« 大宇陀の薬草レストラン「ヒルトコカフェ」 | トップページ | 宇陀のダリアは美しい(宇陀松山華参道@HANARARTにて) »

2015年10月18日 (日)

宇陀市菟田野の「八ツ房杉」で果てしない永遠を感じる

 今日は天気が良かったので、菟田野方面にサイクリングbicycle ずっと行こうと思いながら、機会が無くて行けなかった気になるスポット「八ツ房杉」を見に櫻實神社に行ってきました。

Img_3833

神武神話ゆかりの八ツ房杉は、拝殿の奥に鎮座しています。

Img_3822

これが、八ツ房杉です。一つの株が八つの幹に分かれたと言われている巨木です。(一説によると大小6株が互いに癒着したという説もあります。)
推定樹齢は2000年以上!神武天皇が植樹したという伝承が正しければ樹齢2600年だとかw(゚o゚)w。神代の世界の遺物となると、もう樹齢云々は関係ない感じですが。。。

Img_3844

昭和7年に国の天然記念物に指定されたそうです。昭和7年が最近に感じられますが、80年以上も前のハナシね。

Img_3812

幹の部分は苔むしており、まさに「君が代」の世界です。通常、古い巨木を前にすると鈍感なワタシでもスピリチャルな感じが巨木から伝わってくるのですが、ここまで古いと逆に全く生気が無いのに生き続けているようで、永遠の命とはこんな感じ??という不思議な気持ちにさせられました。

Img_3832

神社から見える初秋の景色は穏やかで、青空はやはり宇宙の果てまで続いてゆくのでありました。

« 大宇陀の薬草レストラン「ヒルトコカフェ」 | トップページ | 宇陀のダリアは美しい(宇陀松山華参道@HANARARTにて) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

推定樹齢は2000年以上!!
大地にドッシリ根付いてこれまで起きたいろんなことを
(歴史)ずっと見てきたのでしょうね。

そんな歴史ある樹木の前では、きっと人間は小さくはかなく感じるでしょうね。

なに 2000年以上・・・・って

 それを聞いて ノックダウン ∑(゚◇゚;)

ひとは ちいさいんだねぇ

くるたんパパさん、

2000年以上生き続けているものが
存在しているという事実。
動物では絶対無理ですよねえ。

生きるということの尊さを
感じずにはいられません。

高忠さん、

まさにノックダウンですよ。
人の一生は、樹木のまばたき程の時間。
小さいからこそ濃い時間を
過ごしたいもんですなあ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369187/62105988

この記事へのトラックバック一覧です: 宇陀市菟田野の「八ツ房杉」で果てしない永遠を感じる:

« 大宇陀の薬草レストラン「ヒルトコカフェ」 | トップページ | 宇陀のダリアは美しい(宇陀松山華参道@HANARARTにて) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ