« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月27日 (日)

iPhoneを探すのに、あたふた。

Findlogo
最近、物忘れが激しくて困っているワタシ。despair
昨日も買物、近場の日帰り温泉と休日お決まりのパターンの行動後、帰宅したのですが愛用のiPhoneが見つからず大騒ぎ。sad
普段置かないような場所を念には念を入れて探しても無い!。 車に置き忘れたのでは??と見に行っても無い!!。 お出かけ用のトートバッグをひっくり返しても出て来ない!!!。 マナーモードにしているので、電話をかけても鳴らないし、バイブが振動している様子も無い。。。

はてさて、どうしたものか…

そうだ、iCloudを利用してiPhoneを探そう!!

という事で、今日は
iCloudを利用して自宅のMacから見つからないiPhoneを探す方法と
iOS用のアプリ「iPhoneを探す」で探す方法をご紹介します。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

<準備>※必須です※
 まず、探す対象デバイスの「iPhoneを探す」をあらかじめ有効にしておかなければ、探し出す事はできませんので、事前に設定を確認しておく必要が有ります。(失ってから設定しようとしても手遅れですのでご注意を)

設定>iCloud>iPhoneを探す
Find0 Find00
「iPhoneを探す」をオンにしておけば、下記の方法で簡単に他のデバイスからiPhoneを探し出す事ができるようになります。

<iCloudを利用してMacからiPhoneを探す方法>
 SafariなどのWebブラウザーソフトからiCloudのサイトを開きます。
https://www.icloud.com/

【ログイン画面】
Find0_2
ログイン画面で見つけたいiPhoneのAppleIDとパスワードを入力します。AppleIDとパスワードが分かっていれば、家族や友達のiPhoneを探し出す事も出来ます。

【iCloudメニュー】
Find1
iCloudのメニューから「iPhoneを探す」を選択します。

【デバイスの位置】
Find2_2
同じAppleIDのデバイスが地図上に表示されます。ワタシは、iPhone,iPad,Macと3つのデバイスを一つのAppleIDで管理していますので地図上に3つのデバイスが出てきました。地図はもちろんズームイン、ズームアウトが可能です。
この検索で、ワタシのiPhoneはワタシの身近に隠れている事がわかりました。

位置情報はWiFiやLTE,3Gなどで特定されますのでいずれかに接続されている状態でなければ検出が出来ません。また、位置精度に環境によっても若干の幅が有りますので、家の中のどこに有るかまでは分かりません。(上記のスクリーンショットでは3つのデバイスが色々なところに置いているように表示されていますが、実際は同じ場所に置いています)

デバイス名の横の「i」マークをクリックすると、そのiPhoneに対して遠隔で操作を行う事が出来ます。
【デバイスの操作】
Find3
 自分の近辺に有る事が分かれば「サウンド再生」を選びましょう。すると大きな音で警告が鳴ります。これは、iPhoneがマナーモードに設定されていても鳴り響きますので用意に見つけ出す事ができます。

 もし、近くに無い場合は「紛失モード」で遠隔操作が可能です(iOS7の場合)。
失ったiPhoneにパスコードを設定していない場合は先ず遠隔操作によってパスコードを設定してください。これで拾った人が勝手にiPhoneを使うリスクは軽減します。
「紛失モード」なら入力したメッセージを表示させて、指定の連絡先に電話をかけてもらうようにお願いをする事も出来ます。この場合その指定の連絡先のみ失くしたiPhoneから電話をかける事が可能になります。

<iPadアプリからiPhoneを探す方法>
Find4 Find5
iPadやiPhoneのiOSアプリ「iPhoneを探す」でもiPhoneを見つける事が出来ます。見つけ方や出来る事はiCloudとほぼ同様です。友達のiPhoneを探してあげるのに、このiPhoneアプリを利用すれば手軽で良いかもです。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

で、ワタシのiPhoneはどこにあったかといえば、、、

いつも携帯を置いておく場所に鎮座していました。。。
夢の中へ〜夢の中へ〜
ウフッフ〜〜、さ〜あ〜♪
ヽ(;´Д`ヽ)(ノ;´Д`)ノ

2014年7月21日 (月)

3連休のドライブ

久々に娘も息子も連休に休みがとれるという事で全員集合!
家族旅行を楽しんできました。

Img_2389_2
こんな広〜いところで、、

_1040500 _1040499
ジャージー牛達が放牧されていたり

_1040459
こんな昔ながらの温泉街の奥では、、

_1040463
開放感満点の混浴露天風呂のすぐそばでフライフィッシングを楽しむ釣り人がいたり

_1040533
たくさんの漁船が停泊する漁港の近くで、、

_1040553
こんなブロンズ像が歩道沿いに展示されていたり

さて、ワタシはどちら方面に行ったでしょうか!?

途中豪雨に見舞われたりしながらも、息子と交代で運転しながらの家族旅行は、
とても楽しかったです(*^-^)v
明日からみんな仕事、仕事。ガンバロ〜。

2014年7月13日 (日)

Google Maps 3.2.0 ちょいと機能強化したようで。。

Google
小さなアップデートを重ね続けているGoogle Mapsですが、先日iOS版がVer3.2.0にアップデートされました。

今回のアップデートで追加された新機能「検索結果と説明」を簡単にご紹介します。

Img_2357
GoogleMapsアプリ上で検索した結果をタップすると下記のような詳細な説明が表示されるようになりました。

Img_2358

PC版のGoogle Mapの情報も含めて一元管理されているようで、過去にGoogle Map で保存したスポットから類推される情報を「オススメ」として提示するようになったようです。余計なお世話といえば余計なお世話ですが、、、(^-^;
上記の他、ストリートビューや投稿写真、ウェブサイトやGoogleユーザーからの評価・クチコミ等、様々な情報が一元的に確認出来るようになっています。

このように、今後ますます個人のPC環境とモバイル環境の情報が融合してゆくのでしょう。ネット上に登録した個人情報はビッグデータとしてどこかのサーバに記録蓄積されて何らかの情報として反映されて行く。。
G社が同様だとは言いませんが、B社の事件を例に挙げるまでもなく、個人情報漏洩の問題が後を絶ちません。ネットに個人情報をインプットするという事は、丸裸とは言わないまでも、パンツ一丁で公道を歩くのだというくらいの覚悟は必要なんだなあと思う今日この頃であります。think

2014年7月 5日 (土)

「2048 for iPhone」にハマる

2048
世界的にハマっている人が多いというパズルゲーム「2048」
ワタシも最近ハマり始めました。

遊び方はいたって簡単なのですが、説明するとなると非常に難しいので
「遊び方」のスクリーンショットからご紹介します。
Img_2352 Img_2353
Img_2354

ゲームの目的は単純。隣り合う数字を合わせて2048の数字を作る事。

つまり、、
2+2=4
4+4=8
8+8=16
16+16=32
32+32=64
64+64=128
128+128=256
256+256=512
512+512=1024
1024+1024=2048
というわけですが、これを4×4のマス目の中で動かしながら揃えるのがムツカシイ。

1回スライドさせるたびに、空いているスペースにランダムに「2」か「4」の数字がひとつ出てくるので、序盤は空きスペースが多く何も考えずにシャカシャカとスライドでOKでも、空きスペースが少なくなると思考が必要となります。
慣れてくると、自分なりのコツのようなものが掴めるのですが、しばらくすると壁にぶち当たる。それでもやっていると、また新しいコツのようなものが掴めて、しばらくすると壁にぶち当たるの繰り返し。。。
ハマる要素満載です。ε-( ̄ヘ ̄)┌

Img_2355
ワタシは未だ1024までしか作れていません。
『2048 コツ』でググるとたくさん出てきました。
どうやらいくつかのセオリーを体得すれば、2048は当たり前のように作れるようです。ワタシもこれを参考に、工夫してやってみよう。(* ̄0 ̄)ノ

まだ、しばらくはハマりそう(^-^;

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ