« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月27日 (土)

iPad MiniもいいけどiMacもね!Fusion Driveも気になるわあ

Promo_lead_hero

先日、噂のiPad Miniが遂に発売されました。
iPad Miniについては事前に情報がリークされていたので、ほぼ予想通りのもので、私にとって大きな驚きは有りませんでした。(欲しいものの一つには変わりないけど…価格は予想よりちょいと高かった(^-^;)

Specs_display_27inch_imac

 一方、ほとんど前情報がなかったのに同時に発表されたiMacは、Appleらしい興味ある製品になって生まれ変わっていました。
正面の写真は従来のものとほとんど変わらないので、「マイナーチェンジかいな?」と思いましたが、横からの写真を見ると超薄い!最薄部はわずか5mmだそうです。

Hero

『液晶一体型デスクトップPCが薄くなっても意味が無い』という人もいるでしょうが、薄くなった意味(意義?)を私なりに解釈すると大きく二つ有ります。その二つは初代iMacが世に問うた意義と重なるような気がします。

まず、より「美しくなった」事。
現行のiMacも美しいのですが、新しいiMacはエッジが削ぎ落とされて、芸術品のようになったと私は感じます。
初期のパソコンは「機械」であり美しさとは無縁でしたが、その概念を打ち破ったのが、ボンダイブルーの初代iMacでした。iMacはこれからも更なる美しさを追及して進化するのだと思います。

もう一つの意義は、「光学式ドライブがなくなった」事。
従来ここまで薄く出来なかった理由のひとつとして、光学式ドライブを本体に装着しなければならないという課題があったのでしょう。
ところが、新しいiMacは遂にCDやDVDといった光学式ドライブを切り捨ててしまいました。これはネットワークのインフラが整備され、音楽やビデオあるいは有料のアプリケーションソフトウェアさえもネットを通して取りこむ事があたりまえになりつつ有る今、少し先を見据えたAppleらしいやり方です。
初代iMacの時も、それまで当たり前だったSCSIやFDユニットが付いておらず唖然としましたが、やがてそれに代わって装着されていたUSBやCDがスタンダードになりました。これからは、ネットを通してクラウドなどを利用したデータの活用が本格化されるのだと思います。

 
 ところで、今回Appleが発表した製品の中で特に興味深いのがiMacとMac MiniにBTOでオプション提供される「Fusion Drive」です。これはOSや頻繁に使うソフトウェアを高速なSSDに保存し、あまりアクセスしないデータをHDDに保存するよう自動的に使い分けるという仕組みのドライブだそうです。もし、これが実用的なモノであれば、デスクトップPCでの処理もiPad並みのスピードでおこなう事ができます。
要チェックのドライブシステムだと思いますconfident

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

うちの中では一番新しいiMac(early 2008)も購入後4年が経ちましたが、今のところ何不自由なく使えています。でも、この新iMacには心惹かれるものが。。。
iPhone5に加えてiPadMini、iMacと新たな購入候補がまた増えてしまいました。┐(´-`)┌
Appleさん、あまり新商品を矢継ぎ早やに出すのは止めてください ヾ(_ _*)

2012年10月21日 (日)

霊山寺のバラ庭園が見頃を迎えています

 奈良市にある霊山寺バラ庭園には200種類程の薔薇が植えられており、とても手入れが行き届いています。秋バラが見頃を迎えたと聞き、私も昨日出かけてきました。
 写真を撮りましたので、少しご紹介します。

<庭園内>
_1000960 _1000946
 薔薇は5月〜6月が最盛期ですが、秋バラと呼ばれるこれから咲く薔薇も見応え充分です。happy01
_1000951
 薔薇の苗札には各々品種名と作出国が表示されています。薔薇には皇室や王室の妃の名前が付けられたものも有り、王妃の印象と照らし合わせて鑑賞するのも一興です。

<色とりどりの薔薇>
_1000891 _1000944_2
_1000869_3 _1000896
_1000887 _1000953_1000884 _1000955
_1000885
中には薔薇っぽく無い花も有りましたが、しっかり棘がついていました。
_1000889

<ティーテラス「プリエール」>
_1000898
 庭園内のティーテラス「プリエール」で最盛期しか出ない薔薇のハーブティーでティータイムを楽しみました。薔薇を目で楽しみながら、香りでも楽しむ優雅なひと時。貴族になったような気分です( ̄▽ ̄)。
_1000941

.:**:. My Favorite .:**:
 何とも言えない優しい色が気に入った日本作出の「万葉」という品種を、プリエールで一鉢購入しました。植え替えて家の庭で来年咲くのが楽しみです。
_1000948

2012年10月14日 (日)

ノートアプリの本命「Note Anytime」を試してみる

Note_anytime

 先日MetaMoji社からリリースされたiPad用手書きノートアプリ「Note Anytime」が素晴らしいという評判を聞き、早速インストールして使っています。私はこのブログでアプリを紹介する時は、「○○を試してみた」のように過去形でタイトルをつけて、全て分かったような顔をする事が多いのですが、Note Anytimeは「間口が広いのに奥が深すぎる」(←これ褒め言葉デス)ので、「試してみる」と少しだけ謙虚なタイトルにしました
(*´v゚*)ゞ

 どんなアプリかは、NoteAnytimeのイントロダクションムービーで、ほぼ理解出来るようになっています。

使ってみて素晴らしいと思った点を列挙します。

1)ユーザーが使いこなせるように工夫

 ほとんどの基本操作は直感的に行う事ができます。また、使い方の詳細はガイドムービーを確認する事によってわかるようになっています。マニュアルのあり方も変わる予感。

2)基本部分は無料で使用出来る

 基本部分と言っても必要なほとんどの機能は無料で使う事ができます。MetaMoji社としては、このソフトを普及させる事を第一の目的として、最終的にファイル形式(atdoc)を新しいデファクトスタンダードにしたいのだと思います。

3)手書き変換機能「mazec」が秀逸

 手書き変換機能「mazec」は有料アドオン(2012年10月14日現在:600円)ですが、認識率が高くかなり実用的です。出来るだけ無料で使用したい私ですが、使い勝手の良さに感動して、このアドオンは購入しました。(とりあえず無料でお試しもできます)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 MetaMoji社は「一太郎」の生みの親である浮川和宣さんが作った会社だけの事は有り、ココロザシが半端では有りません。何度かiPadをノート代わりに使えないかと試みている私ですが、手書きの手軽さにはどうしても敵わず、ノートとしては限定的にしかiPadを利用出来ていないのが実情です。
しかし、このアプリなら実用化できそうな予感がしています。「Note Anytime」は携帯端末の使い方を拡げる事のできるアプリとして大注目です。confident

2012年10月 7日 (日)

京都・南山城村の旧田山小学校「は・ど・る」のcafe「ねこぱん」

 以前にブログ読者のVANさんから教えていただいた、京都・南山城村の旧田山小学校「は・ど・る」のcafe「ねこぱん」へ本日行ってきました。工房で作業は行われていませんでしたが、cafe「ねこぱん」で美味しいランチをいただいて、ノスタルジックな雰囲気を満喫できました。happy01

「は・ど・る」の様子を写真でご紹介します。

<旧校舎>

_1000768

2003年春に128年の歴史に幕を閉じた田山小学校はものづくり体験を主とした”  都市農村交流施設”として平屋建ての木造の校舎がそのまま残っています。校庭の二宮金次郎さんも薪を背負って本を読んだままです(笑)。

<中庭>

_1000749

木造校舎に囲まれた中庭です。校舎の屋根は瓦葺で、歴史ある学び舎の風情です。

<唐箕>

_1000759

下足箱の前に古い唐箕(とうみ)が置かれていました。うちの娘に聞くと、卒業した東榛原小学校にもこのような唐箕が有り、授業で使った事が有るとのこと。うちも田舎なんだと再認識coldsweats01

<洗面所>

_1000762

「手のあらいかた」を書いた大きな手書き看板が洗面所の上に掛かっていました。このような看板ひとつで当時の先生と生徒の距離の近さを感じます。

<廊下>

_1000728_1000748

懐かしい木の廊下です。私は大阪市内の小学校を卒業しましたが、入学時1棟だけ木造校舎が残っていて、1年生の教室はその木造校舎だったような記憶が有ります。
この廊下沿いの1教室を改装してCafe「ねこぱん」になっています。

_1000754

「しずかにあるこう」
木造校舎の廊下は走ると音がするので、先生によく注意されたものです。coldsweats01

<Cafe「ねこぱん」>

_1000731

Cafe「ねこぱん」の店内です。黒板には本が並べられており、学校で使用されていた机や椅子がそのまま使われています。手製のスピーカーからはスローなテンポで「On The Sunny Side Of The Street」が流れていました♪。

_1000733

店内には木工やガラス製品などが展示されており、お気に入りを購入する事もできます。

_1000736

柱には「ばね秤」がかけられていました。そういえば昔、授業で使ったなあ。

_1000737

この椅子の感じが、何ともイイです。机に並べられたベーグルは、買って帰ることができます。

_1000740

スピーカーの横の本棚に「コカコーラ ホームサイズ」搬送用木箱が!。昭和40年代に販売されていたコカコーラホームサイズは500mlで「三杯飲んでもまだ余る!」というコピーで宣伝してましたね〜。懐かし〜。

_1000730_2

教室の後ろの黒板がメニューボードです。

_1000741

今日のランチです。ベーグルは何種類かから選べ、私はくるみのベーグルを選択。地元の野菜を使った、優しい味付けで、とても美味しくいただけました。delicious

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

「モノを残す」という事は物質を存続させるという意味の他に、その「モノ」と時を共有したヒトの「想い」や「時間」を残すという意味が有るように思います。

 都会で働いている時と、時間の長さは同じはずなのに、「は・ど・る」では時間がとてもゆっくりと流れて行くように感じられました。

 タイムスリップした空間でほっこりするために、また機会を見つけて行きたいと思います。confident

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ