« Dailyノートが突然落ちて痛い目に。。 | トップページ | 文字の手帖01(モリサワのAPP) »

2010年10月24日 (日)

iPadでWindowsマシンを操作(Splashtop Remote Desktop)

Splashtop_remote_desktop

 iPadからWindowsパソコンにアクセス出来るソフト「Splashtop Remote Desktop」の評判が良いようです。APPのトップチャート1位で、現在記念価格115円セール中という事で早速購入してインストールしてみました。(「お買い得」という言葉にめっぽう弱い私なもんで。。)

 今日は、「Splashtop Remote Desktop」のインストール方法を中心にご紹介します。

まず、iPadと同じネットワーク上のWindowsマシン(Windows7,Vista,XP対応)に「Splashtop Remote Server」のソフトをインストールしなければなりません。

1)「Splashtop Remote」のWebページを開いて中央の『Download for your Computer』をクリックするとプログラムのダウンロードが始まりますので、指示に従ってインストールを行ないます。(英語のサイトですがテキトーに進めると思います。私の場合、iMac上のbootcampで稼働しているWindowsVistaにインストールしました。)

Splashtop1

2)インストールが終了すると、下記のパスワード設定の画面が出てきます。「Password」欄に任意のパスワードを入力して、「Confirm」欄に確認のため同じパスワードを再入力します。
Security

3)パスワードの入力が終了すると、下記のステータス画面に変わりWindowsPC側の設定は終わりです。

Status

 

4)次にiPadの 「Splashtop Remote Desktop」をタップして立ち上げると同一ネットワーク上の「Splashtop Remote Desktop」がインストールしてある接続可能マシンを探して一覧表示しますので、アクセスするPCをタップします。

Img_0060

5)最初は下記のパスワード入力画面が表れますので、2)で設定したパスワードを入力します。

Img_0061

6)するとWindowsPCにアクセスが行なわれ、下記の簡単な操作説明画面が出てきます。「Continue」をタップすればWindowsマシンの操作開始です。

Img_0067

 

7)キーボードを使用する場合は、右下のキーボードマークをタップすればソフトウェアキーボードが現れます。

Img_0063

8)ソフトウェアキーボードは上部にWindowsを操作するために独自のファンクションキーが付いている親切な設計です。

Img_0064

9)これで、iPadを使ってFlashの埋め込まれたWebページも閲覧が可能となります。

Img_0065

 このようなアクセスソフトが安価に入手できるようになると、Windows中心のオフィス環境のビジネスシーンでiPadの活用範囲を拡げる事が期待できます。
 一方、個人的な利用用途としては、デスクトップのWindowsマシンをつけっぱなしにしておいて、家の中でゴロゴロしながらiPadでFlashゲームで遊ぶ程度の事くらいしか思いつきません。でも、情報リモコンのような使い方がiPadの本質的な価値のひとつなのかも知れません。

 いずれにしても使ったところレスポンスは結構良いので、これからも色々と試してみて用途を拡げたいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

« Dailyノートが突然落ちて痛い目に。。 | トップページ | 文字の手帖01(モリサワのAPP) »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadでWindowsマシンを操作(Splashtop Remote Desktop):

« Dailyノートが突然落ちて痛い目に。。 | トップページ | 文字の手帖01(モリサワのAPP) »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ