グルメ・クッキング

2018年3月25日 (日)

これがホントの『ある時 ない時』

『551がある時〜。ない時〜。』

関西人なら誰もが知っているコマーシャル。なんば551蓬莱のCMである。

 551蓬莱の「豚まん」は大阪土産の定番としても人気で、ターミナル駅で観光客が列を作って買って帰ることも多い。関東では「肉まん」というが(「肉」=「牛肉」)の関西ではあえて「豚(ぶた)まん」とよぶ。
 スーパーや生協で販売している「蓬莱の豚まん」は別法人の蓬莱本館の豚まんで551蓬莱の豚まんとは別物。元は同じ会社であったが、のれん分けで別経営となった。ちなみに「551」とは『ここ(55)がいち(1)ばん』を目指そうという語呂合わせで、創業者が吸っていた外国製たばこ「555(スリーファイブ)」を見て万国共通で覚えやすいのは数字だと考えて会社の愛称にしたとのこと。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

、、てな551プチ情報を放り込みつつ。。

 551蓬莱の豚まんは関西人のソウルフードでありワタシも愚息も大好物なのですが、妻はあの香しい匂いが若干苦手なようであまり食べません。そんな妻が両親の介護で実家に戻っていた先々週の金曜日、久々に551の豚まんがどうしても食べたくなり、帰宅途中に551蓬莱を売っているデパートの食品売り場へ立ち寄りました。ふとショウケースを見ると、見慣れぬ容器が鎮座。それがこちら↓。

Img_7214

551の豚まんをレンジで温め直すための専用容器です!
 その日はこの専用容器と豚まん4個と焼売を購入。その日の夕飯に豚まんをがっつり3個食べて1個を残し冷蔵保存のノチ、翌日にこの新兵器を使ってあたため直していただこうと画策しておりました。ところが、翌朝冷蔵庫を開けると無い。前日飲み会で夕食を済ませて帰ったはずの愚息が『小腹が減ったのでオイシクいただいた』との事。
!!(゚ロ゚屮)屮

てなわけで、翌週の金曜日にリベンジ決行!

Img_7207 Img_7209

今度は、どど〜んと6個入り購入!!
これなら今宵も飲み会の愚息ではあるが、翌朝全て無くなっていることは無いハズ!

Img_7213

再び夕飯にワタシはがっつり3個たいらげて先に就寝。

そして翌朝。
やはり1個減っていました(!)が、思惑通り2個確保できました。(゚ー゚)

Img_7215_2

 ようやく新兵器に活躍の場が!当然、大きさはジャストサイズでイイ感じ。

説明書きに『少量の水を入れて電子レンジで500W 1分が目安』と書いてありましたが、1個目は少し温まり方が足らず若干冷たい。2個目は600Wに設定変更して1分セットでチ〜ン。しかし、皮の部分がまだ少し固い。たぶん受け皿に投入した水が多過ぎたのが原因ではないかと思われます。゚゚(´O`)°゚
でも、もう2個食べきってしまったので、また次の金曜日に6個買って帰るか思案中です。

 こうして551豚まんの週末が続くワタシ。
『551がある時〜、ない時〜』
ある時は楽しく、ない時は切ない。
ひょっとして、551の思うツボ??(^-^;

2018年3月11日 (日)

春の風物詩

 明石に住む大学時代の友人が今年も「いかなごのくぎ煮」を送ってきてくれました。兵庫県西部では解禁に合わせて、各家庭でくぎ煮を作るのが風習のようで、日本郵便や宅配業者はこの時期に合わせて特別配送メニューで対応しているようです。

 友人は例年プラスチック製の密閉容器(いわゆる『タッパー』)に入れて郵送してくれます。郵便だと不在でもポストに入れておいてもらえるので助かります。

Img_7112
「いかなごのくぎ煮佃煮」の専用シールが郵便局側で用意されており、普通に自宅ポストに届くのが驚きです!(※あて先住所氏名は画像処理済み)

Img_7114

 もちろん白飯との相性抜群なのですが、酒のあてにもピッタリ。去年は日本酒で、今年は芋焼酎でおいしくいただきました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

東北大震災から今日で丸7年。
被災された方や亡くなられた方に思いを馳せつつ
今一度、備えは出来ているかと確認。

2017年9月16日 (土)

「感動のトースター」BALMUDA The Toaster 購入!

breadワタシも妻も無類のパン好きである。
美味しいパンを見つけては買ってくる日々。
ところが最近トースターの焼きムラが気になりだした。
パンくず受け皿を洗っても、焼きムラはなおらない。
毎朝のことだからパンは美味しく食べたい。bread

 そんなある日、「BALMUDA」のトースターなら絶妙な焼き加減が実現できるという情報をネットで見た。デザインはシンプルでカッコ良い。ただし、トースターなのに2万円オーバー。やけに高い。でも評判はすこぶる良い。「感動のトースター」らしい。

ん〜、逡巡。。

物欲と葛藤するワタシに妻が言う。『dPointが1万円以上残っている』

docomoで妻のiPhone7を購入した際に付与されたdPointがほぼ使われずに残っているらしい。dPointを使えば、半額ほどで買える。渡りに船、トースターにdPointである。

早速dPointが使える家電量販店を探す。
あった! ジョーシン!! さすが阪神タイガースを応援している企業だけのことはある。(あまり関係ない)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

という事で、「BALMUDA the toast」を購入。色はブラック。当初ホワイトを考えていたが、現物を見比べて高級感漂うブラックにした。

Img_6369 Img_6370

朝を待てずその日の夕食で早速使ってみた。カチッ、カチッという電子音と共にスチームと温度を自動でコントロールしながら食パンが焼けてゆく様子を眺めるのも楽しい。

Img_6372 Img_6374

 食パンモードで焼くとホント美味しそうに焼きあがる。パン皿に乗せただけで小麦の香りが漂い食欲を刺激する。食べると外はサクサクで中はふんわり。ちぎればクラムが白い糸を引く。最近、焼かずにそのまま食べる高級食パンが人気だが、こいつで焼くと食パンはトーストされる事を前提に作られた食材なんだと再認識させられる。

 クロワッサンの加熱も秀逸。クロワッサンを電子レンジで温めると「しなっ」となってサクサク感が損なわれるし、普通のトースターだとバターが焦げてしまう。ところがこいつのクロワッサンモードだと焦げずにバターの風味が蘇りサクサクにリベイクされる。

 この他、チーズトーストや塩パン、バゲットなど色々な種類を試したが、ただ温めるのではなく、どれも程よくうま味を引き出している。脱帽。

 買う前はシンプルなデザインの見た目からアナログな製品だと思っていたのだが、とんでもなくデジタルな製品だった。加熱温度やタイミングが全てプログラミングされてセットされており、ユーザーは計量カップ1杯の水を入れてパンの種類に応じたモードと時間を選ぶだけ。あとは、勝手にタイミングと熱量を調整して素材にあった加熱を行なってくれる。
デジタルだからこその手間いらず。毎朝、絶妙な焼き具合でパンを焼きに来てくれる勤勉な職人と思えば、2万円オーバーでも安いもんだ。

これで朝の楽しみがひとつ増えた。

2016年3月21日 (月)

紫芋焼酎をのみくらべてみた

Img_4402

ようやく芋焼酎ブームもひと段落したようで、タイミングがよければ季節限定の芋焼酎も定価で購入できるようになってきました。紫芋の焼酎が色々な蔵元から発売されているので、昨夜は我が家の紫芋焼酎一気に呑み比べ。( ̄▽ ̄)

写真左から
「紫薩摩 宝山」西酒造
「茜霧島」霧島酒造
「赤霧島」霧島酒造
「薩摩富士 芳醇 紫」濱田酒造

<紫薩摩 宝山>
Img_4401
紫芋の芋焼酎はフルーティーな軽めの味わいのものが多いのですが、宝山の紫は4本の中では最も芋焼酎らしい芋の味が楽しめる焼酎でした。かといって泥臭さはなく、すっきりした味わいなので、「芋は好きだけど芋焼酎はクセがあるから嫌い」という人にはオススメかも。

<茜霧島>
Img_4404
最近、飲み屋でも出回っている季節限定の茜霧島。赤霧島より出荷本数が少ないのでレア感は大きいのですが、ワタシはたまたま先週、近所のスーパーで見つけて購入しました。添え書きに記載のとおり、柑橘系の香りがします。味わいも芋臭さはほとんどなく、芋焼酎の枠を超えた新しいカテゴリーのお酒といった印象です。女性に人気というのも納得です。

<赤霧島>
Img_4405
紫芋の芋焼酎ブームの火付け役とも言える赤霧島。最近は出荷量も多くなったのか、比較的入手しやすくなりました。今春の赤霧島は、昨日妻が大阪のコンビニでたまたま見つけて定価で購入。スコッチの味わいにも似た旨味と芋焼酎の良さが格別の芋焼酎。和食にも洋食にも合う赤霧島。やはりワタシは赤霧島が一番好きかなあ。

<薩摩富士 芳醇 紫>
Img_4403
薩摩富士は安くてうまい芋焼酎ですが、この芳醇紫も例外ではありません。4本の中では最も芋の甘味を感じる芋焼酎ですが、クセがなく大勢でグイグイいくのがぴったりかな。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2015年8月16日 (日)

お気に入りのフレンチイタリアン

お気に入りのレストランを決める基準は人それぞれ。
ワタシの基準は

  1. シェフのプロ意識が高い
  2. コストパフォーマンスが良い
  3. ゆっくりくつろげる

そんなお気に入りのフレンチイタリアンに、お盆のプチ帰省の帰りに立ち寄りました。

<大阪鶴橋のフレンチイタリアン ”ラ・ローザ”>

Favorite

 こちらのマルゲリータは薄皮の生地としっかり味付けされたトマトソースの相性が抜群です。イタリアンバルはソースにこだわる店が少ないのですが、こちらのシェフはフレンチ出身なので、ソースがどれも絶品です。シェフは一人しかおらず、注文してからオーナーシェフが自ら調理を始めます。そのため混んでいる日はなかなか料理が出てきませんが、その分ゆっくりとワインを楽しめます。

 この店に行くといつもコース料理ではなく、その日の気分で好きなモノを単品で注文します。この日も妻と二人で、上の写真の料理以外にスパークリングのフルボトル1本とサラダを注文!
w(゚o゚)w

フルボトルのワインを2本空けて、料理をお腹いっぱい食べても結構財布には優しい。帰宅するのに電車で1時間あまりかかるのですが、それを差し引いても値打ちのあるお店です。こんな店が近所にできたらええのになあ〜。

2015年5月 3日 (日)

MRI検査初体験

先日、生まれて初めてMRI検査なるものを受けました。

  ‥というのも会社の定期検診で『血圧が高いupwardright』と指摘があり、大阪市内の総合病院へ行ったのですが。。

内科の医師に
『血圧の他に気になる事は?』と聞かれたので
『左の顎の下あたりにグリグリが有るんですが、これは何でしょうね?』」と尋ねたところ触診のノチ、いきなり耳鼻咽喉科に回されました。そして急遽、局部麻酔して腫瘍の組織細胞を採取し悪性では無いか検査する事に。coldsweats02

 1週間後、結果を聞きに再訪すると、結果は「良性」という事でホッと一息。coldsweats01

ただし、耳下腺や顎下腺の多形腺腫なら悪性に変化するリスクもあるのでMRIで調べる事になりました。despair

MRIは狭いところでかなり大きな騒音がするため閉所恐怖症の人はダメみたいで
事前に『狭いところは大丈夫ですか??』と何度か確認されます。
うなぎの寝床のような狭い家で育ったワタシは
『むしろ好きなくらいです!!』という言葉を押し殺し
『はい、大丈夫ですよ。 』と、フツーに答えたのでした。(^-^;

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

MRI検査当日。
前の人の検査がえらく時間がかかったようで検査着に着替えるロッカールームにて30分余り待機のノチ、ワタシの順番になり検査室へ。

騒音の刺激を軽減するためにヘッドフォンを着用して検査開始。ヘッドフォンからはBGMが流れてきます。
最初に聴こえてきたのはカントリー調の曲。通常のヘッドフォンではなく、コード代わりの管から直接音を伝える方式のようで「こもった」音なので音質は最悪でした。gawk
しかし目的が違うので、こんなところで音質を求めてはいけない。自制自制。coldsweats01

磁気コイルの振動音も、パターンがあるようで音が鳴り止んだと思ったら違うパターンの振動音が始まります。検査中目を閉じたまま、振動音とはシンクロしない「オリーブの首飾り」的なスタンダードナンバーを5〜6曲聴いたでしょうか、ウトウト眠りかけた頃に無事終了。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

数日後、結果を聞きに病院を再訪しました。
診断の結果、やはり「耳下腺の多形腺腫」なので取り除いておいた方が良いとの事。
小さなグリグリなので、日帰り手術程度で大丈夫なのかな? と当初軽く考えていたのですが、手術は全身麻酔して耳下腺(結構大きなものらしい)が見える状態まで首にメスを入れてから腫瘍を取り除くので、10日間ほどの入院が必要との事でした。

そういえば幸運な事に今まで手術や入院を一度も経験した事が無いワタシ。悪性になるリスクが有るなら元気なうちに取り除いておこうと決断し、仕事が一段落しそうな7月初頭に手術の予約を入れました。

初MRIの後は、初入院、初手術と、この歳になって今年は初体験が続きます。父親を早くに癌で亡くしているワタシ。身体のリスクマネジメントはしっかり行っておこうと、気分はアンジェリーナ・ジョリーであります。(゚ー゚;

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

通院のために有給休暇をとった日の夕方、スーパーマーケットへ行くと芋焼酎「茜霧島」を発見! 赤霧島は今春も入手できたのですが、茜霧島は買った事がなかったので思わず購入しました。

Img_3180

茜霧島は香りがフルーティーでいて芋の旨味もしっかり感じる呑みやすい芋焼酎です。購入したのは田苑酒造が数量限定で発売した麦焼酎「粋の奏」との2本セットでなんと¥2500也。ヽ(´▽`)/

通院で有給休暇をとらなければ買えなかった焼酎たちです。
人間万事塞翁が馬。吉凶禍福は糾える縄のごとしやなあ。

2015年3月15日 (日)

週末はカフェイン少なめで、ストレス少なめ!?

 九州旅行の折、雲仙「民芸モダンの宿 福田屋」さんで飲んだコーヒーを大和八木の成城石井で発見したので早速購入して週末の朝に楽しんでいます。cafe

Img_3084_2

 イタリアのilly社のパウダーコーヒー「Decafeinated Ground Roasted Coffee」です。イタリアンテイストにあふれた缶がおしゃれ。
 本来はエスプレッソ用のコーヒー豆なのですがドリップコーヒーでも楽しめます。我が家にはエスプレッソマシーンが無いのでドリップコーヒーメーカーで淹れています。

Img_3075 Img_3085_2_2

 パウダーというだけあって、極細挽きです。一般にコーヒー豆は挽きすぎると味にエグみが出るのですが、これはまったく逆です。口当たりがまろやかで、クセの無い味です。本格派のコーヒー好きには物足りないかも知れませんが、週末の朝にはぴったり。しかもカフェイン控えめです。本来はエスプレッソ用なのでコーヒーフレッシュたっぷりめがオススメかも。
 コーヒーが苦手といういう人でも、これならいけると思います。cafe

2014年6月 8日 (日)

ドレッシングの美味しさを写真で伝えるのはムツカシイ

あまり有名になると困るので教えたくないけど、
「おいしいんだよ〜」と伝えたい一品。
誰にもひとつやふたつは、有ると思います。

ワタシの場合はコレ↓
_1040360
奥のよく冷えたCAVAではなく、手前のドレッシング。

_1040361
かなりオイルが多いのですが、オイルが新鮮なのかほとんど脂っこさやしつこさは感じません。コイツを上下にシャカシャカ振って撹拌し、地元の新鮮な野菜に注ぎます。

_1040362
シンプルに野菜のおいしさを引き立ててくれます。
_1040364
イタリアンメニューにとても良く合うので、
本日の夕食は、ほうれん草たっぷりのベーコンパスタとくるみや抹茶のブレッド。

このドレッシング、市販のスーパー等で売っている物ではありません。
以前にこのブログでご紹介した「カントリーカフェ ハーブクラブ」の自家製ドレッシングです。(あ〜あ、教えてしまった┐(´-`)┌)

最初はレストラン内のショップで購入しますが、リピートオーダーの際は空き瓶を持って行くと通常価格の100円引き(たぶん?)で入れてもらえます。このドレッシングをプレゼントした人からは、ほとんどといって良い程リピートオーダーが有り、いつも3〜4本空き瓶を持って行って入れてもらう事になります。(^-^;

ドレッシングのおかげで今日もおいしく野菜をいただきましたrestaurant

2014年3月 8日 (土)

ロマネスコ、それは小さな宇宙!?

 近くの野菜直売所で「ロマネスコ」なる野菜を発見し購入したと先週の記事に書きましたが、本日はそのレポートです。

Img_1946

↑こちら調理前のロマネスコ。私は、このカタチに魅かれて購入してしまいました。

Img_1958

↑切って茹でたロマネスコ。きれいな緑色になりました。

初めて食べるのでマヨラーとしては、やはりマヨネーズのみで挑戦。♪(o ̄∇ ̄)/
味は普通のブロッコリーよりも野菜の甘みが少し強い感じ。食感は茹で加減にもよると思いますが、カリフラワーよりもしっかりした感じでした。
蕾の部分はブロッコリー特有の少しパサパサした歯触りが無いので、私好みです。
シチューに入れたり炒め物にしたりと、食材として色々使えそうなお味でした。restaurant

Zoom

↑こちらズームした写真

何か気づきませんか??
そう、全体のカタチが一番上の写真のように円錐形なんですが、茎ごとに分けるとそれぞれが、同じ円錐形になっていて、その円錐は、また小さな円錐によって作られている。
これを幾何学では「フラクタル形状」と呼ぶそうです。
何だか小宇宙ですよね~。

また、どこかで見つけたら買ってみよう。(*^-^)

2014年1月25日 (土)

大阪土産といえば、、

今日は大阪土産のお話。

人気の大阪土産はたくさん有りますが、ワタクシ的に分類すると下記二つに分かれます。

分類1)
551蓬莱の豚まん/りくろーおじさんの店の焼きたてチーズケーキ/アンファンのプチシュークリーム

分類2)
点天のひとくち餃子/たこ昌のたこ焼き

どれも結構有名だと思うのですが、これら二つの違い分かりますか??

こたえ。(あくまで私見ね)
分類1)は地元の人もよく食べる(ワタクシも食べる機会が多い)大阪土産、分類2)は地元の人が食べているのをあまり見た事が無い(少なくともワタクシは食べた事が無い)大阪土産です。

で、今日ご紹介するのは分類2)の大阪人は食べた事が無いであろう大阪土産「お湯かけてたこ焼き」です。

<お湯かけてたこ焼き>
Img_1872
こちら先日、大学時代の後輩からいただいたお土産です。後輩は、仕事で日本全国を飛び回っている外資系企業の女性なのですが、このお土産を訪問先のお客様や来日している海外の人に渡すと、とても喜んでいただけるとの事。
早速、作成のノチ、食してみました。(*゚▽゚)ノ

Img_1873
中にはたこ焼き4個とお湯の計量カップが入っています。

Img_1874
作り方はパッケージの中に書かれています。

Img_1875
真ん中の丸い部分を押して穴をあけるんですが、うまく行くのか少し不安。

Img_1876
案外、簡単に上手く穴をあける事ができました。
ここに沸騰したお湯を付属の計量カップではかり10CCずつ入れて30秒待ちます。

Img_1877
たこ焼きっぽい良い匂いがしてきます。ナルホド、よく出来ている。( ̄▽ ̄)

味は、、、、
当たり前ですが、本物のたこ焼きの味には敵いません。

でも、お土産がタイマーの組み込まれたエンターテイメントだと考えると、作る楽しさや匂いのリアル感などなど、「話のネタ」「ウケ狙い」という意味で、これは大阪土産のかなり上位にランキングされるのでは?と思います。JR大阪三越伊勢丹にある鰹節専門店の林久右衛門商店で購入できるそうです。来阪の機会が有る方は、一度お試しを!

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ