« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

iOS4.2の少し不便になった点

Updates

 iOS4.2にアップデートして、バックアップ時間が短くなったり、アイコンのフォルダー管理ができたりと、色々と使い勝手が向上しているのですが、若干不便に感じる点も有ります。それは、縦画面から横画面への「スクリーン回転ロックスイッチ」が「システム音のためのサイレントスイッチ」に変更された事です。

 iOS4.2のユーザーガイドのP7を確認ください。下記は左がiOS3.2、右がiOS4.2のユーザーガイドですが、従来の回転ロックがiOS4.2では「サイレント」と表示されています。

Ipad_user_guide_jv3_2Ipad_ios4_user_guide_jp7_2

 画面の縦横ロックについてはユーザーガイドのP13に記載されています。

Ipad_ios4_user_guide_jp13

 ホームボタンをダブルクリックして、下方のマルチタスクバーを右にフリックすると、下のような画面になり、画面左下の赤く囲んだ部分が「回転ロックボタン」です。これをタップする事で回転するかロックするかの切り替えを行なう事になりました。

Img_0018

 縦横の回転は、仕事で文字入力を行なう時や寝転んでiPadを操作する時などはロックしておいた方が便利ですが、それ以外の時は都合に応じて回転させたいので、私的には結構よく利用するスイッチでした。それの切り替えに3アクションも増えてしまうのは少し面倒です。逆に、システム音のOnOffはほとんど必要ないので私にとってこれに関しては、改悪といった内容です。despair

 OSのアップデートによってハードウェアであるスイッチが違う用途に変更できるという事実は、私にとって『iPadもコンピュータなんだ』という事を再認識する事実でもありました。従来、家電製品がソフトのアップデートによって、スイッチの用途が変わるという事は有りませんものねえ。
 きっと近い将来、家電製品もこういったソフト変更によるハードスイッチの用途変更がおこなわれる事は当たり前になるのでは?と予感した次第であります。think

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2010年11月23日 (火)

早速iPadをiOS4にアップデート

Updates20101116 

 ようやく、iPadもマルチタスク対応のiOS4を搭載できるようになったので、
早速アップデートしてみました。

Ipad_2

 アップデート手順はとても簡単で、iPadをUSB接続したパソコンのiTunes上から(概要)の(バージョン)にある「アップデートを確認」ボタンをクリックすると、下記の画面が出てきますので「ダウンロードしてアップデート」をクリックします。するとiPadが勝手に再起動したりしながら自動的にアップデートを完了します。私の場合10分程度でアップデートが完了しました。

Ipad2_2

今日はiOS4.2の新機能マルチタスクをサイマルラジオAPP「Radiko」での活用を中心にご紹介します。

Img_0016_2

 マルチタスクはiPadの前面下にあるホームボタンをダブルクリックするだけで、最近使ったアプリケーションが画面下に表示され、アプリのアイコンをタップすると切り替えが瞬時に行なわれるというものです。これだけでは、マルチタスクで動いているのかどうかわからないのですが、いままでバックグラウンドで聴く事ができなかった「Radiko」をSafariでウェブ閲覧しながら聴く事ができるので、確かにバックグランドで動いている事がわかります。
 マルチタスクで便利になった点としては、同期中であろうがAPPのアップデート中であろうがRadikoは聴き続ける事ができるようになりました。

Img_0017

「Google」APPなどアプリによっては切り替えたタイミングでRadikoの音声が一時停止するものも有りますが、Radikoに戻って画面下のマルチタスクインターフェイスの部分を左にスクロールすると再生などの設定画面が表れますので再生ボタンをタップすると再びラジオを聴く事ができます。

 レスポンスの面ではマルチタスクになって、動きが遅くなるかな?と心配していましたが、今のところ全く普通に動いています。むしろMacと同期する時のバックアップ作成時間が大幅に短縮されており、Macに接続する時の無駄な時間がかなり減りました。バックアップのロジックが変わったのかな??

 OS4対応でないAPPを利用している人は注意が必要ですが、私の場合はOSをアップデートして非常に良かったです。happy01

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2010年11月14日 (日)

最近衝動買いした腕時計(SKAGEN Forest2010)

 私がApple製品を好むのは、デザイン性と機能性を兼ね備えたモノが多いからです。そういう意味では「SKAGEN」というデンマークの時計メーカーの製品も、北欧らしいシンプルで機能的なデザインを特徴としておりAppleのデザイン哲学と共通した部分が有ります。

 今日は、先日私がついつい衝動買いした「SKAGEN」の腕時計をご紹介します。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

 SKAGENは2007年から「オーシャン&フォレスト」という美しい「海」と豊かな「緑」をデザインモチーフにした日本限定モデルを販売しています。私が購入したのは、その2010年モデルのフォレスト(森)バージョンです。

 デザインに説明を加えるのは野暮な話ですが、少し私見を入れてご説明。。

P1020580

 針が緑色で文字盤が銀色と白のツートンカラーなので、かなり個性的な感じなのですが、文字盤の配置や形そのものは非常にシンプルなので、アクの強さが掻き消されて、程よいバランスで成り立っています。

P1020587P1020586

 ツートンの文字盤も無彩色なので、角度を少し変えるとほぼ単色に見えるし、細い緑の針が浮き立って時間をしっかり伝えてくれます。

J355xlslme_3

 薄さはSKAGENの時計の大きな特徴で、コイツもシャツの袖口にしっかり納まり邪魔になりません。

P1020594

 裏蓋にはシリアルナンバーが刻印されています。1000本限定で私のは243番です。「限定」という言葉にも弱い私。。gawk

 この時計のムーブメントは日本製で、自社で作っている訳では有りません。世の中には貴金属としての時計も数多く存在しますが、安価なムーブメントを利用して、デザイン性の高い時計を作るSKAGENのようなメーカーの時計をTPOにあわせて着用する方が、私の性(しょう)と財布にはお似合いです。confident


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2010年11月 6日 (土)

iPadカレンダーからMUJI CALENDARへ引越し

Muji_calendar

「MUJI CALENDAR」は無印良品のiPad用スケジュール帳です。私はiPadの標準アプリである「カレンダー」とMacの「iCal」を同期して利用していたのですが、スケジュール入力をiPadの「カレンダー」で行なう際に
・スケジュール変更は、変更したいイベントの編集モードに入らなければできない
・『外出』や『イベント』などのカテゴリー変更はiPad上からは出来ないので、削除&再入力の必要がある
など、不便を感じる点がいくつか有りました。

 MUJI CALENDARは、その点が解消されており、おまけにToDo管理も出来るので、iCalのデータをMUJI CALENDARに移行して、MUJI CALENDARをメインのスケジューラーとすることにしました。

 今日は、私が行なったデータ移行の手順をご紹介します。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 iCalのデータは直接MUJI CALENDARに移行出来ません。双方が同期できる「Googleカレンダー」を仲介して移行するということになります。

<手順1> iPadのMUJI CALENDAR上でGoogleカレンダーと同期

Img_0082 Img_0083

 右上の歯車アイコンをタップするとGoogleアカウントの設定等ができる「設定」画面が表れますので、アカウント設定をタップして、Googleであらかじめ登録したGoogleアカウントの「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。既に、GoogleカレンダーとiCalで同期をとって、Googleカレンダーに全てのスケジュールが入っている人は以上で移行完了ですが、私はGoogleカレンダーとiCalの同期をとっていなかったので、以下の手順で同期をとりました。


<手順2> Googleカレンダー上に予めカテゴリー別カレンダーを作成

3_2

 私は上記のようにiCalで「イベント」「社内」など5種類のカテゴリーと祝日表示用に「日本の祝祭日」の合計6種類のカレンダーを表示させて運用しています。そこで、Googleカレンダー上にも予め6種類のカレンダーデータの受け皿を作っておく必要があります。


0_4

 先ずはSafariなどのWebブラウザソフトでGoogleのトップページを開き、ログインした状態で「その他」の「カレンダー」を選択します。


1_2

 左の「マイカレンダー」欄にはgmailアドレスのカレンダーと先ほどアカウント設定したMujiDiary、そしてToDoリストが表示されますが、これらにカテゴリー分け用のカレンダーを追加しますので、「追加」をクリックします。


15

 すると「新しいカレンダーの作成」画面に移りますのでカテゴリー分けするカレンダー名を入力して「カレンダーを作成」ボタンをクリックします。この時のカレンダー名は、iCalのカレンダー名と同じにしておくと、移行時の混乱は少なくなるでしょう。全てのカテゴリーカレンダーを作成できるまで上記の追加手順を繰り返します。


9

 カレンダーの色分けは、マイカレンダーのカレンダー名右側の▽印をクリックするとプルダウンが出てきて、好みのカラーが選べます。MUJI CALENDAR上では、シックな色合いに統一されますので、Googleカレンダー上ではメリハリの有る色使いにした方が、カテゴリーの違いが判別しやすくなるでしょう。受け皿が整えば、iCalデータの書き出しとGoogleカレンダーへの読み込みを行ないます。


<手順3> iCalデータの書き出し

4_2 5

 iCalで書き出したいカレンダーを選び、ファイルメニューの「書き出す」を選び任意の場所(私の場合はデスクトップ)に一つずつ書き出しを行ないます。ファイルは『.ICSファイル』として書き出されます。


<手順4> Googleカレンダーへの読み込み

 先ほど書き出したカレンダーファイルを、用意した受け皿に読み込んでゆきます。

10 

 Googleカレンダーにアクセスし、左側マイカレンダーの「設定」をクリックします。


6_3

 カレンダー設定の画面で左下側「カレンダーをインポート」をクリックします。


7 8

 「カレンダーをインポート」のポップアップ画面が表れますので、「ファイルを選択」ボタンを押して先ほど書き出した.icsファイルを選び、準備した受け皿であるカレンダーを選択して「インポート」ボタンをクリックします。
(注意!この時のファイルとカレンダーは同じ名前のものを選択してください。)
 カレンダーの読み込みが完了すると右上のような画面が出てきますので、書き出した全てのファイルを読み込むまで、インポートを繰り返してください。

<手順5> 「MUJI CALENDAR」で同期が出来ているか確認

Img_0079

 最後にiPadでMUJI CALENDARを立ち上げてデータが全て移行しているか確認してください。なお、この設定によりGoogleカレンダーとMUJI CALENDARは双方向に同期がとれているはずです。
 引っ越しは少し面倒ですが、完了すれば仕事の道具としてiPadの利用価値が上がる事、請け合いです! よろしければお試しを!!


※これは、私が行なった移行方法であり、他に良い方法が有るかもしれません。もし、他に良い方法があればお知らせください。また、思い出しながら手順を追って書き綴りましたので、説明の不備によってトラブルが起こったらごめんなさい。自己責任にて対応お願いします。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2010年11月 3日 (水)

文字の手帖01(モリサワのAPP)

01_2

 今日はフォント(書体)の大手メーカーである株式会社モリサワが提供している「文字の手帖01」というiPhone用のAPPをご紹介します。

 一般の方にとっては、フォントなどあまり意識されないと思いますが、デザインや印刷関係のお仕事の方には必要不可欠なものですので、iPhoneやiPadに入れておくと見本帳として便利に使えると思います。

 コンテンツは
『書体見本帳』と
『Morisawa Font Dictionary』(用語解説)と
『文字あわせ』(フォントの神経衰弱ミニゲーム)です。

Img_0069

 書体見本は書体やウエイトによる微妙な文字の違いを確認する事ができます。

Img_0070_2Img_0071

 書体画面で「解説」をタップすると、その書体の特徴などが解説されています。
「リュウミン」は「森川文堂朝体」がベースなので「リュウミン」なんだという事を、私は初めて知りました。

Img_0072

 『Morisawa Font Dictionary』はフォント関連の用語の辞書として利用出来ます。

Img_0073Img_0074

 このAPPはiPhone用なので、画面はiPadでは等倍だと小さく表示されます。
しかし『Morisawa Font Dictionary』の「Adobe-Japan」の解説にはかなり小さな文字のPDFデータ(?)を貼付けている部分があり、iPhoneでは判読困難だろうというところも有るのは、ご愛嬌ですcoldsweats01
iPadで2倍表示すると、その部分は奇麗に判読できます。(普通の文字はギザつきますが。。)

Img_0075

『文字あわせ』は早く全て揃えれば褒めてもらえます。
Img_0076

フォントに興味の有る方は、インストールしてみてください。無料です。


★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ