« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月26日 (日)

地産地消のクリスマス

 最近なかなか揃う事が無いうちの家族なのですが、今夜は(あ、昨日になってしまった!)クリスマスという事でホームパーティーを行ないました。私の住む榛原にも特産品は色々あるのですが、中でも『はいばら牛』は知る人ぞ知るブランド牛になっています。そんな『はいばら牛』を販売する『うし源』さんのローストビーフが本日我が家のメインディッシュでした。restaurant
 テレビや雑誌で紹介される事が多く、特に年末年始のこの時期は予約が殺到するそうで、事前予約しておきました。
 店でおかみさんらしき人に、「赤身か霜降りどちらにしますか?」と聞かれたのですが、ここのローストビーフは初めてだったので迷っていると「そうしたら、半分ずつ入れておきますね」と言って均等に入れてくださいました。

そのローストビーフの写真はこちらcamera
P1020631

 味は、前評判を聞いていたのでかなり期待していましたが、その期待を上回る美味しさでした!happy02
赤身は上質な肉のうまみが口に入れた瞬間から胃袋に収まるまで存分に感じられますし、霜降りは上品な油が口の中で溶けて後口に肉のうまみが感じられる肉でした。うーん、半分ずつ入れておいてもらって良かった〜 地元で良かった〜 年末調整で税金が返ってきて良かった〜(笑)

 夕食後のクリスマスケーキは、これも近くのちょっとおしゃれなスイーツショップ『楽(らく)』さんのブッシュドノエルでした。日本では苺のホール型クリスマスケーキが一般的ですが、フランスではこのブッシュドノエルが一般的なようです。

楽さんのブッシュドノエルですcameraかわいいでしょ。
P1020634
 チョコレートクリームのケーキなんですがロールの中に塩キャラメルクリームが使ってあったりして、甘すぎず美味しくいただきました。happy01 紅茶のストレートティーに良く合います。

 宇陀市には、おいしい店が結構有りますので、このBlogをご覧になった方も是非お立ち寄り下さい。財政の苦しい自治体なんで、市内でお金を使っていただけるとありがたいです。市長になりかわりお願いします(笑)。

…と言う事で、地産地消のクリスマスでありました〜

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

2010年12月23日 (木)

クリスマスイルミネーション

 クリスマスが近づくと、イルミネーションで街中が華やかになります。都会のイルミネーションも奇麗なのですが、住宅地のイルミネーションはそれぞれ個性があってとても楽しいです。
 我が家は新興住宅地に在るので、ご近所に凝ったイルミネーションをされているお家が何軒かあります。

今日は我が家のすぐご近所で飾り付けをおこなっている2軒のお宅の写真を撮ってきましたのでご紹介します。camera

T1

xmasTさん宅は、屋内に照明を飾って楽しんでいらっしゃいます。

T

xmasルーフバルコニーは見事に飾り付けられていて、アーケードのようです。

I1

xmasこちらは3年ほど前から、飾り付けをはじめられたIさん宅です。

I

xmasIさん宅は、エントランスを中心に外装をファンタジーに飾り付けておられ、メルヘンあふれる感じです。

 いずれのお宅もクリスマス前になると、きれいに飾り付けられるので、近所の我々もとても楽しみにしています。bell

 我が家も子供が小さいときは、庭の木に飾り付けを行なったりしていたのですが、だんだん面倒になってきて、今年は屋内のクリスマスツリーも飾っていない状況です。coldsweats01

みなさん、楽しいクリスマスをお過ごしください!

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2010年12月12日 (日)

LIFE for iPad

Life_for_ipad


 「LIFE for iPad」はアメリカの有名なグラフ雑誌「LIFE」の写真をiPadで閲覧出来るアプリです。文章ではなく写真を中心とした雑誌だったため、その写真は文章では表現出来ない説得力を持って語りかけてきます。
 初期画面のExplorerでは写真を国別にマッピングしてあり、アメリカの目線で見た各々の国の世情が伝わってきます。

Img_0023

 ヨーロッパは文化に関する写真が多く、中東の国々をタップすると兵士や紛争の写真が数多く掲載されています。日本はヒロシマ以外の写真は平和そのものです。これらの写真を見て、現在の日本の平和を実感するとともに、平和ボケした我が国への危機感を感じてしまったりするのは私だけでは無いと思います。

 Explorerの他に編集者がピックアップしたEditor's PicksやSports,Animalsなど分野別に写真が分類されているので、興味の有る写真をiPadの美しい画面で閲覧するのも一興です。

 LIFE誌は1972年以降、休刊と復刊を繰り返して2007年を最後に現在休刊中ですが、ウェブ上で写真を閲覧できるサービスを継続実施しているようです。

 フォトジャーナリズムに興味の有る方は、無料ですのでこのアプリをダウンロードしてお試しください。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

2010年12月 4日 (土)

MUJI CALENDARがGoogleカレンダーと同期出来ない件

Muji_calendar

 私は以前使っていたiPadの「カレンダー」から「MUJI CALENDAR」に変更してスケジュール管理を行なっているのですが、変更当初行なえていたGoogleカレンダーとの同期が、今はうまく行なえなくなっています。

 具体的には、
1) MUJI CALENDARを立ち上げる時に、同期失敗の「ネットワークエラー:-1009」や送信失敗の「エラー:400」が出る。
Img_0019Img_0020
2) 過去の特定期間(2週間ほど前)のスケジュールデータのみが重複して同じ日時にいくつも入る。
という症状に見舞われています。

 私だけかな?と思っていましたが、APPストアのカスタマレビューのコメントを確認すると、『同期出来ない』旨のコメントが沢山寄せられているので、アプリ自体に問題が有るようです。

 私の場合Googleカレンダーはほとんど使用しないので特に影響は有りませんが、併用している人にとっては致命的だと思います。2)のエラーについても、過去の特定期間のデータに関してのみなので、私にとってはそんなに大きな実害はなく、私は今も「MUJI CALENDAR」を使い続けています。

 ただ思うに、無料のアプリであれ、バグ等があれば開発側から現状報告するなりの仕組みをAppleは作った方が良いのではないでしょうか。 少なくとも現時点では、iTunesのプレビューサイトにもMUJI CALENDARのサポートサイト?(iTunesにサポートサイトとしてリンクされているが、サポート系の事は一切記述されていない)にも、一切そのような記述はされていないので、利用者にとっては自身のiPad上でのアプリの動きが自身固有の問題なのか、ユーザー共通の問題なのかは、他の人のコメントを確認して推測するしか術が有りません。
 とても、良いソフトを無料で提供していただいているだけに残念です。提供側への義務を押し付ける事は、無料提供する側にとって足かせになるので考慮は必要かとは思いますが、APPの健全な提供環境を維持しようとするのであれば、Appleはアプリ提供者に対して有料無料にかかわらず、バグ報告を明示する等のガイドラインは設けるべきだと私は思います。
 今は私のお気に入り「MUJI CALENDAR」の早期改良を待つばかりです。think

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ