« 地震情報 iPad版 | トップページ | 倉庫番 シーズン2&3 »

2011年4月10日 (日)

滋賀県長浜市で地元の味を堪能

 先週の土日は大学時代のクラス同窓会参加のため滋賀県長浜市に行ってきました。彦根に住む同窓生の案内で長浜名物の昼食を楽しんできましたので、少しご紹介します。

 初日の昼食で食べたのは「茂美志゛屋(もみじや)」さん本店の「のっぺいうどん」です。

P1020747

 創業100年ほどのお店だそうで、店内もレトロな佇まいで居心地の良い空間です。土曜日のお昼前に入ったので店内で20分ほど待たされましたが、多い時はもっと長時間待つ事もあるそうです。

 P1020742

 のっぺい汁とは片栗粉でとろみをつけた野菜のあんかけ汁ですが、うどんにのっぺい汁をかけたものが、「のっぺいうどん」です。もみじやさんの「のっぺいうどん」の特徴は出汁で煮た大きな椎茸です。私の撮影した写真ではあんに隠れてよくわかりませんが、子供の顔ほどの巨大な椎茸と麩、湯葉、蒲鉾などが入っています。味は関西風の薄味では無く、かといって関東風ほど濃くもない、椎茸のうまみが存分に味わえる程よい味に仕上がっていました。湖北に位置する長浜市はまだ少し寒かったのですが、土生姜が利いたあんかけの「のっぺいうどん」で身体の芯から温まりました。


 翌日の日曜のお昼は親子丼が看板メニューの「鳥喜多(とりきた)」さんに行きました。

P1020802 P1020799

 ちょうど正午近くに行ったため、店の前には20人以上の列が出来ており、1時間近く待つ事になりました。普段、列に並んでまで食事する事はあまり無いのですが、2件ともこの機会を逃すと食べる事は無いだろうと思い、大人しく並んで待ったのでした。

P1020810 P1020808

 注文したのは親子丼とかしわ鍋です。これも地元の友人からのアドバイスに従い、親子丼は1人1つずつ、かしわ鍋をスープ代わりに2人で1人前注文しました。親子丼は丼の出汁が絶品で鳥のうまみを抽出した良い味でした。丼の上に生卵がのっているので、卵を存分に味わえる親子丼です。親子だけど親一人に子供が二人という感じ!?(*^-^) また、かしわ鍋は、長時間煮込んだスープという感じになっておりこれもGoodでした! かしわ鍋は生姜が味のアクセントになっているのですが、前日ののっぺいうどん同様、生姜を入れるのは寒い湖北で身体を温めるための地元の人の知恵なのかも知れません。

 最近TVで紹介された「鯖そうめん」も長浜の名物だそうなので、次回長浜を訪れる時は鯖そうめんにもトライしたいと思います。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

« 地震情報 iPad版 | トップページ | 倉庫番 シーズン2&3 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1369187/39550826

この記事へのトラックバック一覧です: 滋賀県長浜市で地元の味を堪能:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/04/10 08:48) [ケノーベル エージェント]
長浜市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 地震情報 iPad版 | トップページ | 倉庫番 シーズン2&3 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ