« 宇陀から秋の便りをお届け | トップページ | iOS10ロック画面左下に現れるアイコンの謎 »

2016年9月25日 (日)

結婚式も時代とともに

Img_5034
 先日、会社メンバーの女性から結婚披露宴に招待されて行ってきました。会場はこちら。安藤忠雄氏が設計したという建物はモダンでミニマルデザイン。ミニマルなだけに新郎新婦の個性を演出で大いに発揮できるようになっています。当日は写真好きの新婦らしく写真ギャラリーがゲストをお出迎えしてくれました。ホテル会場とは一味違うおしゃれだけど手作り感に溢れた温もりのあるスペースで感動です。

 結婚式にも参列させてもらったんですが、教会式や神前式ではなく「人前式」でした。参列者が二人の誓いを見届けて証人になるというもので最近のトレンドのようです。今まで参列した結婚式は圧倒的に教会式が多かったのでこれも新鮮に感じました。

 トレンドといえば参列者のドレスコードも昔とは大きく様変わりしているようです。思えばワタシが結婚した時代は、男性の参列者全員が黒のスーツに白のネクタイ&無地のワイシャツでした。ところが昨今は、親戚など一部の招待者を除いてはグレーやネイビーのスーツに色柄の入ったネクタイやシャツなどの着用が多く、男性の参列者もセンスの見せどころとなっているようです。ちなみにワタシは白黒で親戚のオジサンのような「いにしえ」のドレスコードで参列しました(^-^;。

 当日初めて知ったのですが、新婦の高校時代からの友人というこの人も参列。多くの人から祝福されたご両人はとても幸せそう。笑顔がいっぱいの披露宴で参加したワタシも幸せのおすそ分けをいただきました。見届け人の一人として、二人が幸せな家庭を築く事を願わずにはいられません。

時代とともにトレンドは少しずつ変わってゆくけど、
結婚式って、やっぱりええなぁ〜。もう1回しようかな

« 宇陀から秋の便りをお届け | トップページ | iOS10ロック画面左下に現れるアイコンの謎 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

若い二人の門出( ̄∇ ̄)
集うその友人たちも含めたアデヤカサ
結婚式って 生きてるぞって
エネルギー貰えますよね!
いかにも安藤って感じの空間ですよねぇ。
漂ってみたいなぁ。

とか思いつつ

春先にあった姪っ子の結婚式
こちらでは親族でも最近は
黒服を着ない場合が多く
渋めのワインカラーの
ダブルで出馬したら
ヤクザの親分みたいだと
警官をやっている
甥っ子に
お墨付きを貰ったけなぁ
(^^)v

で、ヤッパ
もう一回 やってみた気なりましよネェ
激同!!

高忠さん

ワインカラーのダブルですか〜
警官からのお墨付きなら
間違いなく間違えられます(?)ネ!
( ´艸`)

今時の結婚式は
自作自演のスライドショーやら動画やらが
盛りだくさんで楽しいです。
ホント、もう一回やってみたい(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚式も時代とともに:

« 宇陀から秋の便りをお届け | トップページ | iOS10ロック画面左下に現れるアイコンの謎 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ