« 50おとこの九州旅行記(別府地獄めぐり編) | トップページ | 50おとこの九州旅行記(長崎ハウステンボス編) »

2015年1月24日 (土)

50おとこの九州旅行記( 佐賀編)

今日のブログは大分を出発して佐賀へのグルメ旅をご紹介します。
大分から佐賀へは大分自動車道と長崎自動車道を使って移動しました。
Vitz
旅行中、レンタカーで使用したのは赤のトヨタヴィッツ。荷物二人分を乗せて移動するにはジャストサイズでした。燃費も良いし、色が赤なので駐車場でもすぐに発見できる点もGood。レンタカーは目立つ色が一番です。

<別府湾SA>
移動の前に別府湾SAの「玄林館」で腹ごしらえ。
_1050307 _1050308
別府のB級グルメといえば「とり天」だそうです。知ってました??
ワタシは全く知らなかったのですが、サービスエリアでも別府名物としてメニューに載っていたので、迷わず注文。ワタシは「とり天カレー」で妻は「とり天定食」。とり天はあっさりしていて美味でした。
 ところで、この別府湾SAは湯布院の三名宿のひとつ「山荘 無量塔(さんそう むらた)」の経営者がプロデュースしているそうで、とてもお洒落でクオリティが高い!
ワタシが食べたカレーも普通のサービスエリアで食べるカレーとはひと味違うスパイシーな風味でVeryGood。公園のようなSA内には他にも独立戸建のおしゃれなイタリアンレストランや蕎麦屋があり、大分自動車道を利用するなら是非立ち寄りたいSAです。

<唐津湾>
Img_0001
唐津の宿は少し豪勢に「唐津シーサイドホテル」を予約しました。ジャック・マイヨールが常宿としていたこのホテルの西館は部屋から望むオーシャンビューが素晴らしく、いつまでも海を眺めていたい気分になります。
大浴場もオーシャンビューで爽快そのものでした!

_1050334 _1050345
夕食はホテル内の日本料理店「松風」でコース料理をいただきましたが、やはり佐賀といえばイカの活き造りがメイン。透明なイカは新鮮そのもの。生姜醤油でいただくと美味しさが引き立ちます。残ったゲソは塩焼きにして、出してもらいましたが、適度な歯ごたえがたまりません。ヽ(*≧ε≦*)

_1050364 _1050370
翌日の朝食はバイキング。昨日、お腹いっぱい食べたから、少しにしておこうと思ったけれど、海鮮丼をその場で作ってもらえると聞いたら、頼まないわけにはいきません。しっかり、食べきってしまいました。(*^-^)

<呼子の朝市>
_1050401 _1050399
呼子の朝市は日本三大朝市のひとつだそうですが、正月休みが明けた閑散期で、迷いながら行ったため朝10時を過ぎたため、幸か不幸か人影もまばら。でも、親族への土産は、海に行ったらこれらが一番。宅配便で送ってもらえるので、色々と組み合わせて購入しました。

<イカ活き造り 河太郎>
_1050417 _1050421
昨夜、ホテルであれほどイカを堪能したはずの我々でしたが、佐賀に立ち寄った理由が呼子のイカを食べる事だったので、迷わず昼食も河太郎さんでイカの活き造り定食。
イカの刺身の、まあ、甘いこと。足はパタパタ、目の周りのエメラルドグリーンはキラキラの烏賊。活きの良いシルシです。

_1050424 _1050425
イカシュウマイも絶品です。で、ゲソは今回はてんぷらでお願いしました。前日、ゲソは塩焼きだったので、てんぷらでお願いしたものの、完食できるかな??と一瞬不安になりましたが、脂っこさが全くなくサクサクで美味しい〜。一瞬で完食でございました。河太郎さんのイカの天ぷら、かなりオススメです。

これで、当分イカはイイカ〜。っていうか、こんな美味しいイカを食べてしまうと、普通のイカには戻れないわなあ、きっと。
季節によってイカの旬はアオリイカとヤリイカが変わるようだけど、今回は冬の訪問だったのでアオリイカでした。また、ヤリイカのシーズンにも訪れたいなあと、思わずにはいられませんでした。ごちそうさまでした。

「50おとこの九州旅行記(長崎ハウステンボス編)」に続く

« 50おとこの九州旅行記(別府地獄めぐり編) | トップページ | 50おとこの九州旅行記(長崎ハウステンボス編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

おはようございます

イカネタ、かぶりましたねcoldsweats01
新鮮なイカであることが画像見ただけでもわかりますね

オーシャンビュー
すばらしい!

朝食のバイキングもお皿が洒落ていていいですね。
ノンビリ、旅行したくなってきましたよ。

ココログにいいねボタンがあったのですね。
知りませんでした。
早速、設置してみます

くるたんパパさん

烏賊かぶり、失礼しました(^-^;
バイキングのお皿は、普通のもあったのですが
前日もかなりボリュームがあったので
少しずつ取れるお皿に入れました。

ココログのいいねボタン、
そういえば何時からついてるんだろ?
意識していませんでした(゚ー゚;

どちら様も
イカが大好きなわたしに
目の毒を たくさん ありがとうございまーす!!

して トリ天 ( ̄ー ̄)

知ってはいるけど 行ったことないしなあ。
うまいもの市 なんかも 来ないしなあ。

いいなあ と 画面の向こうで
指をくわえている ワタシですから!

高忠さん、

イカにも目の毒な写真の数々、
失礼しましたm(_ _)m

トリ天は天ぷらですが
クドさが無いので、結構がっつりイケますよ。

北の国のうまいもの市は全国各地に
行くことはあっても北の国に来ることは
ないんでしょうか?
それだけ、北の国に美味しいものが多い
シルシですよ(o^-^o)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369187/58590199

この記事へのトラックバック一覧です: 50おとこの九州旅行記( 佐賀編):

« 50おとこの九州旅行記(別府地獄めぐり編) | トップページ | 50おとこの九州旅行記(長崎ハウステンボス編) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ