« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月29日 (金)

2017年買い納めはダイソン

 メイン機として2階で使用していたM社製掃除機の吸引力が衰えはじめたため、流行に流されやすいワタシは『次はダイソンのコードレスクリーナーだなぁ。。』と密かに画策していました。しかし新製品のV8はなかなか値崩れしそうにないし、『そのうちジャパネットあたりが安売りするだろう』と我慢の日々が続いておりました。

 そして、11月も終わりに近い某日、満を持して「ジャパネットたかたチャレンジデー」でダイソン製品が登場!しかし、お目当のコードレスクリーナーV8やV7ではなく、コード付きキャニスタータイプとコードレスハンディータイプの2台セットでの販売でした。

でもいろんなブラシがついて2台セットで税抜¥54600は安い。

ん〜どうする??

買う(*゚▽゚)ノ

で、今年最後の衝動買いがこちら↓

Img_6671 Img_6668

上記2台にこちらのツール↓が追加でセットされています。ツールは全て2台とも共用できました。「おまけ」的なモノに弱いワタシ(*´-`)

Img_6673

<DC63の使用感>

 キャニスタータイプのDC63は噂どおり吸引力がすごいです。掃除した後で透明のクリアビンを見ると、かなり微細なゴミを吸い込んでいるのが確認できます。
また、結構小回りが利くのもポイント高しです。コードのついた掃除機はガンガン引っ張って掃除していると本体がひっくり返ったりしがちですが、従順についてきてくれるのでストレスがありません。
 ストレスといえば、実はワタシ掃除機のコードを巻き上げるときに一気にキュルキュルっと巻き上げる事ができないとかなりストレスがたまるタイプなんです(意外?と短気)。昔の掃除機は結構、引っ張り直さないと巻き取ってくれなかったのでストレスMAXでした。前任のM社掃除機はコードを巻き取る強さに惹かれて購入した経緯があり(動機がオカシイ??)、 ダイソンはどうかな?と不安だったのですが、見事一発巻き取りで合格点でした(^ ^)。
 弱点は強い吸引力ゆえに、絨毯などの掃除には多少力がいる事やクリアビン上部に溜まったほこりが取りにくい事(V8では改良されているらしい)などですが、吸引力の強さはその弱点をカバーして余りあるものです。

<HH08使用感>

 ハンディータイプのHH08は通常モードで約20分バッテリーが持ちますので、階段や車内清掃、布団掃除などにぴったりです。またリビングに置いてホコリが気になったら気軽にサッと掃除できるのも良いところ。PCのキーボード清掃などにも重宝しています。DC63が24個のサイクロンを搭載しているのに対し、HH08は15個なので吸引力は若干劣るんでしょうが、特に不足感はありません。

 弱点はDC63同様、クリアビン上部にほこりがたまりやすい事ですが、2台で交互にお互いの溜まったほこりを吸い込んで掃除しています。(その吸い込んだホコリがまたお互いのクリアビンの上部にたまるのかも知れませんが、そこは気にしない。(^-^;)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 今年はたくさん物を買ったし、旅行もイロイロと楽しみました。母親の引越しやら義父の入退院の繰り返しなど心配事も多い一年だったけど、何とか無事に過ごす事ができました。来年も辛い事や楽しい事などいろんな事が起こるのだろうけど、アラカンなりの人生の楽しみ方で時を過ごせれば幸せかな〜と思います。

 来年も素敵な一年になりますように!

2017年12月10日 (日)

iPhone X で背景をぼかした写真を撮影する

 iPhone X はカメラ性能も良くなっているという事でポートレートモードを試してみた。モデルは某有名野球選手のお姉さん。(*^-^)

<Step1> カメラアプリで撮影

Img_6717

 カメラアプリの「ポートレートモード」で撮影すると背景を綺麗にぼかす事ができる。本来は顔写真を撮影するためのモードだが、センターにメインの被写体を持ってくると背景が綺麗にボケる。接写出来ないのがタマにキズだが、携帯電話の写真機能としては満足の行くレベルだと思う。

<Step2>写真アプリで編集

 ポートレートモードで撮影した写真をiPhone X の写真アプリで編集するとポートレートモードのオン/オフを切り替える事ができるので、後で背景にもピントを合わせた写真が欲しくなった場合にも対応ができる。ちなみに編集モード画面上部の「ポートレート」背景色黄色がオン/白抜き文字がオフの状態。

Img_6719 Img_6720

 オン/オフの切り替えは写真アプリの編集モードから『ポートレート』をタップするだけ。ただし、ポートレートモードで撮影した写真を同期しているMac側の「写真」アプリで確認しても背景はボケないので要注意。つまりポートレートモードがオフ状態の画像のみがMac側には送られるようである。

Img_6718_2

 せっかく背景をぼかして撮影しても、iPhoneで確認するだけでは全く意味がない。背景をぼかした写真をコンピュータに保存する方法は下記の通り。

<Step3>コンピュータへの転送

Img_6730 Img_6731

 転送方法はiPhone側の「写真」アプリで写真の選択画面から左下の転送アイコン「共有ボタン」をタップする。Macintoshの場合だと対象となる写真をチェックして「タップしてAirDropで共有」をタップすれば指定のMacのダウンロードフォルダに転送される。Windowsの場合はその下のメールやSNSなどファイルを共有できるアプリを指定して転送すれば、ポートレートモードで撮った写真が画像ファイルとして転送される。

Img_6715_3

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 今回 iPhone X で試しましたが、ポートレートモードのあるiPhone 8 Plus やiPhone 7 Plusでも同様の操作ができると思います。当該機種をお持ちの方は是非お試しください。(o^-^o)/

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ