« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月25日 (日)

i LOVE iMac ! !

Img_61332

 先日、念願の新型iMac(2017)21.5インチ3.4GHzを購入しました!(*゚▽゚)ノ

Collage_fotor_2

 我が家のiMacはこれで4台目。1998年秋のiMac233MHz(Rev.B)から始まって2003年秋のiMac G4(Flat Panel)、2008年春のIntel iMac(early 2008)と、今迄ほぼ5年毎に買い替えていたのですが今回はなんと9年ぶりの買い替え!!

 先代のiMacはOSのアップグレードを重ねてElcapitanまでアップしたものの最新のSierraからは対象外機種となりアップグレードを断念。また、OSをアップグレードする度に起動やら画面読み込みが徐々に遅くなり、最近では漢字変換やWeb表示すらやたら時間がかかるようになっていました。(≧ヘ≦)

Macを立ち上げる度にストレスを感じる日々。。。
これは精神衛生上、非常によろしくない!
Macが原因で病気になったらどうするの?!
このままじゃ大好きなMacが嫌いになってしまう!!!

、、という事で当家では次のモデルチェンジのタイミングに代替する案が可決されていました。(『新しいiMac購入ありきで話がすすんでいた』という「怪文書のようなもの」が出回っていたとか、いなかったとか。。。( ´艸`))

・・・そして待ちに待ったWWDC2017(2017年6月6日開催)
新型iMac発表を見届けたその週末、矢も盾もたまらず地元奈良県でApple製品を販売している家電量販店を数店舗パトロール。どの店も新商品は未入荷との事だったので、その足でApple Store 心斎橋へ。さすがはApple直営店!目当ての21.5インチiMac(Retina 4Kディスプレイ3.4GHzプロセッサ1TBストレージ)在庫ありとの事。キーボードをテンキー付きのMagic Keyboardに変更して、他は標準仕様で即決し持ち帰りましたhappy01

Img_61302

 iPhone然りApple製品のパッケージは秀逸で無駄がない。跳び箱のような台形の箱に整然とiMacが収まっています。開けると輸入盤LPのジャケットを開けた時のような独特の印刷の匂い。開梱するだけでワクワクします。(^^)v

Img_61352

 本体はたろさんの記事にもあったように、とにかく薄い。上の写真の手前が今までメインで使っていた24インチiMac(early2008)で奥が新しいiMac。デスクトップパソコンとしては究極のミニマルデザインです。モニターの大きさは27インチにしようか迷ったのですが、24インチでも大画面を持て余し気味だったので、予算も鑑みて今回は21.5インチモデルにしました。

<ファースト インプレッション>

(スピード)
 あれほど時間がかかっていた起動も表示も劇的に早くなりました。8GBのメインメモリ、4GBのビデオメモリ、KabyLakeマイクロアーキテクチャーのCPU、32GBのSSDを活用した1TBのFusionDrive等の効果が相まって全くストレスなく反応します。ヽ(´▽`)/

(表示)
 4Kディスプレイで表示する写真は粒状感を感じさせず滑らかで美しい。撮影した写真を画面で見るのが楽しくなります。ドットが可視範囲を超えているので細かい文字もくっきりと見えます。さらに明るくなったモニターはローガンの強い味方です。

(サウンド)
 筐体のエッジが極薄なので内部スピーカーからの音がフラットな初期状態で音楽を聴くと籠もった感じで少し気になりましたが、iTunesのイコライザをオンにして音楽に合ったモードを選べば、聴きやすい良い音に変わります。

Photo_2

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

80GBに膨れ上がっていた写真データの移行やタイムマシーン設定もようやく完了。
まだ少しおバカなSiriさんはご愛嬌ですが、ただいま鋭意教育中(^^;。
しばらくはiMac LOVEな日々が続きそうです。(*^-^)

2017年6月11日 (日)

今なお癒えない傷跡

とても楽しかった沖縄旅行。少しだけ学習もしてきました。

<嘉数高台公園>

 嘉数(かかず)高台公園は宜野湾市にある高台のある緑の美しい公園です。しかし、ここは第二次大戦中に地上戦で多くの尊い命が失われた土地でもあります。

Img_6053 Img_6072

 高台には米軍を攻撃するためのコンクリート製の陣地が今も残っており、コンクリートに刻まれた弾痕が当時の激戦の様子を物語っています。原爆で一瞬にして多くの尊い命が奪われるのも地獄ですが、人間同士が撃ち合い殺しあう地上戦も地獄です。

Img_6064 Img_6074
Img_6075 P1100910

 展望台に登ると眼下には住宅地が広がり隣接したその向こう側には20機ほどのオスプレイを配備した米軍の嘉手納基地が一望できます。この日はオスプレイが飛行する気配はありませんでしたが、軍用ヘリが住宅地の上空周辺を飛び回っていました。こんなに多くの住宅が基地のすぐ側に建ち並んでいるとは驚きでした。

「もはや戦後ではない」と経済白書の副題に添えられて60年。確かに経済的には遥か昔にすっかり復興した日本。しかし沖縄には戦争の傷跡は今なお残っており、特に戦闘の準備に余念の無い米軍基地周辺では戦中も戦後もなく現在進行形で戦争と隣り合わせになっています。そんな沖縄の実態を強く感じた旅でもありました。think

2017年6月 4日 (日)

南の島で大いに楽しむ

 旅行運絶好調だった5月のワタシ。北海道、東京に続き5月最後の週末は会社の仲間と南国沖縄へ。定番の観光地を巡ったり、マリンスポーツを楽しんだり、現地グルメを堪能したり、戦争の今を感じたり。。
約30年ぶりに訪れた南の島は、やはりエネルギッシュでした。2泊3日でイロイロ巡ったんだけど特にココロに残った訪問地をピックアップします。

<観光>

【美ら海水族館/海洋博公園】
 美ら海水族館は今回ワタシが訪れたかった観光地のひとつ。海で気をつけるべき生き物が具体的な説明とともに展示されていたり、沖合/黒潮/深海と旅する形で疑似体験できたり、海と共に生きる沖縄ならではの展示が目を引きました。

P1110048
そして何といってもメインは大きなジンベイザメのいる巨大水槽。やはり圧巻でした。

P1110091 P1110084
P1110114 P1110113

 美ら海水族館は海洋博公園内の有料施設ですが、公園内には無料で見学できる施設もいくつかあり、その中のひとつ「オキちゃん劇場」で行われるイルカショーは東シナ海に浮かぶ伊江島をバックに鑑賞できるので開放感満点でした。
ヽ(´▽`)/

【古宇利大橋】

P1110145 P1110138

 約2Kmの古宇利大橋は今や沖縄の人気スポット。エメラルド色の海を二つに分けて真っ直ぐに伸びる橋は確かに見応え充分でした。

<マリンレジャー>

 すでに梅雨入りしている沖縄でしたが、そこは晴れ男のワタクシ。滞在中の3日間、現地では雨知らず。晴れ間すら有り何とかマリンスポーツを楽しむことができました。


P1110148 Banana

 2日目に行った瀬底ビーチは引き潮で泳ぐには少し浅すぎたんですが、バナナボート(↑写真)とUボートに初挑戦。どちらもジェットスキーで引っ張られてスリルを味わうマリンレジャーです。7人で乗ったバナナボートは楽勝。でも定員3人のUボートは横Gが激しく振り落とされそうになるのでしっかり腕で体を支えなければならず着岸時はヘロヘロになりました。
_| ̄|○

<宿泊>

P1100947 P1100921

 旅を楽しむには宿泊先も重要。2日目は国際通り沿いのカジュアルなホテルでしたが、初日に宿泊したのはザ・ブセナテラスという名護市にある大型リゾートホテルでした。
P1100915 P1100930
P1100956 P1100958

 広大な敷地内には、プライベートビーチやプール、海中展望塔などがあり、ホテル内を散策するだけでも南国を存分に楽しめる脱日常の素敵なホテルでした。

<沖縄グルメ>

ホテルの贅沢なディナーや国際通りのステーキハウスのアメリカンなステーキも良かったんだけど、一番気に入ったのはこれ↓

P1110117 P1110124
P1110119 P1110120
 タクシーの運転手さんにオススメのランチを聞いて連れて行ってもらいました。フクギ並木の備瀬集落にある「レストラン岬」さん。意外とあっさりしているソーキそばが最高。オリオンビールによく合うんだこれが!。プチプチ新鮮な海ぶどうとカリッと揚がった島らっきょうの天ぷらもGood。写真撮るの忘れたけど、ゴーヤチャンプルも美味しかった〜。やっぱり、地元人情報は重要だねぇ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 てな調子で5月の週末は旅行尽くしでした。でも浮かれてばかりはいられない。次回は少しまじめに戦争のことを考えたりする、かもしれない。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ