« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月19日 (日)

アラカン iPhone X を買う

P1120882

 リリース開始2日後の11月5日に、近くのauショップでiPhone Xを購入予約した。衝動買いである。iPhone Xの事を詳しく調べないまま購入に踏み切った。なぜすぐに踏み切れたのかは自分でもワカラナイ。何故ならば衝動買いだから(^-^;。

 予約時には『入荷まで1ヶ月以上かかる可能性がある』といわれたが、意外に早く翌週の11月11日に受け取ることができた。購入したのはiPhone X シルバーの64GB。前に所有していたiPhone 6s Plusも64GBで容量に全く支障なかったので今回も64GBにした。今やクラウドにデータを大量に保管しておける時代なので、今後も最小容量で特に問題なく使えると判断した。

 使い始めて1週間あまり。まだよくわからない事も多いのだけれど、感想などを取り急ぎレポートしてみます。

<フォルム>カバーをつけるのを躊躇するほど美しい

 iPhone Xのフォルムは量産される工業製品であるにもかかわらず、伝統工芸品のように美しい。ホームボタンが消えオールスクリーンになった事によってディスプレイサイズはワタシが以前使っていたiPhone 6s Plusと同等にもかかわらず、本体サイズは片手で操作できる範囲に収まった。iPhone 8と同様にガラス素材で覆われたボディは高級感を増しつつ、適度に手に馴染み持ちやすくなった。

 とは言え最近不用意に物を落としたり、こぼしたりする事が多くなったワタシ。専用ケースを先日会社帰りに家電量販店に立ち寄ったが、フォルムの美しさを活かして本体を守る理想のケースが見つからず何も買わずに退散。ガラス素材は指紋がつきやすいし、落としてディスプレイを傷つけた時のダークブルーな気持ちは想像に難く無いので、どこかで妥協して早く購入しなければ。。

<ディスプレイ>ようやく手に入れた漆黒

 OLEDディスプレイ(日本では一般に「有機EL」と呼ばれている)の搭載によって、引き締まった黒が表現できるようになりメリハリのある画像となっている。液晶の場合どうしても黒が濁る(遮光カーテンから光が漏れてる感じ?!)のだが、これだけ黒がすっきり黒いと他の色も美しく感じるのを実感できる仕上がりとなっている。

 ディスプレイサイズは「5.8インチ」でPlusシリーズの「5.5インチ」より大きいとされているが、これは対角線の長さが5.8インチであって正確な表示面積の数値では無い。iPhone Xはフルスクリーンといっても画面上部にカメラやセンサーなどを配置しているため、一部表示しない部分がある。また、フルスクリーンの4隅は本体のエッジに合わせて角が丸くなっているが、「5.8インチ」は角が丸くなっていないと見なした矩形の対角線なのである。4隅の丸く欠けた部分と画面上部の欠けた部分を差し引いた面積を正確に測るほどマメな性格では無いので割愛するが、「おおよそPlusシリーズと同等の表示面積」と理解して間違いないと思う。

<Face IDによる顔認証>精度が高くかなり実用的

 iPhone X で初めて搭載された新たな機能「Face ID」による顔認証だが、評判通り精度は高い。iPhone Xを持ち上げると勝手にロック中の画面が立ち上がり、顔を向けるとFace IDによってロックが解除されるので、スムースに操作を始めることが出来る。また、メールやSNSなどの通知機能をONにしていても、ロック画面上では誰からのどういう内容かは表示されない。例えば『LINE 1件の通知』とだけ表示される。本人が画面を覗くことにより自動的にロック解除になって初めて、誰からどういう内容が届いているのかを表示する。「愛しいパートナーにあらぬ心配をかけたくない人々」にとっては嬉しい機能だと思う。(ちなみにワタシは『やましい事は何一つないのでこのような機能は必要ない!!!』と断言しておく)

<操作性>やはり慣れが必要かも?

 ホームボタンがなくなった事によって基本的な操作方法が大きく変わった。例えばソフトを終了させておきたい時、従来はホームボタンをダブルクリックしてスイッチャー画面から消したいアプリを上にスワイプして終了だったが、iPhone Xでは画面下のホームインジケーターを上にスワイプしてスイッチャー画面を出し終了したいソフトを選んで左上に「×」印が表示された時点で上方向にスワイプする必要がある。手数は同じなのだが、「×」印が表示されるまで若干の時間があり、その前にスワイプするとアプリは非表示となるだけで終了しないままメモリに残る。「ポケモンGo」など、電力消費の大きいソフトだと消したつもりがずっと立ち上がっている事になるので注意が必要だ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 未だiPhone Xは供給が追いついておらず巷で持っている人も少ないので、これをネタに人が寄ってきてニワカ人気者なワタシ。(^-^;

 カメラ性能など、そのほかにも色々進化しているようだが、従来から変わった機能が多くてまだしっかりとは把握できていない。ぼちぼち使いこなしながら今後もアラカン目線で徐々にレポートしたい。

2017年11月12日 (日)

今年の同窓会は泉州ツアー

 この時期恒例となった大学時代の仲間と年1回の同窓会旅行。11年目を迎える今年は貝塚市在住のメンバーが幹事だったので、大阪府南部「泉州ツアー」となりました。大阪出身のワタシではありますが、初めて訪問する所や行った事は有るけれど詳しくは知らなかった所などなど、大阪再発見の旅でありました。(゚▽゚*)

<岸和田城>

P1120494 P1120507
P1120447 P1120500

 初日は貝塚市と岸和田市を中心に散策しました。岸和田市の中心に位置する岸和田城はいつ誰によって建てられたのか定かでないそうですが、1640年に岡部宣勝が入城して以来明治維新まで岡部氏が治めていたそうです。天守閣は文政年間の落雷で焼失し、現在の天守閣は昭和29年に再建されたものだとか。案外、関西人でも岸和田にお城があるというのを知らない人が多いようです。訪れた日は快晴。櫓門の紅葉が綺麗でした。

P1120463 P1120474

 上の写真は天守閣前の庭園「八陣の庭」です。日本庭園というと水平方向から眺める事を前提に作られたものがほとんどですが、この庭園は上空からの眺望も意識した珍しい造りになっています。横から見ると庭の樹木にマッチした古来からの庭園のようですが、天守閣からの眺望は近代アートのような斬新な庭園でした。

<だんじり会館>

P1120518 P1120526

 毎年9月に行われる岸和田のだんじり祭りは今や全国的に有名なお祭りとなっています。9月といえばワタシが勤める会社の半期決算の大切な月なので最も忙しくなるのですが、昔は岸和田市民の社員は前後に休みをとって祭りに専念する人多数でした。祭りのみをテーマにした会館って珍しいと思うのですが、岸和田の土地柄を考えると『あって当然』という感じでしょうか。泉州の人にとってのだんじり祭りは、カリオカにとってのリオのカーニバルのようなものなのです。

P1120533 P1120542

 会館4Fには体験コーナーがあり、だんじりの大屋根にのったりだんじり囃子の鳴り物を体験出来るようになっています。若い父親指導のもと憧れの大工方を夢見て団扇片手に地元の子供が屋根の上で踊ったり、上手に太鼓を叩いてたりしていました。

P1120550 P1120552

 勇壮なだんじりですが、その中は繊細な彫り物がぎっしり詰まっています。この地にはだんじりの彫物を専門にした彫物師という仕事があるそうで、やはり祭りは文化なんだと感じさせます。

<紀州街道 本町の街並み>

P1120517 P1120565_2
P1120424 P1120564

 江戸時代に紀州徳川家の参勤交代のために整備されたという紀州街道沿いには昔ながらの町屋やレンガ造りの建物など風情のある建物が並んでいます。瓦屋根が続く景色を見ると、なんだか落ち着きます。大宇陀の松山に似てのんびり散策するのにいい感じです。

<関西国際空港>

P1120711 P1120857

 同窓会の2日目は趣向を変えて関西国際空港を見学しました。関空には通常立ち入ることの出来ない保安区域をバスで案内してくれる「わくわく関空見学プラン」という1時間程度のコースプランがあり、幹事さんはこれを事前に申し込んでくれていました。関空は今年も何度か利用していますが、通り過ぎるだけでじっくり空港を見学したことなど無かったので、ワタシにとって今回の旅行の楽しみのひとつでした。

P1120800 P1120790

 バスには公認のガイドさんが1名同乗して、空港の施設や飛行機について説明してくれます。尾翼のマークを見て、どこの国から来た飛行機か確認するのも一興です。貨物機も旅客機もやはり圧倒的に中国からの飛来が多く、空の玄関口でも中国経済のパワーを確認することが出来ます。

P1120807 P1120812

 保安区域内はバスの車窓からの見学ですが、圧巻の給油タンク施設や高架橋を渡る飛行機を間近に見ることができて面白かったです。

P1120832 P1120859

 バスツアーの後は、展望レストランで機内食体験ランチやエアライングッズのショップでお買い物。なるほど、飛行機マニア以外でも1日楽しめるようになっている関西国際空港でしたヽ(´▽`)/

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 同窓会旅行初日の11月3日にリリースされたiPhoneX。同窓会旅行の翌5日に近くのauで予約を行い、昨日10日に受け取って来ました!
使用感などは次回、ご報告予定です。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ