« 2013年宇陀の桜(その2)才ケ辻T邸の桜と菟田野水分桜 | トップページ | Yahoo!地図のARモードで気分は近未来 »

2013年4月 8日 (月)

2013年宇陀の桜(その3)大野寺の枝垂れ桜

 2013年宇陀の桜、ご紹介第三弾は室生にある大野寺の「小糸枝垂れ桜」です。

<大野寺の枝垂れ桜>

 

大野寺は比較的小さなお寺ですが、花見の時期には観光客で賑わいます。
境内に枝垂れ桜は何本かあるのですが、その中でもメインの2本小糸枝垂れ桜が先週、満開を迎えていました。掲載の写真は先週の状況ですので、この雨でもう散っているかも?です。

_1010996 _1010976
 入り口付近の小糸枝垂れ桜。暖簾のような、見事なしだれ方(?)です。
まさしく小糸が垂れ下がっているように見えます。

_1020010 _1010997
 奥側にある小糸枝垂れ桜。千羽鶴のように咲き乱れています。

_1010974 _1010999
 境内には石仏や石碑が有ります。枝垂桜とマッチしてイイ感じ。

_1010984 _1010985
 本堂を右に進むと紅しだれ桜も数本、可愛い花をつけていました。下から見上げると花柄模様。

_1010981 _1020001
_1010989 _1010983
 境内には桜以外の植物も色づいていました。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 大野寺の小糸枝垂桜は、20年ほど前に一度枯れかけたものが、樹医によって見事に息を吹き返したのだそうです。これらも樹齢300年だとか。苦難を乗り越えて生きながらえて咲き続ける古木を見ると、生命の尊さや美しさが伝わってくるように思えます。think

« 2013年宇陀の桜(その2)才ケ辻T邸の桜と菟田野水分桜 | トップページ | Yahoo!地図のARモードで気分は近未来 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

じぇじぇじぇ!
見事な枝垂れ桜ですねぇ

ホント千羽鶴のようです。
また写真の撮り方もいいので、迫力が伝わってきますよ

\(^j^)/\(^jj^)/\(^jjj^)/

と、やっぱり(⌒・⌒)ゞわたしも・・・

300年。。。
江戸のひとと同じ木の花を
愛でることが出来る

素晴らしい ジェジェジェっと。

くるたんパパさん、

枝垂れ桜は、数々有れど
優美さでは大野寺の小糸桜は
全国でもトップクラスです。

女性に人気の桜。
あやかりたい、あやかりたい^_^;

高忠さん

そう、江戸時代から生きてるんですもんね〜。

この枝垂れ桜を
暖簾のようにかき分けると、
「どこでもドア」の如く
江戸時代へタイムスリップできそうな。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369187/51118919

この記事へのトラックバック一覧です: 2013年宇陀の桜(その3)大野寺の枝垂れ桜:

« 2013年宇陀の桜(その2)才ケ辻T邸の桜と菟田野水分桜 | トップページ | Yahoo!地図のARモードで気分は近未来 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ