« 文字の手帖01(モリサワのAPP) | トップページ | 最近衝動買いした腕時計(SKAGEN Forest2010) »

2010年11月 6日 (土)

iPadカレンダーからMUJI CALENDARへ引越し

Muji_calendar

「MUJI CALENDAR」は無印良品のiPad用スケジュール帳です。私はiPadの標準アプリである「カレンダー」とMacの「iCal」を同期して利用していたのですが、スケジュール入力をiPadの「カレンダー」で行なう際に
・スケジュール変更は、変更したいイベントの編集モードに入らなければできない
・『外出』や『イベント』などのカテゴリー変更はiPad上からは出来ないので、削除&再入力の必要がある
など、不便を感じる点がいくつか有りました。

 MUJI CALENDARは、その点が解消されており、おまけにToDo管理も出来るので、iCalのデータをMUJI CALENDARに移行して、MUJI CALENDARをメインのスケジューラーとすることにしました。

 今日は、私が行なったデータ移行の手順をご紹介します。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 iCalのデータは直接MUJI CALENDARに移行出来ません。双方が同期できる「Googleカレンダー」を仲介して移行するということになります。

<手順1> iPadのMUJI CALENDAR上でGoogleカレンダーと同期

Img_0082 Img_0083

 右上の歯車アイコンをタップするとGoogleアカウントの設定等ができる「設定」画面が表れますので、アカウント設定をタップして、Googleであらかじめ登録したGoogleアカウントの「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。既に、GoogleカレンダーとiCalで同期をとって、Googleカレンダーに全てのスケジュールが入っている人は以上で移行完了ですが、私はGoogleカレンダーとiCalの同期をとっていなかったので、以下の手順で同期をとりました。


<手順2> Googleカレンダー上に予めカテゴリー別カレンダーを作成

3_2

 私は上記のようにiCalで「イベント」「社内」など5種類のカテゴリーと祝日表示用に「日本の祝祭日」の合計6種類のカレンダーを表示させて運用しています。そこで、Googleカレンダー上にも予め6種類のカレンダーデータの受け皿を作っておく必要があります。


0_4

 先ずはSafariなどのWebブラウザソフトでGoogleのトップページを開き、ログインした状態で「その他」の「カレンダー」を選択します。


1_2

 左の「マイカレンダー」欄にはgmailアドレスのカレンダーと先ほどアカウント設定したMujiDiary、そしてToDoリストが表示されますが、これらにカテゴリー分け用のカレンダーを追加しますので、「追加」をクリックします。


15

 すると「新しいカレンダーの作成」画面に移りますのでカテゴリー分けするカレンダー名を入力して「カレンダーを作成」ボタンをクリックします。この時のカレンダー名は、iCalのカレンダー名と同じにしておくと、移行時の混乱は少なくなるでしょう。全てのカテゴリーカレンダーを作成できるまで上記の追加手順を繰り返します。


9

 カレンダーの色分けは、マイカレンダーのカレンダー名右側の▽印をクリックするとプルダウンが出てきて、好みのカラーが選べます。MUJI CALENDAR上では、シックな色合いに統一されますので、Googleカレンダー上ではメリハリの有る色使いにした方が、カテゴリーの違いが判別しやすくなるでしょう。受け皿が整えば、iCalデータの書き出しとGoogleカレンダーへの読み込みを行ないます。


<手順3> iCalデータの書き出し

4_2 5

 iCalで書き出したいカレンダーを選び、ファイルメニューの「書き出す」を選び任意の場所(私の場合はデスクトップ)に一つずつ書き出しを行ないます。ファイルは『.ICSファイル』として書き出されます。


<手順4> Googleカレンダーへの読み込み

 先ほど書き出したカレンダーファイルを、用意した受け皿に読み込んでゆきます。

10 

 Googleカレンダーにアクセスし、左側マイカレンダーの「設定」をクリックします。


6_3

 カレンダー設定の画面で左下側「カレンダーをインポート」をクリックします。


7 8

 「カレンダーをインポート」のポップアップ画面が表れますので、「ファイルを選択」ボタンを押して先ほど書き出した.icsファイルを選び、準備した受け皿であるカレンダーを選択して「インポート」ボタンをクリックします。
(注意!この時のファイルとカレンダーは同じ名前のものを選択してください。)
 カレンダーの読み込みが完了すると右上のような画面が出てきますので、書き出した全てのファイルを読み込むまで、インポートを繰り返してください。

<手順5> 「MUJI CALENDAR」で同期が出来ているか確認

Img_0079

 最後にiPadでMUJI CALENDARを立ち上げてデータが全て移行しているか確認してください。なお、この設定によりGoogleカレンダーとMUJI CALENDARは双方向に同期がとれているはずです。
 引っ越しは少し面倒ですが、完了すれば仕事の道具としてiPadの利用価値が上がる事、請け合いです! よろしければお試しを!!


※これは、私が行なった移行方法であり、他に良い方法が有るかもしれません。もし、他に良い方法があればお知らせください。また、思い出しながら手順を追って書き綴りましたので、説明の不備によってトラブルが起こったらごめんなさい。自己責任にて対応お願いします。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

« 文字の手帖01(モリサワのAPP) | トップページ | 最近衝動買いした腕時計(SKAGEN Forest2010) »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadカレンダーからMUJI CALENDARへ引越し:

« 文字の手帖01(モリサワのAPP) | トップページ | 最近衝動買いした腕時計(SKAGEN Forest2010) »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ