« ビットマップが懐かしい!脱出ゲーム「Pixel room」for iOS | トップページ | 「不幸中の幸い」中のアンラッキー »

2013年6月29日 (土)

キンキンの感想

「キンキン」といっても、ケロンパが出てくるお話ではありません。

シニア眼鏡のお話です。シニア眼鏡といえば、遠近両用レンズを思い浮かべるのですが、最近では「中近両用」や「近々両用」など用途によって、色々と種類があるそうです。
 私は1年程前に買った遠近両用を使用しているのですが、老眼の度数がどんどん進んで、結局は細かい文字を見るのに一苦労。鼻メガネ越しに上から見たり、眼鏡を外して頭に掛けたりと、老人所作が板につきつつある今日此の頃です。しかしこのままでは、デスクワークがはかどらない事この上なく、この度「近々両用」レンズなるモノを初購入。
 「近々両用」は遠くはよく見えないので運転などは不可ですが、パソコン画面と手元のキーボードや資料といった近くのもの同士を見くらべる事が多い人にとっては最適なシニア眼鏡です。

私が買ったのは、こちら。

Img_1308

 フレームは例に漏れず老化に伴い最近やたら増えた白髪にあわせてグレーをチョイス。PC作業などデスクワーク時に着用するため、レンズは「近々+PCレンズ」です。PCレンズはブルーライトをカットする効果があるそうなので追加しておきました。

 切ない休日出勤で仕事を午前中に片付けた本日、帰宅途中でJINSに立ち寄って出来上がった眼鏡を持ち帰りました。

 早速、帰宅途中の電車内でiPhoneを操作するのに使用。
今まで、眼鏡を外さなければiPhoneを操作出来なかったのに、眼鏡を外さなくてもSafariの小さな文字も見える! Oh、これは若者のようではないかっ!! と一人悦に入ってiPhoneを操作していたわけですが、iPhoneを見る前にわざわざ眼鏡をかけ替える所作は、老人そのものだと後で気付き苦笑い。(^-^;
しかし、良く見えます。

 そして、今、帰宅してiMacのキーボードを見たり画面を見たりしながらブログの入力をしています。 なかなか快適♪ ブルーライトをカットするので目も疲れにくいような気がします。(人間全て「気のもん」でありまして、思い込みが最も肝心です。)

という事でファーストインプレッションは「かなり満足」なキンキンでした。
ヽ(´▽`)/

« ビットマップが懐かしい!脱出ゲーム「Pixel room」for iOS | トップページ | 「不幸中の幸い」中のアンラッキー »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

カロウジテ裸眼でiPhoneは操作できているワタシですが
状況は よーーーく 分かりますから。
遠近は使用しておりまして・・・はいσ(゚ー^*)

ブルーライトかっと  次回メガネを作る際には
いれようと企んでおります。

Mr.ローガンで苦労されているようですね。

もちろん僕も数年前から同じような状況です。
電車内でほんを読んだりスマホを見るときは、メガネを外してみていました。
あまり不便なので目医者に相談して、ローガン鏡ではない、度を押さえたメガネを作りました。
快適ですよ。
度を押さえることで、PCやスマホもくっきり見えます

遠くのものは見えませんが…。

僕もブルーライトをカットするメガネを買おうかなぁ

高忠さん

ブルーライトカットの効果について、
ネットでは色々と議論が有るようなんですが
ワタクシ的には、近々+ブルーライトカット
で疲労度がかなり軽減されました。
次回は、是非(*゚▽゚)ノ。

くるたんパパさん

ナルホド、度をおさえたメガネを使うという
方法も有るんですね(゚ー゚)

ブルーライトといえばヨコハマ。
くるたんパパさんも是非(^_-)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キンキンの感想:

« ビットマップが懐かしい!脱出ゲーム「Pixel room」for iOS | トップページ | 「不幸中の幸い」中のアンラッキー »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ