« 「不幸中の幸い」中のアンラッキー | トップページ | 今年遷御を控える伊勢神宮へ 〜久々の家族旅行記 »

2013年7月13日 (土)

宇陀の古くて新しい素敵空間「伊那佐郵人(いなさゆうと)」

 今日は、私の住む宇陀市に今年の4月に地域コミュニティーの拠点としてオープンした多目的空間「伊那佐郵人(いなさゆうと)」をご紹介します。

 建物は昭和初期に建てられた築80年の旧伊那佐郵便局を改修して再生された可愛い木造の建物です。

<外観>

_1020315 _1020318

 ノスタルジックだけど新鮮な感じがする、シンプルな外観です。1Fはカフェ、2Fはセレクトショップが不定期に営業しています。

_1020316

 玄関先の庇には、昔郵便局だった事を物語る「〒」マークが外灯下と瓦に配置されています。

<伊那佐Cafe>

_1020299

 館内1Fには郵便局の名残のプレートが飾られています。

_1020298 _1020310
 1Fにテーブル席が数席あり、ゆっくりと食事ができます。床は「フローリング」というより「木造」という言葉がぴったりです。なんか落ち着きます。confident

<Bak Kut Teh茶寮 Masukin>

_1020312

 シェアハウスなので、日によってシェフは替わります。この日はBakKutTeh茶寮Masukinの営業日でマレーシアの薬膳料理「肉骨茶(バクテー)」がランチメニューでした。

_1020305

 こちらのバクテーは11種類の漢方生薬を使ってスペアリブを煮込んであるそうです。食べる前はクセがあったり辛過ぎたりするのかな?と思っていましたが、とても優しい味でした。スープに旨味が凝縮されていて、最後に残ったスープをご飯にかけてお茶漬けのようにして食べるのがマレーシア流だそうで、これがまた絶品でした。
ヽ(´▽`)/

 我々は予約無しで食べる事が出来ましたが、食事を終えて店を出た時はSoldOutでした。準備する量が限られているようなので、事前予約をしてから訪問した方が賢明です。ランチ予定の確認は旧伊那佐郵便局のFaceBookで行えます。

<カフェ ワカクサ>

 実は上の写真は2度目の訪問時のものです。私が初めて訪れたのは、この2週間前、奈良市のカフェワカクサがワンデーシェフの日でした。カフェワカクサは文字通り一日限りのシェフでした。このようにスポットイベント的に入るシェフも有るようで、それも伊那佐郵人の面白いところです。

 初回訪問時にiPhoneで撮影した写真もついでにご紹介します。

Img_1297_2  
 宇陀の無農薬野菜や宇陀みどりとクレープのコラボメニューが食べられるとの事で、私は宇陀クレープを注文しました。

Img_1303

 昼食にクレープ?と思いましたが、宇陀クレープは彩りも鮮やかで鶏ハムと野菜とクレープが程よくマッチして、とても美味しくいただけました。

Img_1305  

 この日は娘も一緒だったのでデザートクレープも食後に注文。
チョコとバナナとクッキークランチは、クレープの王道。こちらは、奈良の常設店でも提供しているメニューのようです。もちろん味は言うことなし!
カフェワカクサも、また機会があれば伊那佐郵人でワンデーシェフやってほしいなあ。(o^-^o)

伊那佐郵人はこの辺り
http://goo.gl/maps/Uv2d9
新しくて未だ地図に載っていません(^-^;

<お店の前に流れる芳野川>

_1020322

   左端に見える白い建物が伊那佐郵人。

 店の前の道沿いに芳野川がゆっくりと流れています。

 水辺には魚を求めて時折水鳥が姿を見せます。

 私の好きな宇陀の景色のひとつです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

« 「不幸中の幸い」中のアンラッキー | トップページ | 今年遷御を控える伊勢神宮へ 〜久々の家族旅行記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんだか、いいなあღ(˘◡˘ღ)

宇陀クレープ(⌒・⌒) 気に入りました。

・・・しかし、宇陀市は 遠い。

って、このまえ飛び越えたばっかりでした。

高忠さん、

奈良県は新幹線の駅も空港も無いので、
確かに北海道からだと外国へ行くより
ハードルが高いかも(^-^;

でも、いにしえの日本を体験出来ますので
機会を作って、今度は是非、
コチラへお越しください♪(o ̄∇ ̄)/

古い建物が大好きなので
拝見して゚+.(ノ。・ω・)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆となりました。
引き戸の入り口いい感じですね。
周りの景色もいいですね。
機会があれば訪れてみたいです
しっかり__〆(..)メモシトコウ

最近、特に古いものを懐かしんでいます
テレビのズバコンや、たばこ屋によく置いてあった
ガラス製の赤や青い液体が入ってておじぎする平和鳥・・・
子供の頃のものがみょうに思い出されます
幼馴染で今でもよく遊びまわってた友が亡くなったからかな・・・
毎日暑いですが、寂しい夏となってます・・・

VANさん、

ここはVANさんに是非、紹介したかったんです(*゚▽゚)ノ
元々取り壊す事になっていた建物ですが
ボランティアの皆さんの協力も得て
想いを持ったオーナーが中心となり自らの手で
見事に再生されたようです。

再生前の様子は、こちらで確認できます。
http://plaza.rakuten.co.jp/abecconarara/diary/201109160000/

建物も想いをもって働きかけると
見事に生き返るという事を感じる
とても素敵な空間です。
営業日を確認して是非行ってみてください。♪(o ̄∇ ̄)/

こういうカフェ、大好きですよ

最近は鎌倉辺りでも
古民家カフェがブームです。

この郵便局で来館記念にはがきを投函できたりするのしょうか?

リフレッシュするには最高の場所ですね

くるたんパパさん、

郵便局は別の場所に移っていて
こちらでは郵便業務はもうおこなっていないんですよ。

そう、のーんびりとリフレッシュするには
最高の場所です。(* ̄ー ̄*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369187/52349949

この記事へのトラックバック一覧です: 宇陀の古くて新しい素敵空間「伊那佐郵人(いなさゆうと)」:

« 「不幸中の幸い」中のアンラッキー | トップページ | 今年遷御を控える伊勢神宮へ 〜久々の家族旅行記 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ