« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

Mac OS X LionにLeopard(10.5.8)からアップデート<その2>

Howtobuy_step2Lion

 先週の続報です。

 Leopard(10.5.8)からOSをLionにアップデートすべく、SnowLeopard(10.6.3)をアップルストアに注文して先日インストールを行ないました。SnowLeopardへのアップデートは何のトラブルも無く終了したのですが、Lionへのアップデート前に難問が発覚。。。

 LionにはSnowLeopardまで搭載されていたPowerPC用アプリを動かす為の「Rosetta」機能が組み込まれていないとのこと。つまり、私のメインマシンであるIntel Core 2 DuoのiMacに入っている、少し旧めのアプリ(Adobe Photoshop CSなど)は動かなくなってしまうらしいのです。
 事前にこの情報は知っていたのですが、自宅のMacへインストールした時に起こる障害として実感が無くて、SnowLeopardをインストールしてから気づきました。(かなりアバウトな私coldsweats02

 こうなると選択肢は3つです。

選択肢1)パーテーションを切ってLionとSnowLeopardのデュアルブートにする
選択肢2)あきらめてSnowLeopardを使う
選択肢3)LionをSnowLeopardに上書きインストール

 通常なら選択肢1を選ぶところですが、私の場合、既にWindowsVistaとMacOSにパーテーションを2つに切っており、Macで使用出来るエリアが200GBほどで残容量が100GBしか有りません。SnowLeopardでの使用容量を考えると、多く見積もってもLionには50GB程度しか使えない。これでは、折角のLionも思い通りに使えないリスクが有るため、選択肢1は断念。

 次に選択肢2ですが、これをやる位ならLeopardのままで良かったわけで、却下。

 という事で、結局、選択肢3をチョイスする事に。たまに使うAdobeCS等のPowerPC用アプリは、これも最近使う事の少なくなったiMacG4で使用する事にしました。Adobeのソフトは大画面の方が圧倒的に操作がしやすかったのですが、アプリもPC本体の時期に応じたものを使えという事になっているようです。weep


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 決断したら即実行sign03で、SnowLeopardを最新バージョンまでアップデートして、土曜日の朝にAppStoreでLionを購入/ダウンロードしようとしましたが、これが又なかなかうまくいかないshock

 AppStoreでのMac用ソフトウェア購入はiPadのソフト購入と同様とても簡単ですが,
ダウンロードに時間がかかるかかるwatch。Lionは3GBあまり有るのですが、なかなか落ちてきません。我が家のネット環境は光ケーブルの100MBで他の通信は瞬時に行なえるため、供給側のサーバーが混雑しているようでした。
 しかも、放っておくと途中でタイムアウトエラーになるのか、「エラーのためダウンロード出来ませんでした」という旨のメッセージが出て終わってしまいます。一度購入したソフトは何度でもダウンロードできるのでその点はいいとして、一向にインストール作業が進みません。再起動をしたり、色々手を尽くしましたが、やはり回線が混雑しているようでうまくいかず、時間を変えて再挑戦することに。


 土曜日の午後3時ごろから関西電力の電気予報(82%程度)を少しだけ気にしながらも、付きっきりで再度ダウンロードに挑戦。しかし、状況変わらずbearing
 ただしエラーが出てもキャンセルしないで、そのまま再実行させるとエラーが出た時点までにダウンロードしたものは残して続きをダウンロードする事がわかり、何とか最後まで辿り着き、ようやくLionのインストールが完了しました。happy01

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


 インストール後色々試していますが、なかなか動きも早く使い勝手は上々です。近々Magic trackpadを購入して、iPad同様のUI環境をiMacでも構築したいと考えています。
 
※Lionへのアップデートを検討している方は、下記に充分留意してから導入を!
・PowerPC用アプリは動かなくなる
・周辺機器(プリンターやスキャナーなど)も、正式対応しているか確認

仕事でMacを使用する人は、特に慎重に導入しないと、えらい事になりまっせ〜

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。






【新品未開封】 apple iPad WI-FI 64GB-USA版 【新品未開封】 apple iPad WI-FI 64GB-USA版
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

 

2011年7月24日 (日)

Mac OS X LionにLeopard(10.5.8)からアップデート

Lion

 Appleが7月販売開始という事前の予告どおり7月20日からMacintoshの最新OS「Mac OS X Lion」をダウンロードにて販売しています。
 自宅のiMacにも販売開始になれば、すぐにインストールしたいところだったのですが、現在インストールされているOSがLeopard(10.5.8)なので、どうすれば良いのか販売開始を待って導入方法を検討しようと目論んでいました。

 Mac OS X Lionのアップグレード方法のページを確認すると、下記のとおりです。

STEP1)インストールするMacの確認
Lionには、Intel Core 2 Duo、Core i3、Core i5、Core i7、またはXeonプロセッサを搭載したMacが必要。

STEP2)最新のSnow Leopardがインストールされていることを確認
Mac App StoreからOS X Lionを購入するには、OS X Snow Leopard(10.6.×)の最新バージョンが必要。

STEP3)Mac App StoreからOS X Lionをダウンロード
Mac APP StoreからLionを購入してダウンロードしてインストール。

 私のiMacはIntel Core 2 Duoでメモリを2GB積んでいるので、Lionのシステム条件によると何とか条件クリアです。しかし、OSは2世代前のLeopardですのでMac APP Storeが利用出来ません。AppleStore等でパッケージ販売していればそれを買えば良いのですが、Lionのパッケージ販売は行なわないようです。
 あきらめるしか無いのかなぁと思っていたら、AppleStoreOS X Snow Leopardを販売していたので、早速注文しました。
※2012年7月のMountainLion発売と同時にAppleStoreでのSnowLeopardの販売は中止されたようです。(2012年10月追記)

SnowLeopardについては、発売当初いまひとつ必要性を感じなくって、アップデートしなかったのですが、こんなことなら早々に入れておけば良かったと少し後悔です。weep

 とりあえず、SnowLeopardが届けばインストールして最新版にアップデートし、そこから更にLionにアップデートする予定なのでまた報告します!

<追記>7/31にアップデートの状況「Mac OS X LionにLeopard(10.5.8)からアップデート<その2>」を追記しました。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:





【新品未開封】 apple iPad WI-FI 64GB-USA版 【新品未開封】 apple iPad WI-FI 64GB-USA版
販売元:ショッピングフィード
ショッピングフィードで詳細を確認する

2011年7月17日 (日)

iPadガイド

Safari_icon_20110302

 iPadは、直感的に操作を行う事ができるので、説明書の類いはほとんど必要ないと思います。ただし、どうしても分からなくて操作方法を調べたい事が出てきた場合、googleで検索するのも良いのですが、最も確実な方法は「iPadガイド」を確認する事です。「iPadガイド」はわざわざAppleのサイトからマニュアルをダウンロードしなくても、ネットワークへの接続環境下であればその都度確認することができます。

 「iPadガイド」はSafariのブックマークに、標準で入っているので確認してみてください。

Img_0177
Img_0179

 バッテリー寿命を最大限に延ばす方法など、ちょっとした情報を知っておくだけで、より快適にiPadを活用出来るようになるかも知れません。confident

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2011年7月 9日 (土)

Radiko for iPhone Ver2.0.0

Radikojp

 iPhone用のサイマルラジオアプリ「radiko」がVer2.0.0に上がりました。
『Ver1.X.X系は近日使用出来なくなります』と脅し文句が記載されていたので、とりあえずVerUPを行ないました。カスタマ評価を見るとアップデートしたら落ちるようになった人が多いようですが、幸い私の初期型iPad 16GB Wi-Fi(iOS4.3.3)上では、問題なく動作しています。

Img_0173 

 iOS4以降マルチタスキング対応になって、バックグラウンドでラジオを聴けるようになったのは良いのですが、ラジオ音声を消したい時は、いちいちOSのオーディオコントローラー画面を呼び出して停止させる必要がありました。今回のradikoの新Verはホーム画面の最上段に再生とストップボタンが付きましたので、アプリ上で音声をストップ出来るようになっています。
 ただ、再生中も停止中も再生ボタンが青い状態なので、改良の余地有りというところです。catface

 再生ボタンの下のレインボーカラーの線はバッファー量がわかるステータスバーだそうです。

Img_0172 

 放送局の選択画面も2列表示になって選択しやすくなりました。

Img_0175 Img_0176

 メモ機能は以前のバージョンから有りましたが、結構便利です。ラジオを聴いていて、気になる曲やアーチストがあれば曲名をタップしてメモに残しておけば、後でアルバムを調べたりするのに役立ちます。

 今回のバージョンアップについて、アンドロイド携帯アプリの紹介Webページはバージョンアップについて詳細が記載されていますが、iPhoneアプリの紹介Webページは旧バージョンのままです。なんかこの会社、いろんな会社の寄せ集まりのせいか、ツメが甘いな〜gawk

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2011年7月 3日 (日)

Coin Dozer for iPad

Coin_dozer_for_ipad

 インベーダーゲームなどのコンピューターゲームが登場する前、ゲームセンターはスロットマシンなどのカジノゲームが主流でした。そんな時代のゲームセンターに必ずあったのが、「メダル落としゲーム」です。
 「Coin Dozer for iPad」はそんなコイン落としゲームをiPad上で手軽にできるゲームです。

 私は基本的にパズル系の考えるゲームが好きなのですが、これは深く考えずに出来るゲームでありながらもかなりハマっています。

Img_0171_2


 このゲームにもコツとか色々あるのでしょうが、ただただタップしてコインを落とし、時の流れに身を任せるというのが、このゲームの正しい遊び方だと私は思う次第です。catface

 ちなみに「Dozer」とは、ブルドーザーの略語で、このゲームはコインをブルドーザーのように整えてゆくことからネーミングされていると思われます。本来「Dozer」は居眠りという意味で、「ブルドーザー」はbull (牛)がdozer(居眠り)しても大丈夫なほど整地の仕事をおこなう機械という意味だそうです。
♪ためになるね~、ためになったよ~♪ byもう中

 私のような頭が疲れた人たちのための、究極のひまつぶしゲームとしておすすめです。coldsweats02

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ