« お気に入りのフレンチイタリアン | トップページ | iPhoneを定規代わりに使ってみる »

2015年8月23日 (日)

大宇陀から三田に引っ越した「パン工房 のら」

数年前のおハナシです。
SNSで大宇陀の田原というところに美味しいパン屋さんがあるという噂を聞き、MTBを走らせました。そこはワタシのサイクリングコースである宇陀松山よりも更に吉野川方面へ向かう山の中。最後の登りは結構な傾斜でヒイヒイ言いながら駆け登ったものです。bicycle

<2010年5月撮影>
P1020078 P1020077

  目印があまり無いので場所がわかりにくいとは聞いていたのですが、板に書かれた看板が道路脇にポツンと置かれているだけ。スロープを登ると普通の民家があり、お店という雰囲気は皆無。最初に訪れたときは想像以上に見つけるのに苦労しました。coldsweats01

しかし! 
味も噂どおりで、買ったパンの美味しかった事!!

P1020922

外はパリッとしていて中は、もっちり天然酵母の良い香り。
以後、美味しいパンが食べたくなると車かMTBを走らせて買いに行くようになりました。

ところが、、、
今から2年ほど前、兵庫県の三田に引っ越すためまもなく閉店との貼り紙が石窯の横に。

引越し後の去年、ブログなどを確認すると新しいお店はイートインもできるようになっているらしい。
う〜ん、久しぶりに食べたい!!

という事で、お盆休みを少しずらせた夏休み後半。有馬温泉1泊旅行に向かう前、寄り道をして神戸市三田の「パン工房のら」さんに行ってきました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

三田市といっても、かなり山奥の永沢寺というところです。久しぶりにお会いしたご主人に話を伺うと、標高は550m(大宇陀は標高350m)なので、大宇陀に居るときよりも想定外に寒さが厳しいとのこと。大宇陀に居るとき『冬は寒いからフリースを2枚重ね着するんです〜』と言っていた寒がりのご主人。
大丈夫かいな??(^-^;

<以下 2015年8月17日撮影>

_1070213 _1070209

看板はグレードアップ! 味のある素敵な看板になっていました。

_1070210

お店は鉄作家さんの工房を改装して作られたそうで、独特の雰囲気です。

_1070201 _1070202
店の中はこんな感じ。アンティークな木の椅子とテーブルで落ち着いて食事を楽しめます。カウンターの奥にはまだ新しい自作の石窯が設えてあり、この石窯でパンやピザが焼かれます。

_1070203

ピザを注文すると、石窯で温め直してカットして出してもらえます。パン生地の酵母の香りと適量にトッピングされたチーズがマッチして絶妙です。

我が家からかなり遠くなってしまいましたが、また機会があれば訪れたいと思います。

« お気に入りのフレンチイタリアン | トップページ | iPhoneを定規代わりに使ってみる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

シンプルな看板は変わらないですね

お店の外装にお金をかけていない分、窯にはこだわりがあるようですね。
見せかけだけのパン屋さんが多いなか、
本物のパン屋さんを感じました。

うまそうやん!!

 って あの白窯 白いレンガ?なんでしょうか!

今度 連れて行ってもらいましょうか!
 (⌒・⌒)ゞ

くるたんパパさん、

ここのパンは、主人が一つ一つ手で捏ねてから石窯で焼き上げるそうです。酵母も自家製だし、国産の小麦など原料にもこだわっているそうなので、美味しくないわけがありませんよね(^o^)

高忠さん、

白い煉瓦の配列が、なんだか造形的にもそそる石窯でしょ。外には薪がたくさん積んでありました。
今は我が家からも遠くなりましたが、北海道からに比べればかなりご近所。お連れしますよ(^o^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369187/61289208

この記事へのトラックバック一覧です: 大宇陀から三田に引っ越した「パン工房 のら」:

« お気に入りのフレンチイタリアン | トップページ | iPhoneを定規代わりに使ってみる »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ