« 時間がアイマイなアンティーク腕時計 | トップページ | 白物家電の買い替えの春 »

2016年3月21日 (月)

紫芋焼酎をのみくらべてみた

Img_4402

ようやく芋焼酎ブームもひと段落したようで、タイミングがよければ季節限定の芋焼酎も定価で購入できるようになってきました。紫芋の焼酎が色々な蔵元から発売されているので、昨夜は我が家の紫芋焼酎一気に呑み比べ。( ̄▽ ̄)

写真左から
「紫薩摩 宝山」西酒造
「茜霧島」霧島酒造
「赤霧島」霧島酒造
「薩摩富士 芳醇 紫」濱田酒造

<紫薩摩 宝山>
Img_4401
紫芋の芋焼酎はフルーティーな軽めの味わいのものが多いのですが、宝山の紫は4本の中では最も芋焼酎らしい芋の味が楽しめる焼酎でした。かといって泥臭さはなく、すっきりした味わいなので、「芋は好きだけど芋焼酎はクセがあるから嫌い」という人にはオススメかも。

<茜霧島>
Img_4404
最近、飲み屋でも出回っている季節限定の茜霧島。赤霧島より出荷本数が少ないのでレア感は大きいのですが、ワタシはたまたま先週、近所のスーパーで見つけて購入しました。添え書きに記載のとおり、柑橘系の香りがします。味わいも芋臭さはほとんどなく、芋焼酎の枠を超えた新しいカテゴリーのお酒といった印象です。女性に人気というのも納得です。

<赤霧島>
Img_4405
紫芋の芋焼酎ブームの火付け役とも言える赤霧島。最近は出荷量も多くなったのか、比較的入手しやすくなりました。今春の赤霧島は、昨日妻が大阪のコンビニでたまたま見つけて定価で購入。スコッチの味わいにも似た旨味と芋焼酎の良さが格別の芋焼酎。和食にも洋食にも合う赤霧島。やはりワタシは赤霧島が一番好きかなあ。

<薩摩富士 芳醇 紫>
Img_4403
薩摩富士は安くてうまい芋焼酎ですが、この芳醇紫も例外ではありません。4本の中では最も芋の甘味を感じる芋焼酎ですが、クセがなく大勢でグイグイいくのがぴったりかな。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

« 時間がアイマイなアンティーク腕時計 | トップページ | 白物家電の買い替えの春 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
圧巻ですね
これだけの焼酎を飲み比べてみたなぁ。
自分のブログによくコメントをいただくへるぞうさんから、
「茜霧島」をいただいたことがあります。
とても美味しくて、すぐになくなってしまいました。
美味しい芋焼酎はロックに限ります

わたしは・・この中では 赤霧島くらいですねぇ。
これだけ並ぶと 確かに壮観!

きっと ごはんも 60gじゃあ足りないくらい


って ロックの 肴は ご飯ってことは
ないか ^-^y

くるたんパパさん、

最近人気の茜霧島はフルーティーで飲みやすいですね。ついつい進むので、すぐになくなってしまいますよね。(^-^)
今回の飲み比べは、当然全てロックでいきましたよ(^-^)/

高忠さん、

オカズとご飯を食べながら、お茶代わりにビールを飲んだりするワタシですが、流石にロックの芋焼酎のアテにご飯はいきません(^^;;

最近、紫芋の芋焼酎が色んな酒蔵から出ていますので、飲み比べるとそれぞれの良さがよく分かって、より美味しくいただけますよ(^。^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫芋焼酎をのみくらべてみた:

« 時間がアイマイなアンティーク腕時計 | トップページ | 白物家電の買い替えの春 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ