«  奈良カエデの郷「ひらら」で郷愁の秋 | トップページ | 今年2回目の伊勢志摩はクラス同窓会で訪問 »

2013年11月21日 (木)

11月の第3木曜日といえば、、、

メチル以外のアルコールは何でもWelcome!な私。
中でも毎月確実にガロン単位で呑んでいるのでは?、、、と思うのがワイン!

ワインと言っても「ワタクシの血はワインで出来ているの〜」という某女優さんが嗜むようなモノではなく、いわゆる「デイリーワイン」というやつです。(*^-^)
 普段、愛飲しているのは、チリやスペインやオーストラリア産といった、いわゆる本家以外のモノですので、残念ながらいわゆるAOC法に基づいた格付けワインは慣れ親しんでいません。

しかし、
この時期、そう11月の第3木曜日くらいはおフランスのブルゴーニュ地方のワインを!という事で、「期間限定」「イベント」「お祭り」的な雰囲気が大好きな我が家(私だけ?)はボジョレーヌーボー!!!

Img_1696

ということで今年は2本購入!

今年のフランスボジョレーワイン委員会による歴代評価は、、
『繊細でしっかりとした骨格。みずみずしさが感じられる素晴らしい品質』だそうで、なかなか言い得て妙な表現でした。
しかし、このワイン委員会、結構お商売上手で、毎年「今年が最高に良い」的な表現を使うので要注意ではあります。ちなみに2000年以降の評価は、、

2000年:出来は上々で申し分の無い仕上がり
2001年:ここ10年で最高
2002年:過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え
2003年:100年に1度の出来
2004年:香りが強く中々の出来栄え 2005年:ここ数年で最高
2006年:昨年同様良い出来栄え
2007年:柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
2008年:豊かな果実味と程よい酸味が調和した味
2009年:50年に1度の出来
2010年:1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来
2011年:近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2012年:史上最悪の不作だが、ブドウの品質はよく熟すことができて健全

だそうで、ちょいと計算が合わなかったり言い訳がましかったりしますが、ここまで言い切ればご愛嬌。
結局、ブドウの良い年も悪い年も、その蔵の作り方によって大きく変わるような気がするのですが、今日我が家が1本空けたカーブ・ド・ベレールのヴィラージュヌーヴォーは、瑞々しい中にも味わいが有り、ボジョレーワイン委員会の評価通りの久々に美味しいボジョレーヌーヴォーでした。

今週末の土日は、伊勢志摩で大学のクラス同窓会。また、美味しいワインを味わってこようと、心に決めたワタクシでした

«  奈良カエデの郷「ひらら」で郷愁の秋 | トップページ | 今年2回目の伊勢志摩はクラス同窓会で訪問 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

おはようございます
めずらしく平日に更新ですね。

OH!! ボジョレーヌーヴォー!!
そんな時期でしたね。

ボジョレーヌーヴォーの解禁で、
今年も残りわずか、年賀状の準備をしなくては。

などとワインそっちのけの我が家です

うだよろしさんのお宅のように
優雅に過ごしたいものです

なんと リッチな
( ^^) _旦~~

ことし、、我が家は 夫婦で予約しておりませんで

どうなるんでしょうねえ。

そうそう メチル 飲んでみたかったら
小分けしますけど?!

   などと・・・

くるたんパパさん、

今週末は旅行で更新出来そうにないので、
今週は、ボジョレーヌーヴォー解禁日に
更新と相成りました(´・Д・)」

年賀状、
毎年今ごろに、そろそろ準備しなくてはと
思いつつ着手するのは、クリスマスです。
(^^;;

高忠さん、

高校時代の化学の先生が言ってました。
『メチル飲んだらめぇちるで〜』
(日本語訳)メチルを飲むと目が散るよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 11月の第3木曜日といえば、、、:

«  奈良カエデの郷「ひらら」で郷愁の秋 | トップページ | 今年2回目の伊勢志摩はクラス同窓会で訪問 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ