« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月30日 (土)

iOS11でより簡単になったiPhoneのタイマー設定

iOSがVer.11にアップしてイロイロ便利になりました。
特に刷新されたコントロールセンターは使い勝手が向上しています。
今日は久々のTIPS。『すばやくタイマー設定を行なう方法』をご紹介します。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

手順は4つだけ。

Img_6413 Img_6410

1)画面を上にスワイプしてコントロールセンターを表示
2)「タイマー」アイコンを長押し。『長押し』がキモです。

Img_6411 Img_6412

3)目盛りをスライドさせて設定時間を調整。最近のインスタントラーメンは5分かかるのも多いので。。(^^;
4)時間設定すれば「開始」をタップで完了!

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

とっても簡単です。
iPhoneのスクリーンショット動画も簡単に保存出来るようになったので、上記一連の操作を動画でご確認ください。(容量節約のため解像度を落としています)

「EasyTimer.mov」をダウンロード

2017年9月16日 (土)

「感動のトースター」BALMUDA The Toaster 購入!

breadワタシも妻も無類のパン好きである。
美味しいパンを見つけては買ってくる日々。
ところが最近トースターの焼きムラが気になりだした。
パンくず受け皿を洗っても、焼きムラはなおらない。
毎朝のことだからパンは美味しく食べたい。bread

 そんなある日、「BALMUDA」のトースターなら絶妙な焼き加減が実現できるという情報をネットで見た。デザインはシンプルでカッコ良い。ただし、トースターなのに2万円オーバー。やけに高い。でも評判はすこぶる良い。「感動のトースター」らしい。

ん〜、逡巡。。

物欲と葛藤するワタシに妻が言う。『dPointが1万円以上残っている』

docomoで妻のiPhone7を購入した際に付与されたdPointがほぼ使われずに残っているらしい。dPointを使えば、半額ほどで買える。渡りに船、トースターにdPointである。

早速dPointが使える家電量販店を探す。
あった! ジョーシン!! さすが阪神タイガースを応援している企業だけのことはある。(あまり関係ない)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

という事で、「BALMUDA the toast」を購入。色はブラック。当初ホワイトを考えていたが、現物を見比べて高級感漂うブラックにした。

Img_6369 Img_6370

朝を待てずその日の夕食で早速使ってみた。カチッ、カチッという電子音と共にスチームと温度を自動でコントロールしながら食パンが焼けてゆく様子を眺めるのも楽しい。

Img_6372 Img_6374

 食パンモードで焼くとホント美味しそうに焼きあがる。パン皿に乗せただけで小麦の香りが漂い食欲を刺激する。食べると外はサクサクで中はふんわり。ちぎればクラムが白い糸を引く。最近、焼かずにそのまま食べる高級食パンが人気だが、こいつで焼くと食パンはトーストされる事を前提に作られた食材なんだと再認識させられる。

 クロワッサンの加熱も秀逸。クロワッサンを電子レンジで温めると「しなっ」となってサクサク感が損なわれるし、普通のトースターだとバターが焦げてしまう。ところがこいつのクロワッサンモードだと焦げずにバターの風味が蘇りサクサクにリベイクされる。

 この他、チーズトーストや塩パン、バゲットなど色々な種類を試したが、ただ温めるのではなく、どれも程よくうま味を引き出している。脱帽。

 買う前はシンプルなデザインの見た目からアナログな製品だと思っていたのだが、とんでもなくデジタルな製品だった。加熱温度やタイミングが全てプログラミングされてセットされており、ユーザーは計量カップ1杯の水を入れてパンの種類に応じたモードと時間を選ぶだけ。あとは、勝手にタイミングと熱量を調整して素材にあった加熱を行なってくれる。
デジタルだからこその手間いらず。毎朝、絶妙な焼き具合でパンを焼きに来てくれる勤勉な職人と思えば、2万円オーバーでも安いもんだ。

これで朝の楽しみがひとつ増えた。

2017年9月 2日 (土)

伊勢と賢島で夏休み(その2)

伊勢/賢島への夏休み旅行2日目も良い天気でした。

P1110743

 ホテル槇之木の朝。我々観光客にとって英虞湾は景色を楽しむ穏やかな海ですが、地元の人にとっては仕事場。朝早くから真珠筏に向かう小舟が行き交います。

P1110752 P1110753

 ホテル槇之木でいつもの美味しい朝食を終えて、オーナーに賢島駅まで送ってもらったのが10時過ぎ。予約していた14時50分発の特急しまかぜの乗車時間まで時間はかなり有る。さりとて、ここからまた電車に乗ってどこかへ行こうにも本数は少なく戻ってくるのがまた大変。それなら賢島から歩いて行ける観光地を巡ろうという事になり、とりあえず賢島エスパーニャクルーズへGo。(* ̄0 ̄)ノ

<賢島エスパーニャクルーズ>

 エスパーニャクルーズの乗り場へは賢島から徒歩5分ほど。出航時間ぎりぎりで賢島から英虞湾を1時間弱かけて遊覧する「エスぺランサ」に飛び乗りました。

Photo_3

「エスペランサ」はスペインの帆船をイメージした造形で、帆先の展望デッキに立てば気分は大航海時代の海賊です。(●_・)/
真珠養殖用のイカダやはえ縄用のブイが浮かぶ英虞湾は穏やかな内海で、のどかな風景が続き潮風が心地よかったです。

<志摩マリンランド>

 続いて訪れたのは賢島駅を挟んで反対側にある水族館志摩マリンランド。こちらも賢島駅から歩いて数分で到着します。こちらの水族館では「海女の餌やり」という、ちょっと風変わりなアトラクションを見学。

P1110832_2 P1110846

定時になると大きな回遊水槽に海女さんが登場! 客も魚も寄って来ます。

P1110844 P1110838

海女さんが餌を与えると、魚も子供も大興奮。なんか不思議なアトラクションです。

P1110808 P1110814

伊勢志摩を代表する鳥羽水族館ほどスケールは大きくありませんが、のんびりと海の生物を観察できるユルさが心地よい水族館でした。(*^-^)

<活魚料理 海幸>

 昼食は賢島クルーズのりばの近くで見かけた「活魚料理 海幸」へ。決して綺麗な店ではありませんが、「活魚料理」の看板が目に止まりこちらに決定。朝獲れたばかりの魚介類との事で、どれも鮮度が高く美味しかったです。特に魚の塩焼きは焼き加減といい塩加減といい最高でした。ヽ(´▽`)/

Kaikou

<観光特急しまかぜ>

 今回旅の目的の一つは近鉄の「観光特急しまかぜ」に乗る事。運行開始当初はなかなか予約が取れない事で有名だった「しまかぜ」ですが、今回復路で京都行きに若干空きがあり5日前に予約する事ができました。

Shimakaze

 快適さを追求したという本革のプレミアムシートはまさに快適。電動のレッグレストや腰をリズミカルに押すリラクゼーション機能もあり、普段電車では絶対眠ることのない妻も、うとうとするほどの快適シートでした。車内で記念乗車証ももらえます。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 電車での旅行は移動の不便はあるものの、不便も旅の楽しみのひとつ。出たとこ勝負でしたが、昼間からアルコールは飲めるし、電車を利用しての旅行も結構楽しめました。(o^-^o)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ