« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

「ビューン」のデザインが一新

Photo_2

 現在41種類の雑誌や新聞が30日間450円で読める人気のiPad版APP「ビューン」がバージョン2.0.0にアップされてデザインが一新しました。私も早速バージョンアップを行ないました。

Img_0138_2 Img_0132_2

<トップページ>

 トップニュース以外のニュースが下段のメニューバーに入り、トップ画面はすっきりしました。
 雑誌を中心に読む私にとっては、とても見易くなったと思います。
 トップ画面下段メニューバーから、いくつかのサブ画面に入る事ができます。

<新聞・雑誌一覧>

「新聞・雑誌一覧」をタップすると、読みたい新聞雑誌を一括でダウンロードできます。
 旧バージョンでは、読みたい雑誌をタップした時に、その雑誌が新刊に更新されていると、その都度ダウンロードされるのを待たなければなりませんでした。一括ダウンロードだと、出勤前にダウンロードしておけば、電車の中で最新の雑誌を読む事ができます。
 ただし一括ダウンロード時は、一冊の時よりも当然それなりに時間がかかります。


Img_0140 Img_0139_2

<ニュース一覧>

 この画面から確認したいニュースを選択します。ニュースばかりを縦にスクロールして確認出来るようになりました。iPadの標準APPであるYouTubeに似た操作感で、使いやすくなっています。

<設定>

 この画面では、キャッシュ管理や新刊の自動ダウンロード設定ができます。

 キャッシュ管理はビューンで使うデータ容量を50冊単位で200冊まで選べます。ちなみに、私のiPadは16GBタイプと容量が少ないので、とりあえず100冊に設定を変更しました。(デフォルトは200冊ですが、iPadの全体の残り容量によって調整が必要でしょう)

 愛読書の自動ダウンロードを「ON」にしておけば、今後新刊が発刊するたびにいちいちダウンロードしなくてもWiFi環境下でビューンを起動すると勝手にダウンロードをおこなってくれます。
 ただしバックグランドでビューンが立ち上がっている時はダウンロードしません。

 「お知らせ」機能については5月28日現在、バグが発生しているようで利用出来ません。これは開発側も認識しており近日中に新バージョンを公開するとのことです。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 私にとって、今回のバージョンで最もメリットを感じるのは「レジューム機能」です。旧バージョンでは一度アプリを終了すると、次回の起動時は必ずトップページからスタートするため、どの雑誌をどこまで読んでいたのか分かりませんでした。
 「レジューム機能」は、特にユーザーの操作が必要な機能では無く、読んでいる途中でアプリを終了した場合、次にアプリを立ち上げるとその続きから読む事が出来るというものです。
何とかならんかいな?と思っていただけに、嬉しいバージョンアップとなりました。happy01

 なお、APPの「カスタマー評価」を見ていると『起動しなくなった』という声がいくつか上がっているようですが、私は今のところそのような現象は起きていません。OSの確認(iOS4.2以上対応)や、メモリの残容量等を注意しなければならないのかも知れません。danger

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 

2011年5月22日 (日)

「Qwiki 」はiPadらしい面白いAPPです

Qwiki_3

 検索キーワードに対して動画や写真などを集め自動でプレゼンテーションを作って英語で読み上げるサービス「Qwiki」のiPad版APPがリリースされました。評判が良いようなので、早速インストールして試しました。知的好奇心をくすぐる私好みの楽しいアプリだったのでご紹介します。

 インストールして最初の起動時だけ、位置情報を送る事に同意するかどうかを確認されるので、良ければOKで先に進みます。次にソフトの操作ガイドビデオが出てきますので、これで概要を確認してください。(表示は初回起動時のみです)


Img_0124
ホーム画面は、下記のとおりとなります。
左半分が日替わりのトピックス「QWIKI OF THE DAY」
(今日のテーマは何とゾンビでした coldsweats02 )

右側の上から
 現在地を示す「EXPLORE」
 現在地近辺の「POPULAR NEAR ME」
 世界の有名な場所「POPULAR LOCATION」
となっており必要に応じて知りたい情報を選びます。

右上の「ENTER A TOPIC」に直接文字入力して検索する事も可能です。



 私の住む宇陀市を調べてみると、、、

Img_0131

 数枚の地図をズームインすることにより、場所をわかりやすく明示して市の成り立ちや面積/人口等概要を音声(英語)で伝えます。英語の音声ロボットなので「うだ」は「ゆだ」と読み上げられてしまったりします。coldsweats01



Img_0119

 スライドショー的に町の風景写真等も次々に映し出されます。左は大宇陀の又兵衛桜の写真ですが、桜井市にある長谷寺の写真も混じっていたりするのは、写真のチョイスも特定のアルゴリズムを使ってロボットが検索しているためだと思われます。



Img_0125

 ひととおり、プレゼンが終わると関連する情報や周辺の情報が候補として一覧で表示されますので、次々と探って行くのも面白いかも知れません。



Img_0117

 ホーム画面の現在地「EXPLORE」をタップすると地図が現れるので、地図から情報を探る事も出来ます。



 ウィキペディアは読み物ですが、ウィキペディアの情報を整理してユーザーにプレゼンしてくれるQwiki のiPad版APPは、iPadの特性を生かした面白いソフトだと思います。Qwiki 自体がまだベータ版のようで改良の余地は有るものの、この技術は新しい可能性を感じます。
 無料ソフトですので、いちど試してみてください!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2011年5月15日 (日)

ブログ開始から1年経ちました

 昨年の5月15日に、このブログ「50おとこのiPad」を綴り始めましたので、なんと今日でちょうど1年経過した事になります。熱しやすく冷めやすい性格で3日坊主になることが多い私ですが、なんとか1年続いたのも、iPadを通して発見した事や感じた事が多かったからだと思います。

 ブログは日記の用途で綴っている面も有るのですが、今でも一日100人近くの方に閲覧いただいているようで、それも励みにお役立ち情報も入れつつ出来るだけ続けたいと思っています。

 平日はなかなか書く事ができませんが、これからも休みの日にはマイペースで書き続けようと思います。最近、老眼がひどく疲れ目気味なので、途中で挫折したら、たぶんそれはきっと「老眼」によるものだとご理解ください(笑)。

よろしくお願いします。 m(_ _)m


゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。


2011年5月 8日 (日)

iPadにユーザー辞書登録を行なう方法

Icon_switch_20110302

 iPadの辞書は学習機能があるので使っているうちに便利になってくるわけですが、人名など辞書には無いよみがなを入力してもなかなか出てこなくて、イライラした方も多いのではないでしょうか?
iPadはiOS4になってからユーザー辞書登録ができるようになったのですが、結構わかりにくいところに有るので、今日はスクリーンショットを交えて単語登録の方法をご紹介します。

 まずは、設定アイコンをタップして「一般」を選択します。

Img_0108

 続いて、「キーボード」を選び「ユーザー辞書を編集」を選びます。登録されている辞書があればここに一覧表示されますが、最初は右上の「+」アイコンをタップします。

Img_0109 Img_0110

 ここで、登録したい単語とその読みを入力します。入力が完了すると一覧表示します。複数の単語を
登録したい場合は「+」アイコンタップから繰り返してください。

Img_0111 Img_0112

 一度単語登録を行なうと、最初に選択肢に出てきますので入力がかなり楽になります。単語登録は、基本辞書に無い人名や地名などに良く利用されますが、良く使う自分のメールアドレスや住所を「めーる」や「すまい」などの読みに登録しておくと入力の効率化が図れるのでお試しください。

 MacOSのユーザー辞書をインポート出来るようになれば、もっと楽に入力環境を改善出来るのですが、それには対応していないようですgawk。技術的には簡単に出来そうな気がするんだけどなあ。

※<2013年2月9日追記>
どうやらiOS6以降同士であれば、iCloudを通じてユーザー辞書を同期させることが出来るようになったようです。MacOS(10.8以降)の「ことえり」とも同期が可能となっています!
私の所有するiPadはiOS5.1なので残念ながらiOS6.1のiPhoneと同期出来ませんが、MacOS 10.8のiMacとiPhoneは同期がとれるようになりました。happy01

<2013年5月3日追記>
 iOS6ではポップアップメニューからユーザー辞書登録ができるようになりました。詳しくはこちらの記事もご覧ください。

http://otoko50.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/ios6-7fcb.html

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2011年5月 1日 (日)

平尾水分神社近くのレンゲ畑

 昨日、久しぶりに大宇陀までサイクリングに出かけた帰り道、レンゲ畑一面に薄紫の花をつけていたので写真に収めました。camera

P1020927 P1020930

 レンゲ(別名ゲンゲ)はそのまま肥料としても利用出来るため、田植え前の田んぼに多く植えられていたようで、かつては春の風物詩でした。化学肥料の普及でレンゲの花畑も最近は少なくなった気がします。

 朱色の鳥居は、平尾の水分神社のものです。平尾水分神社では毎年1月18日の夜に五穀豊穣を祈る「おんだ祭」がおこなわれると、宇陀市のローカル放送「うだチャンネル」で先日紹介されていました。この祭りは奈良県の無形文化財に指定されており、地元の方が当番で伝統を守られているそうです。

 このあたりは、祖先から教えられた営みを代々受け継いで行くという、日本の美しい伝統が残っている数少ない地域です。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ