« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月28日 (日)

「Yahoo!防災速報」でゲリラ豪雨から回避

Yahoo
 今年も全国各地で発生しているゲリラ豪雨。関西でもかなりの頻度で発生しています。私の家と最寄りの榛原駅間は徒歩約10分。この間にゲリラ豪雨に見舞われるとエラい事になります。
 そんな時、役立つのが以前にこのブログでご紹介した「Yahoo!防災速報」です。この週末も仕事で帰宅が遅くなり、帰宅途中の電車内で宇陀市豪雨予報のPush通知がiPhoneに表示されました。

Img_1369_2 Img_1370

詳細を確認すると、駅への到着予定時間も雨がかなり残っていそうな感じだったので、急遽途中下車して時間をつぶし、豪雨が去った頃を見計らって帰宅した為、傘無しで帰宅出来ました( ̄ー ̄)v

ちなみに、このアプリ先日のVerUPで熱中症情報も追加されています。

Img_1366

 熱中症情報では指定した暑さ指数以上になると、プッシュ通知で知らせてくれます。まだ、熱中症情報の警告は出たことがないので、その機能の有効性は私にはわかりませんが、外出時の熱中症対策指標になると思います。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2013年7月20日 (土)

今年遷御を控える伊勢神宮へ 〜久々の家族旅行記

 伊勢神宮は今年20年に一度、本殿が移転する式年遷宮の年です。
先週の3連休は珍しく家族全員が揃ったので、お伊勢参りに行ってきました。

 パワースポットブームと式年遷宮が重なって伊勢神宮周辺は大混雑。もう少し早く着けば良かったのですが、伊勢自動車道を降りて一般道に入った11時頃は道路が大渋滞。車内は冷房を効かせていますが、車外の温度表示はうなぎ上り。

Img_1323 (←車の外気温を示す表示です)
 あっと言う間に40度を越えて45度になっていました。駐車場はどこも満車で、なんと1時間から3時間待ち。 

( ̄○ ̄;)!
Img_1327_3←車内から五十鈴川沿いの駐車場を撮影)
川沿いの駐車場は車だらけ。橋の上で駐車場への入場待ちをしている間にも、気温はどんどん上がり、、、

Img_1332 最後は遂に50度まで上がりました!! 外に出たらヤバい数字ですwobbly 

<伊勢神宮 内宮>

_1020337
伊勢神宮の参道には巨木が多く、樹齢を重ねた大木が伊勢神宮独特の神秘的な雰囲気を 更に高めています。
_1020341 _1020344 現在の正殿の手前には今年10月から正殿となる新正殿が控えていました。正殿前の石段から参拝を待つ人の列でいっぱいです。ここから上は撮影禁止区域。30分程並んで、ようやくお参りができました。

<おはらい町>

_1020330 Img_1333
内宮前の参道「おはらい町通」も賑わっていました。あまりに暑いので赤福にて「赤福氷」で一息つきました。中に名物の赤福餅が入っています。冷たくておいしい〜。価格も500円(2013年7月時点の価格)と良心的です(゚▽゚*)。

<今回の旅のお宿>

_1020399 _1020396
 今年のGWにも泊まったお気に入りの「ホテル槇之木」は満室で予約が出来なかったため、今回、我々が泊まったのは「セラピーリゾート伊勢志摩」です。こちらは、管理栄養士常駐の宿との事で食事制限のある人が安心して泊まれます。我が家は幸い食事制限のある人は居ないのですが、娘が管理栄養士を目指している事も有り、評判も良さそうだったのでこちらを選びました。

(鮑にステーキ。豪華だった夕食)
_1020361 _1020362 _1020366 _1020368 _1020370 _1020373 _1020375 _1020379 _1020381 _1020383
 以上の夕食全てで963kcal,塩分3.8gとヘルシーですが、工夫して美味しく味付けされていました。

<安乗崎灯台>

_1020411 _1020421
_1020435_2 _1020444
 お宿のすぐ近くに四角柱で白亜の安乗崎灯台が有ります。営業時間内であれば灯台を登る事ができ、太平洋の景色を楽しむ事ができます。灯台の手前は芝生広場が広がり、ゆっくり時間を過ごす事ができます。

_1020417
じぇじぇ!。灯台のすぐ下の磯で海女さんが漁をしていました。(写真をクリックして拡大にてご確認を!)リアルあまちゃんですヽ(´jj`)/。

<ホテル槇之木でランチ>

 伊勢志摩へ行くならここは外せない! 今回ホテル槇之木で宿泊は出来ませんでしたが、ランチを予約しました。お店も連休最終日の忙しい中でしたが家族4人分、用意していただけました。happy01

_1020455
プライバシー保護(?)の為、逆光にて記念撮影(^-^)。久しぶりに家族揃って海辺の景色を楽しみながらの食事でした。ちなみに、ドライバーの私はノンアルコールビールで我慢です(ノ_-。)

_1020458 _1020464
_1020465 _1020468
料理の味はさすが!。ランチもディナー同様、一品一品手の込んだ仕上がりです。オーナーの奥さんとの会話もはずんで、楽しいランチタイムでした。やっぱり、志摩に来たらここは外せんな〜♪

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

2013年7月13日 (土)

宇陀の古くて新しい素敵空間「伊那佐郵人(いなさゆうと)」

 今日は、私の住む宇陀市に今年の4月に地域コミュニティーの拠点としてオープンした多目的空間「伊那佐郵人(いなさゆうと)」をご紹介します。

 建物は昭和初期に建てられた築80年の旧伊那佐郵便局を改修して再生された可愛い木造の建物です。

<外観>

_1020315 _1020318

 ノスタルジックだけど新鮮な感じがする、シンプルな外観です。1Fはカフェ、2Fはセレクトショップが不定期に営業しています。

_1020316

 玄関先の庇には、昔郵便局だった事を物語る「〒」マークが外灯下と瓦に配置されています。

<伊那佐Cafe>

_1020299

 館内1Fには郵便局の名残のプレートが飾られています。

_1020298 _1020310
 1Fにテーブル席が数席あり、ゆっくりと食事ができます。床は「フローリング」というより「木造」という言葉がぴったりです。なんか落ち着きます。confident

<Bak Kut Teh茶寮 Masukin>

_1020312

 シェアハウスなので、日によってシェフは替わります。この日はBakKutTeh茶寮Masukinの営業日でマレーシアの薬膳料理「肉骨茶(バクテー)」がランチメニューでした。

_1020305

 こちらのバクテーは11種類の漢方生薬を使ってスペアリブを煮込んであるそうです。食べる前はクセがあったり辛過ぎたりするのかな?と思っていましたが、とても優しい味でした。スープに旨味が凝縮されていて、最後に残ったスープをご飯にかけてお茶漬けのようにして食べるのがマレーシア流だそうで、これがまた絶品でした。
ヽ(´▽`)/

 我々は予約無しで食べる事が出来ましたが、食事を終えて店を出た時はSoldOutでした。準備する量が限られているようなので、事前予約をしてから訪問した方が賢明です。ランチ予定の確認は旧伊那佐郵便局のFaceBookで行えます。

<カフェ ワカクサ>

 実は上の写真は2度目の訪問時のものです。私が初めて訪れたのは、この2週間前、奈良市のカフェワカクサがワンデーシェフの日でした。カフェワカクサは文字通り一日限りのシェフでした。このようにスポットイベント的に入るシェフも有るようで、それも伊那佐郵人の面白いところです。

 初回訪問時にiPhoneで撮影した写真もついでにご紹介します。

Img_1297_2  
 宇陀の無農薬野菜や宇陀みどりとクレープのコラボメニューが食べられるとの事で、私は宇陀クレープを注文しました。

Img_1303

 昼食にクレープ?と思いましたが、宇陀クレープは彩りも鮮やかで鶏ハムと野菜とクレープが程よくマッチして、とても美味しくいただけました。

Img_1305  

 この日は娘も一緒だったのでデザートクレープも食後に注文。
チョコとバナナとクッキークランチは、クレープの王道。こちらは、奈良の常設店でも提供しているメニューのようです。もちろん味は言うことなし!
カフェワカクサも、また機会があれば伊那佐郵人でワンデーシェフやってほしいなあ。(o^-^o)

伊那佐郵人はこの辺り
http://goo.gl/maps/Uv2d9
新しくて未だ地図に載っていません(^-^;

<お店の前に流れる芳野川>

_1020322

   左端に見える白い建物が伊那佐郵人。

 店の前の道沿いに芳野川がゆっくりと流れています。

 水辺には魚を求めて時折水鳥が姿を見せます。

 私の好きな宇陀の景色のひとつです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

2013年7月 7日 (日)

「不幸中の幸い」中のアンラッキー

先日、大阪で一人暮らししている母の様子を見に実家に帰った時の事です。

 台所の方から「ドーン!!!」と大きな物音がしたので、驚いて台所に行くと母が倒れてうずくまっていました。今年79歳の母は骨粗鬆症に伴う圧迫骨折で腰痛に悩まされており、投薬でようやく症状が和らいできた矢先の出来事でした。私は、何が起こったのかわからず、母はもう一生立ち上がる事が出来なくなったのではないかと覚悟を決めて「大丈夫?!」と声をかけました。

 しばらくの沈黙の後、母は私を見上げて「尻餅をついた」と弱々しい声。
「起き上がれる??」と手を差し伸べる私。
私の手を支えにゆっくりと立ち上がった母。意識もしっかりしているようで、別の骨が圧迫骨折した様子もなさそうでした。
「どうして、こけたん??」
「わからんわ〜。なんでやろ??」
「歩ける?」
「うん、大丈夫みたい。」

 ところが、、、、、

 ゆっくりと母が歩き出した瞬間、足下に置いてあった家庭用消火器のホースからピンク色の粉末が大噴射!!
見る見るうちに、台所中にピンクの粉末が拡散して視界がふさがれるとんでもない事態になりました。
どうやら、母が尻餅をついた時に消火器にぶつかって安全栓が外れ、しかもレバーにも接触して勝手に消火活動を始めてしまったようです。

 火事の時には頼もしい消火器ですが、火の無いところで噴射を始めた消火器は手がつけられません。あっと言う間に噴射は終わったのですが、台所はピンクの粉末が拡散して、もうもうとした状態がなかなか収まりません。私は家庭用消火器といえば泡で消すようなイメージを持っていたのですが、最近の主流はこの【ABC粉末消火器】だそうで、薬剤がリン酸アンモニウムである事を識別させるためにピンクに着色されているようです。

 しばらくして、ようやく拡散がおさまり、お掃除タイム。
 母は手伝えるほど、腰は大丈夫そうなので一安心。

先ずは掃除機で、吸い込み作戦。
しかし、粒子が細かいので掃除機で吸い込んだノチ排気口から出て行く。掃除機の中では微粒子が再拡散しているのであろう。あっと言う間に、掃除機のゴミ捨てサインが点灯して、モーター音が激しくなる。ほぼ役に立たず。

次に、原点に立ち戻りホウキとチリトリ作戦。
出来るだけ舞い上がらないように、慎重にホウキで粉末をかき集めチリトリに集合させた後、ゴミ袋にそっと格納して、ゴミ袋内での拡散が収まる迄ゴミ袋の口をふさぐ。
作業がマメな割に効果が上がらない。

どうすればいいの????

そうだ、粉末に水分を予め含ませて拡散を防げばいいのでは??
台所の床に積もった粉末には直接、水をふりかけ、ホウキには予め水を含ませてからチリトリに集める。これは効率的!最後は、雑巾で拭き掃除。

作業時間、約2時間強。汗だくでようやく綺麗になりました。
皆さんも、もし誤って消火器を家の中で噴射されたら迷わずこの方法で!
(そんなケース、滅多にないか。。。。)

まあ、母に大きな異常が無くってヨカッタとしよう。
(;;;´Д`)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ