り除く手術を受けるため10日ほど入院のノチ、先週末にようやく無事退院しました。ヽ(´▽`)/

55歳を過ぎての初入院&初手術は、思いのほか大変でした。

全身麻酔だったため尿管カテーテルをしましたが、下半身は違和感満載(u_u。)。

尿管カテーテルを抜いた後も、
首に刺したドレーン↓
Img_3472
を抜くまで1週間ほどかかり、その間の移動はドレーンと共に。。(ノω・、)
健康のありがたさをあらためて実感した50おとこでありました。

Img_3453 Img_3454
手術後初めての夕食と朝食は、もちろん流動食。

Img_3456 Img_3459
しかし、翌日には5分粥、翌々日には軟食(お粥)が食べられるまでに回復。
喰い意地が張っているおかげで、順調に回復していったのでありました。(^-^;

Img_3488 Img_3484
低層階病棟の屋上には庭園が設えらえており、近くの保育園の園児が植えたトマトが蒼い実をつけていました。

Img_3487
入院中は庭園にポツリと咲いた白いバラが、少し心を和ませてくれました。

摘出した腫瘍の生体検査結果はやはり耳下腺にできた「多形腺腫(たけいせんしゅ)」。
百獣の王と戦う陸上選手のような名前ですが、良性の腫瘍です。そのままにしておくと悪性に変わるリスクがあるので、早めに発見&切除しておいて良かったです。

手術あとの傷口はまだ痛みますが、これは日にち薬。3ヶ月もすればすっかり良くなっていると思います。

明日から職場復帰。
体調を整えて、行ってきま〜す。

2015年5月 3日 (日)

MRI検査初体験

先日、生まれて初めてMRI検査なるものを受けました。

  ‥というのも会社の定期検診で『血圧が高い』と指摘があり、大阪市内の総合病院へ行ったのですが。。

内科の医師に
『血圧の他に気になる事は?』と聞かれたので
『左の顎の下あたりにグリグリが有るんですが、これは何でしょうね?』」と尋ねたところ触診のノチ、いきなり耳鼻咽喉科に回されました。そして急遽、局部麻酔して腫瘍の組織細胞を採取し悪性では無いか検査する事に。

 1週間後、結果を聞きに再訪すると、結果は「良性」という事でホッと一息。

ただし、耳下腺や顎下腺の多形腺腫なら悪性に変化するリスクもあるのでMRIで調べる事になりました。

MRIは狭いところでかなり大きな騒音がするため閉所恐怖症の人はダメみたいで
事前に『狭いところは大丈夫ですか??』と何度か確認されます。
うなぎの寝床のような狭い家で育ったワタシは
『むしろ好きなくらいです!!』という言葉を押し殺し
『はい、大丈夫ですよ。 』と、フツーに答えたのでした。(^-^;

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

MRI検査当日。
前の人の検査がえらく時間がかかったようで検査着に着替えるロッカールームにて30分余り待機のノチ、ワタシの順番になり検査室へ。

騒音の刺激を軽減するためにヘッドフォンを着用して検査開始。ヘッドフォンからはBGMが流れてきます。
最初に聴こえてきたのはカントリー調の曲。通常のヘッドフォンではなく、コード代わりの管から直接音を伝える方式のようで「こもった」音なので音質は最悪でした。
しかし目的が違うので、こんなところで音質を求めてはいけない。自制自制。

磁気コイルの振動音も、パターンがあるようで音が鳴り止んだと思ったら違うパターンの振動音が始まります。検査中目を閉じたまま、振動音とはシンクロしない「オリーブの首飾り」的なスタンダードナンバーを5〜6曲聴いたでしょうか、ウトウト眠りかけた頃に無事終了。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

数日後、結果を聞きに病院を再訪しました。
診断の結果、やはり「耳下腺の多形腺腫」なので取り除いておいた方が良いとの事。
小さなグリグリなので、日帰り手術程度で大丈夫なのかな? と当初軽く考えていたのですが、手術は全身麻酔して耳下腺(結構大きなものらしい)が見える状態まで首にメスを入れてから腫瘍を取り除くので、10日間ほどの入院が必要との事でした。

そういえば幸運な事に今まで手術や入院を一度も経験した事が無いワタシ。悪性になるリスクが有るなら元気なうちに取り除いておこうと決断し、仕事が一段落しそうな7月初頭に手術の予約を入れました。

初MRIの後は、初入院、初手術と、この歳になって今年は初体験が続きます。父親を早くに癌で亡くしているワタシ。身体のリスクマネジメントはしっかり行っておこうと、気分はアンジェリーナ・ジョリーであります。(゚ー゚;

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

通院のために有給休暇をとった日の夕方、スーパーマーケットへ行くと芋焼酎「茜霧島」を発見! 赤霧島は今春も入手できたのですが、茜霧島は買った事がなかったので思わず購入しました。

Img_3180

茜霧島は香りがフルーティーでいて芋の旨味もしっかり感じる呑みやすい芋焼酎です。購入したのは田苑酒造が数量限定で発売した麦焼酎「粋の奏」との2本セットでなんと¥2500也。ヽ(´▽`)/

通院で有給休暇をとらなければ買えなかった焼酎たちです。
人間万事塞翁が馬。吉凶禍福は糾える縄のごとしやなあ。

2015年3月22日 (日)

わたしムーヴ? わたし高血圧!

Photo
 オムロンとdocomoが出資してできた会社ドコモ・ヘルスケアが提供するWebサイト「わたしムーヴ」。こちらで会員登録すると、からだの記録と健康管理がクラウド上でおこなえます。さらに「かんたんデータ転送」の対応機器だと、いちいち入力の手間なく簡単にデータ転送と記録ができるので便利です。

 我が家にあるオムロンの血圧計は「かんたんデータ転送」対応機器なので、ワタシも会員登録してこのサイトを利用しています。年明けからしばらく測定をサボっていたのですが、会社の健康診断で高血圧!判定されたので、測定を最近再開しました。

 今日は「わたしムーヴ」のマイページで管理できる機能の一部をご紹介します。


<機器設定>

Photo_3
サイトの機器設定画面で接続する機器設定を行います。対応機器以外でも測定記録を入力して管理することもできますが、メンドウなのでワタシは対応機器の血圧計から転送できる血圧と脈拍のみ管理しています。


<ホーム画面>

Photo_2
ホーム画面では1週間の血圧平均値と最新の測定記録などが表示され、【最近のあなたの傾向】としてアドバイスが表示されます。そう、ワタシはかなり高血圧。特に最低血圧が高いので、早急に内科を受診することを勧められました。近々、受診します。はい。
ヾ(_ _*)・・・


<マイグラフ(日毎)>

Photo_7
マイグラフでは転送したデータをグラフ表示してくれます。グラフは、日ごと/週ごと/月ごと と表示を切り替えることが可能なので、推移の傾向値が確認できます。


<マイグラフ(週ごと)>

Photo_5
週単位で表示させると最近の傾向がわかります。

<マイグラフ(月ごと)>
Photo_6
月単位表示です。1月と2月は測定をサボっていたのですが、その間に血圧の最高と最低の差が拡がったのが気になります。血圧は上下の差が大きいと危険といわれているそうなので、要注意です。

<からだグラフ for iPhone>
Img_3093

iPhoneアプリの「からだグラフ」からでも転送したデータを確認することができます。

とりあえず、近々に病院へ行く事にしました。( ̄○ ̄;)!

2013年6月 8日 (土)

体組成計で健康管理できるかな?

Bc704 

 体脂肪計が壊れたので、先日買い替えたのがこれ、タニタの体組成計BC-704です。
昔は、体重しか計れなかった「体重計」が、体脂肪まで計れる「体脂肪計」に変わり、今や体の組成が計れる「体組成計」が主流になっているようです
w(゚o゚)w

 まず、驚くのは最初に年齢と身長を入力して登録し計測すると、その後は勝手に誰が乗っているのか識別してくれる事。多分、双子などが登録すると識別出来ないのでしょうけど、我が家ではとても正確に認識してくれます。

測定できるのは
・体重
・体脂肪率
・内臓脂肪レベル
・筋肉量
・基礎代謝量
・体内年齢
・BMI
の7項目。

ワタクシ『内臓脂肪がやや多い』と表示され体組成計に叱られる日々。
 年齢を重ねると共に筋力も衰えてゆくので、毎日計って健康管理に努めたいなあと思っております。
…と、言いながら、
暑いと毎晩ビールをグビグビ
ε-( ̄ヘ ̄)┌
 

2010年6月10日 (木)

腎臓結石の定期検診

 いきなり、iPadと全く関係のないタイトルですが、今日は半年に1回の腎臓結石の診断で病院に行ったため、会社を休みました。

 2年前の春に、会社の定期検診で腎臓に結石がある事を指摘され、専門医にかかったところ2.5cm程の結石が腎臓に有りました。通常、それくらいの大きな石になると内視鏡手術などで取り出す必要があったのですが、私の通う病院は「衝撃波破砕治療」という音波で腎臓にある石を砕くという方法で対処してくれました。おかげで手術することなく小さくなった石を排尿とともに出したのですが、若干小さな石が腎臓に残っているため、それ以降半年に一度石の状態を経過観察するため通院しています。

 今日の結果は、まだ若干小さな石らしきものが腎臓に残っているが、問題にするほどでは無いので、引き続き経過観察しましょうということになりました。

中年を過ぎると、身体のどこかがいたんでくるので、皆さんお気をつけ下さい。


 ところで、医療機器への影響を配慮して病院や公共交通の優先座席付近では携帯電話の電源をオフにする事になっていますが、iPadの場合はWi-Fiモデルは「OK」で3Gモデルは「NG」なんでしょうか??
結構微妙やなぁ。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ