« 50おとこの九州旅行記(雲仙地獄 編) | トップページ | 「MUJI to Relax」で夢見心地?? »

2015年2月28日 (土)

50おとこの九州旅行記(島原 編)

1月からこのネタで引っ張ってきた九州旅行記ですが、いよいよ最終回です。
今回は九州旅行最後の訪問地 島原の様子をご紹介します。

_1060037_2

 島原は雲仙普賢岳の伏流水が湧出する水の都です。
小径の脇の水路には色とりどりの鯉が泳いでおり、人影が見えると餌を求めて集まってきます。


<湧水庭園「四明荘」>

_1060042

島原市は観光客をもてなすスポットが充実しています。
この「四明荘」もそんなスポットのひとつで、
湧水を利用して作られた庭園の有る無料の休憩所です。

_1060044_3 _1060058_2

 中に入ると和服を着た上品なスタッフさんが出てきて、
japaneseteaお茶を飲んでゆっくりして行ってください。』とおもてなしいただきました。

湧水源となっている庭の池には数多くの錦鯉が泳いでおり、
camera写真を撮りましょうか?』とカメラマンまで引き受けてくださいます。

普通の観光案内所とは一味違います。


<しまばら湧水館>


「四明荘」のすぐ近くにもう1件無料の休憩所「しまばら湧水館」があります。

_1060060 _1060061

 こちらは地元の観光協会が管理している休憩所です。ここも旧家を利用した趣のある無料の休憩所です。

 誰にでもフレンドリーに話しかけるのを特技とする(ていうか大阪のオバちゃんの特徴??)妻が、受付のお姉さんに地元の方が利用するランチ情報を聞き出しました。

お姉さんによると郷土料理の「具雑煮」がオススメとのこと。観光客は「姫松屋」さんという老舗店が人気だそうですが、地元の人は商店街にある「銀座食堂」をよく利用するそうです。

When in Shimabara,do as the Shimabarans do!’
(郷に入れば郷に従え)

てな事で迷わず「銀座食堂」へGo!



<銀座食堂>


_1060088

 イイ感じに昭和レトロな商店街に、その店は在りました。注意して探さないと見落としそうな門構えでしたが、なんとか発見!
かの吉永小百合さんが映画「まぼろしの邪馬台国」のロケでこちらに来たそうです!

_1060070 _1060068

 扉を開けると細長い廊下がズドンと見通せ、右側は暖簾で仕切られた座敷席、左側は手前がテーブル席で奥が調理場という不思議だけどなんだか懐かしい店構え。まさに昭和の食堂、看板に偽りなし! 靴を脱いで暖簾をかき分け畳の座敷席へ。注文したのはもちろん具雑煮。

_1060078 _1060081

 待つこと数分。お餅に隠れて中の具がほとんど見えないので、程よい柔らかさのお餅を少し食べて底から箸でひっくり返すと、中には沢山の種類の具が出てきます。それら具の旨みが醤油ベースの出汁に出ていて絶品。
これは、美味い!!
味に「やさしさ」という感じ方があるとすれば、まさしくこれは「やさしい味」です。
出汁一滴残さず、完食いたしました。ごちそうさまでした。

_1060084

 ふと暖簾の向こう側の廊下に目をやると、ガムの自販機。
100円入れると10円玉5枚とガムが出るそうです。
100円玉以外は受け付けないイサギ良さ! 
買ってみればよかったなあと、今更ながら後悔しているワタクシでした。ヾ(_ _*)


<島原城>


 具雑煮でココロとオナカを満たしたあとは、車で数分のところにある島原城を訪れました。江戸初期に築城された島原城ですが現在の天守閣は昭和39年に復元されたものだそうです。

_1060102 _1060104

  均整のとれたシンメトリーな天守閣は、もう少し形に変化があれば個性的なのですがが、スッキリしていて美しいお城です。

_1060112 _1060114

 島原城を築城した松倉重政はキリシタンを弾圧した藩主です。その天守閣内に今はキリシタン資料館があり、島原の歴史は制圧する側とされる側の闘いの歴史でもあります。最上階の展望所からは、穏やかな島原湾や普賢岳の向こうには平成新山(溶岩ドーム)も望むことができます。


<武家屋敷>


_1060093 _1060098

 島原城の近くには、城下町の面影が色濃く残る武家屋敷跡があります。
いくつかの屋敷は中を自由に見学できるように解放されています。
通りの真ん中には水路があり、昔は飲料水としても利用していたそうです。
さすが、湧き水の町です。

_1060092_2 _1060121

 通りの一角にある売店で「かんざらし」をいただきました。
「かんざらし」とは白玉団子を湧き水で冷やして特製の蜜と一緒に食べる、素朴な味のご当地スイーツです。
やはり、旅の最後も食い気に走った夫婦でした。(o^-^o)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 今回の九州横断の旅。欲張って色々なところに行きましたが、それぞれに特徴があって魅力的な町ばかりでした。
次、九州に行く機会があれば、今度は縦断してみたいなあ。

« 50おとこの九州旅行記(雲仙地獄 編) | トップページ | 「MUJI to Relax」で夢見心地?? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いいねえ! いや いい!!

絶対に 行きますから!!

島原城! 3Dソフトの練習問題みたいに
天から見るとキット綺麗にスクエアな感じでしょうねえ。
素晴らしい。。

って 座敷に首なしの夫婦の写真
 おっととっと∑(゚◇゚;) と 焦りましたから。

して 
クレジットカード破産は
まぬがれた?

高忠さん、

島原は、当初の予定に無かったのですが
とても居心地の良い町でしたよヽ(´▽`)/

美男美女なのがバレると大変なので
首なし夫婦に修正しました(/ー\*)

クレジットカード破産は
宣告書が先日届き、戦々恐々デス。。。

おはようございます

なんかタイムスリップしたみたいですね

きちんと正座したご夫婦!
服装なども落ち着いていて、
イメージとピッタリです。

我が家は夫婦で旅行するのは定年過ぎてからだろうなぁ

くるたんパパさん

タイムスリップ。まさにそうでした。
島原は江戸〜昭和、色々な時代に
逆戻りできる心和む町でしたよ。
(*゚▽゚)ノ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369187/58897165

この記事へのトラックバック一覧です: 50おとこの九州旅行記(島原 編):

« 50おとこの九州旅行記(雲仙地獄 編) | トップページ | 「MUJI to Relax」で夢見心地?? »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ