« 京都・南山城村の旧田山小学校「は・ど・る」のcafe「ねこぱん」 | トップページ | 霊山寺のバラ庭園が見頃を迎えています »

2012年10月14日 (日)

ノートアプリの本命「Note Anytime」を試してみる

Note_anytime

 先日MetaMoji社からリリースされたiPad用手書きノートアプリ「Note Anytime」が素晴らしいという評判を聞き、早速インストールして使っています。私はこのブログでアプリを紹介する時は、「○○を試してみた」のように過去形でタイトルをつけて、全て分かったような顔をする事が多いのですが、Note Anytimeは「間口が広いのに奥が深すぎる」(←これ褒め言葉デス)ので、「試してみる」と少しだけ謙虚なタイトルにしました
(*´v゚*)ゞ

 どんなアプリかは、NoteAnytimeのイントロダクションムービーで、ほぼ理解出来るようになっています。

使ってみて素晴らしいと思った点を列挙します。

1)ユーザーが使いこなせるように工夫

 ほとんどの基本操作は直感的に行う事ができます。また、使い方の詳細はガイドムービーを確認する事によってわかるようになっています。マニュアルのあり方も変わる予感。

2)基本部分は無料で使用出来る

 基本部分と言っても必要なほとんどの機能は無料で使う事ができます。MetaMoji社としては、このソフトを普及させる事を第一の目的として、最終的にファイル形式(atdoc)を新しいデファクトスタンダードにしたいのだと思います。

3)手書き変換機能「mazec」が秀逸

 手書き変換機能「mazec」は有料アドオン(2012年10月14日現在:600円)ですが、認識率が高くかなり実用的です。出来るだけ無料で使用したい私ですが、使い勝手の良さに感動して、このアドオンは購入しました。(とりあえず無料でお試しもできます)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 MetaMoji社は「一太郎」の生みの親である浮川和宣さんが作った会社だけの事は有り、ココロザシが半端では有りません。何度かiPadをノート代わりに使えないかと試みている私ですが、手書きの手軽さにはどうしても敵わず、ノートとしては限定的にしかiPadを利用出来ていないのが実情です。
しかし、このアプリなら実用化できそうな予感がしています。「Note Anytime」は携帯端末の使い方を拡げる事のできるアプリとして大注目です。

« 京都・南山城村の旧田山小学校「は・ど・る」のcafe「ねこぱん」 | トップページ | 霊山寺のバラ庭園が見頃を迎えています »

iPad」カテゴリの記事

コメント

浮川さんが作ったのなら
マチガイない!
そんな気がする
元一太郎使いです。
タダわたし、iPad最近は
寝床でネット専用機だからな〜
iPhoneでは使えませんか?

高忠さん、

このアプリ、浮川さんの会社が
作っただけあって本気度が違います!
世界制覇も見据えて作られています。
年内にiPhone版も出るそうですよ。
初代iPadでもサクサク動きます。
是非試してみて下さい。
高忠さんちのiPadも寝床から解放されるかも?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノートアプリの本命「Note Anytime」を試してみる:

« 京都・南山城村の旧田山小学校「は・ど・る」のcafe「ねこぱん」 | トップページ | 霊山寺のバラ庭園が見頃を迎えています »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ