« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

「耳年齢チェック! for iPhone」 あなたの耳は大丈夫??

Resound
 幼い頃、家の近くに有ったJR(当時は国鉄)の高架をくぐる道路を歩くのがとても嫌でした。というのも、高架をくぐるタイミングで上を電車が通過すると、耐えられない程うるさく感じたからです。ところが、歳を重ねるとともに全くうるさく感じなくなり、今や平気の平左。ガード下の呑み屋で何時間居ても大丈夫です。( ̄◆ ̄;)
これは、高架工事の技術向上もトーゼンあるのでしょうけど、ワタシ自身の加齢に伴う聴力の低下が大きな原因?と思うのであります。

今日、ご紹介するアプリ「耳年齢チェック!」は自分の耳年齢が年相応かどうか簡単にチェックができる興味深いソフトです。

<ホーム画面>
Img_2314
操作方法は簡単です。再生ボタンを押すと耳年齢相応のモスキート音が3秒程度鳴り響きます。ワタシは10,000Hz(60歳以下)ならハッキリと聴こえますが、12,000Hz(50歳以下)はほぼ聴こえず、14,000Hz(49歳以下)は全く聴こえないという、年相応の結果が出て、嬉しいような悲しいような。。。

これホントに年相応のようで、ワタシも妻もが全く聴こえない16,000Hz(30歳以下)を何度も再生すると、うちの息子に「うるさいなあ!」と怒られる始末(゚ー゚;

<目で観て確認画面>
Img_2318
このモードでは周囲の音も含めた環境音をデシベル表示で表します。39歳以下を選択すると15,000Hzのモスキート音が確実に鳴っているハズなのですが、50おとこのワタシには全く聴こえません。(ノ_-。)

Img_2319
こちらは、山崎まさよしの「WITH STRINGS」というライブCDを我が家のステレオで鳴らしている時の環境音です。ワタシは12,000Hz以上の音を全くカットしてこのCDを聴いているという事になります。ん〜チョット複雑。。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

聴こえていたハズの音が、加齢によって聴こえなくなってくるという現実を突きつけられる、これはある意味残酷なソフトです。
でも耳で聴こえなくなってくる分、人間は加齢と共にココロで聴くようになるんだ!!というと、強がりに聞こえるんだろうなあ???(^-^;

2014年5月25日 (日)

大阪中之島公園のバラ園。春バラが満開です!

中之島公園バラ園が今、春バラの見頃を迎えています。

Img_2224

勤務先のすぐ近くなのでウィークデーのランチ後、息抜きにちょいと鑑賞してきました。(*^-^)

Img_2197 Img_2266

このバラ園は2009年のリニューアル後パワーアップして、現在では300種類以上の薔薇が植えられているそうです。

Img_2225 Img_2199

様々な国の美しい薔薇をiPhoneで撮影camera

Img_2234 Img_2257
Img_2284 Img_2254

<ワタシの今年のイチオシはこれ> 
「ブラスバンド」
Img_2214

まさに都会のど真ん中にある憩いのオアシスでした〜

Img_2222

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

2014年5月18日 (日)

お気に入りの日帰り温泉(奈良・三重)

今日は我が家から気軽に行けるオススメの日帰り温泉をいくつかご紹介します。

1)曽爾高原温泉 「お亀の湯」(奈良県曽爾村)

Img_0228
「お亀の湯」はススキの名所として知られる曽爾高原の曽爾高原ファームガーデン内にある日帰り入浴施設です。

<泉質>
ナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性/アルカリ性/高温泉)

(お気に入りポイント1)
ぬめり感の強いお湯はカラダをじんわり温めてくれます。10人ほど入る事の出来る源泉掛け流しの「源泉風呂」ではその泉質を堪能できます。また露天風呂も比較的広くて、天気のよい日は鎧岳や兜岳の素晴らしい景色が味わえます。

(お気に入りポイント2)
施設内の食堂「おかめ庵」で食べる「けんずい定食」
Img_1939 Img_0999
要するに卵かけ御飯定食なのですが、地元でとれた新鮮野菜のかき揚げとひじき等の総菜一品がついています。卵は地元のものではなく岡山の「美作の月」という卵を使用しているそうです(メニュー発売開始当初にメモに書いてあった。たぶん今も「美作の月」を使っているハズ)。いずれにしても新鮮で美味しい卵なのでワタシはほぼ毎回、これを注文します。(*^-^)

(一言メモ)
人気の温泉なので、特にススキのシーズンや花見シーズンの土日はとても混雑します。ワタシは混雑を避けるため土日なら夕方遅めに出かけて月見風呂を楽しむようにしています。

2)島ヶ原温泉 やぶっちゃの湯(三重県伊賀市)

Yabu1
「やぶっちゃの湯」の所在地は三重県ですが、奈良県・京都府・滋賀県の県境に位置するため他府県からの利用客も多い人気の日帰り温泉です。

<泉質>
ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩泉(等張性/中性/温泉)

(お気に入りポイント1)
等張性(人間の体液に近い浸透圧)の温泉なので長湯しても疲れません。入っているときはヌルヌルで湯上がりの肌はスベスベするワタシの好きな「ぬるすべ系」のお湯です。

(お気に入りポイント2)
P1030086
敷地内には地元で穫れた野菜の直売所「野良じまん」が有ります。もちろん野菜も安くて新鮮で美味しいのですが、すぐ横の加工工房で地元のおばさん達が手作りしている「よもぎ餅」もこちらで販売しており、出来たてはやわらかくて絶品です。

(一言メモ)
こちらにも源泉風呂が有りますが、3人入れば満員の小さな湯舟でしかもぬるいお湯なので皆さん長く浸かるため、余程ラッキーでなければ入る事が出来ません。


3)その他のオススメ温泉

spa赤目温泉 山水園 山の湯
Akamesansui
赤目四十八滝で有名な赤目に有る温泉旅館です。今はどうかわかりませんが、2年程前に行った時は日帰り入浴できました。温泉は宿の離れの別棟にあり、とても風情が有ります。

spaたかすみ温泉 たかすみの里
Takasumi
奈良県東吉野村に有るこの温泉は、キャンプシーズンは混み合うようになってきましたが、以前は利用客の少ない穴場の温泉でした。周りには緑しかなく(笑)、時間だけがゆっくりと流れる癒しの温泉です。先日夜に行った時は、帰り際、受付の人に「鹿に当たられないよう気をつけてお帰りください。」と言われました。!!(゚ロ゚屮)屮
春先は野生の鹿が道路に出没するそうです。

spaみはる温泉 美榛苑
Miharu
宇陀市が指定管理者制度で外部業者に管理運営を委託している温泉です。以前は榛原町営の施設でしたが、宇陀市財政難のため指定管理者によって運営されるようになりました。
こちらは、日帰り用と宿泊者用に浴場が分かれており、日帰り用はお世辞にも綺麗とは言えません。しかし、泉質のヌルヌル感は特上で温泉通の間では非常に評判の高い温泉です。すぐ近所という事もあり、銭湯感覚でワタシもよく利用しています。
奈良観光の際には足を運んでいただき、宇陀市にお金を落として行ってくださいマセ!
m(_ _)m

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2014年5月11日 (日)

近くの温泉でリゾート気分を満喫

近頃、休日に温泉へ行く事がとても多くなったワタシ達夫婦。spa

五月晴れの昨日は午後から三重県伊賀市青山高原にあるメナード青山リゾートに行きプチバカンス気分を味わってきました。メナード青山リゾートは、メナード化粧品が事業運営しているリゾート施設です。我が家からは車で1時間程の場所に有ります。

Img_2131
こちらが今回お目当ての霧生(きりゅう)温泉「香楽の湯」があるメナード青山リゾート内のホテルシャンベール。日帰り入浴ができる温泉は海外のスパのようなモダンで落ち着いた雰囲気でした。

泉質はアルカリ性単純泉。透明でクセの無いお湯です。
土曜日の午後という事も有り、男湯の客はワタシ一人でした。広い大浴場の湯船にひとり浸かっていると、思わず泳ぎたくなりましたが、自制(^-^;
大浴場の他には、香りの湯(昨日はラベンダーの香り。日替わりかな?)・ミストサウナ・露天風呂などもあって、全て独り占めです。( ̄▽ ̄)。
シャンプーやリンス、石けん等はさすがに化粧品メーカー・メナードが運営しているだけの事はあり、自社開発の上質なものが置かれています。他の日帰り温泉と比べると少しお値段高めですが、リゾートホテルらしくアメニティーが充実しており大満足でした。

温泉内は撮影が出来ないのでリンク先のウェブページにて中の様子をご覧ください。

Img_2133 Img_2141
入浴の後は、オープンエアーのグリルガーデンにてコーヒータイムcafe

雲一つない五月晴れの下、のどかな午後のひとときを過ごせました。広いリゾート施設内にはハーブガーデンもあるようなので、次は朝から一日かけて行くのもいいかな〜。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2014年5月 5日 (月)

ゲームはオリジナリティーが大切でしょ

Flyingnasi

 このブログでiOS用ゲームをご紹介する時は、推薦の意味を込めてご紹介するのですが、今日ご紹介するiPhoneアプリ「とびなっしー」は全く逆です。アイコンがまさに人気の「ふなっしー」だったので、公認アプリかなと思ってダウンロードしたのですが、公認では無いようでびっくり。確かにどこにも「ふなっしー」とは書いていないけど。。。

Img_2125 Img_2126

キャラクター「とびなっしー」は色/形ともに、まさに「ふなっしー」です。
操作は単純、画面をタップして「とびなっしー」を落ちないように風船を取ります。

Img_2127 Img_2124

土管(?)に当たるとゲームオーバー。

Img_2130

このゲーム、やたら難しくワタシは52個取るのが精一杯でした。色んなアプリをダウンロードしていると、たまにこういったアプリに遭遇します。(^-^;

「ふなっしー」は船橋市非公認のマスコットキャラクターだけど、商標登録をしているので、これはアウトでしょうね〜。色々と審査の厳しいAppleですが、AppStore登録する際に、ここまでは管理していないのかなあ?? 

いずれにしてもオリジナリティーの感じられないものは、クオリティーも低いという事でしょうかねえ。
┐(´-`)┌

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ