« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月29日 (土)

iPhoneを定規代わりに使ってみる

100cm_3
 外出先で急に何か長さを測る必要に迫られた時、どうしますか?
常にメジャーを持ち歩く人は少ないと思いますが、いつも持ち歩く携帯電話が定規代わりになれば便利。 ‥ということで、今日紹介するのはiPhone用の定規ソフト、
その名も「100cm定規」

<画面キャプチャ>

Img_3666

iPhoneの画面上に表示されるスケールは中途半端なサイズから始まりますが、iPhoneの端が基準になって目盛りが刻まれているのでiPhoneの上端を合わせればうまくいきます。短いものを測るのはこれだけでOK。
 でも10cmあまりのiPhoneでどのようにそれ以上の長さを測るのか???

Img_3667_2

Img_3673_2

このように画面を押さえながらiPhoneをスライドさせます。

Img_3676

Img_3670

これを繰り返せば100cmまで測れます。画面を押さえる時に手と指を固定しておく必要がありますが、慣れれば結構簡単に測ることができます。シビアに正確さを求める測定はできないと思いますが、イザという時には便利なソフトです。
入れておいて損は無いと思います。(*゚▽゚)ノ

2015年8月23日 (日)

大宇陀から三田に引っ越した「パン工房 のら」

数年前のおハナシです。
SNSで大宇陀の田原というところに美味しいパン屋さんがあるという噂を聞き、MTBを走らせました。そこはワタシのサイクリングコースである宇陀松山よりも更に吉野川方面へ向かう山の中。最後の登りは結構な傾斜でヒイヒイ言いながら駆け登ったものです。bicycle

<2010年5月撮影>
P1020078 P1020077

  目印があまり無いので場所がわかりにくいとは聞いていたのですが、板に書かれた看板が道路脇にポツンと置かれているだけ。スロープを登ると普通の民家があり、お店という雰囲気は皆無。最初に訪れたときは想像以上に見つけるのに苦労しました。coldsweats01

しかし! 
味も噂どおりで、買ったパンの美味しかった事!!

P1020922

外はパリッとしていて中は、もっちり天然酵母の良い香り。
以後、美味しいパンが食べたくなると車かMTBを走らせて買いに行くようになりました。

ところが、、、
今から2年ほど前、兵庫県の三田に引っ越すためまもなく閉店との貼り紙が石窯の横に。

引越し後の去年、ブログなどを確認すると新しいお店はイートインもできるようになっているらしい。
う〜ん、久しぶりに食べたい!!

という事で、お盆休みを少しずらせた夏休み後半。有馬温泉1泊旅行に向かう前、寄り道をして神戸市三田の「パン工房のら」さんに行ってきました。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

三田市といっても、かなり山奥の永沢寺というところです。久しぶりにお会いしたご主人に話を伺うと、標高は550m(大宇陀は標高350m)なので、大宇陀に居るときよりも想定外に寒さが厳しいとのこと。大宇陀に居るとき『冬は寒いからフリースを2枚重ね着するんです〜』と言っていた寒がりのご主人。
大丈夫かいな??(^-^;

<以下 2015年8月17日撮影>

_1070213 _1070209

看板はグレードアップ! 味のある素敵な看板になっていました。

_1070210

お店は鉄作家さんの工房を改装して作られたそうで、独特の雰囲気です。

_1070201 _1070202
店の中はこんな感じ。アンティークな木の椅子とテーブルで落ち着いて食事を楽しめます。カウンターの奥にはまだ新しい自作の石窯が設えてあり、この石窯でパンやピザが焼かれます。

_1070203

ピザを注文すると、石窯で温め直してカットして出してもらえます。パン生地の酵母の香りと適量にトッピングされたチーズがマッチして絶妙です。

我が家からかなり遠くなってしまいましたが、また機会があれば訪れたいと思います。

2015年8月16日 (日)

お気に入りのフレンチイタリアン

お気に入りのレストランを決める基準は人それぞれ。
ワタシの基準は

  1. シェフのプロ意識が高い
  2. コストパフォーマンスが良い
  3. ゆっくりくつろげる

そんなお気に入りのフレンチイタリアンに、お盆のプチ帰省の帰りに立ち寄りました。

<大阪鶴橋のフレンチイタリアン ”ラ・ローザ”>

Favorite

 こちらのマルゲリータは薄皮の生地としっかり味付けされたトマトソースの相性が抜群です。イタリアンバルはソースにこだわる店が少ないのですが、こちらのシェフはフレンチ出身なので、ソースがどれも絶品です。シェフは一人しかおらず、注文してからオーナーシェフが自ら調理を始めます。そのため混んでいる日はなかなか料理が出てきませんが、その分ゆっくりとワインを楽しめます。

 この店に行くといつもコース料理ではなく、その日の気分で好きなモノを単品で注文します。この日も妻と二人で、上の写真の料理以外にスパークリングのフルボトル1本とサラダを注文!
w(゚o゚)w

フルボトルのワインを2本空けて、料理をお腹いっぱい食べても結構財布には優しい。帰宅するのに電車で1時間あまりかかるのですが、それを差し引いても値打ちのあるお店です。こんな店が近所にできたらええのになあ〜。

2015年8月 9日 (日)

「花火とTシャツと私」な夏

sun暑い日が続きます。sun
この時期、上はTシャツ1枚でウロウロなワタシですが、個人的なTシャツのお気に入りNo1メーカーは、Barns Outfittersです。中でも吊り編み機で編まれた生地のTシャツは着心地がサイコーで手放せません。

_1070056

 このTシャツ何の変哲も無いようですが、丸胴という仕上げ方法だそうで両脇の下に縫い目がありません。お腹が出てくるとミョーに脇下の縫い目のタグがお腹を刺激しますが、その心配が全くなしです。ま、腹をへっこめれば済む事ですが、寄る年波には腹も逆らえずってな事で。。。(^-^;

_1070057

 この製品は和歌山に現存する大正時代の吊り編み機でテンションをかけずに編んでいるため、肌にぴったりだけど締め付け感が全く無い不思議な着心地です。

Img_3624

 吊り編み機で編んだ生地使用の服についているタグです。吊り編み機についてはこちらのサイトで特徴がわかりやすく説明されています。(Barnsの生地がこちらのモノかどうかは不明ですm(_ _)m)

_1070060

 また、ネック部分はリブ編みで伸縮性が高いので、首周りがタランタランになりにくく耐久性が高いのも魅力です。

_1070062

 Tシャツの価格としてはちょいと値が張るのですが、バーゲンの時期にタイミングが合えばラッキー。ワタシは今年もバーゲンで買いました。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

そして、夏といえば花火。
昨日、8月8日は「なにわ淀川花火大会」があり、妻の実家の3Fのベランダから花火見物を行いました。

<2015年8月8日 なにわ淀川花火大会>

_1070088 _1070094
_1070106 _1070108

 屋上のベランダからの撮影のため、どうしても隣家の屋根やら電線が写り込んでしまうのですが、妻の実家は打ち上げ場所から近いので、迫力のある花火をゆっくりと楽しむことができました。家で花火見物できるのは良いものです。

それにしても、花火の撮影は難しい。(´□`。)°゜。。
来年はもう少し研究して良い写真が撮れるように、再チャレンジしてみます。camera

2015年8月 2日 (日)

盂蘭盆施餓鬼会(うらぼんせがきえ)

Img_3582

今日は菩提寺で盂蘭盆施餓鬼会(うらぼんせがきえ)が行われたため、大阪まで詣ってきました。我が家の菩提寺は善福寺という真言宗のお寺です。このお寺は通称「どんどろ大師」と呼ばれ、歌舞伎や浄瑠璃の「傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)」で母と娘が再会する舞台として知られています。

Img_3584

門前には、再会した親子「お弓とおつる」の像が建立されています。何年か前の法会の際には、人形浄瑠璃の人形遣いの方が講演された事もあり、アカデミックなお寺です。

Img_3586 Img_3591

  10時からの法会は例年どおり10名以上の僧侶による読経が1時間強あり、その後、順番に先祖の塔婆を供養していただきました。全て終わるまで、約2時間弱。我が家のお盆は毎年この盂蘭盆施餓鬼会から先祖供養が始まります。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ