« iPadで少し不便に感じたこと | トップページ | iPad利用者に初遭遇 »

2010年6月 2日 (水)

iPadで雑誌なんかも読みたくなってきた

 6月1日よりサービス提供を開始したと思ったら、アクセスが集中して、すぐにコンテンツ配信を一時停止した「ビューン」。
 iPad向けだと月額450円で、毎日新聞、スポーツニッポンといった新聞をはじめ、週刊ダイヤモンドやDIMEといった数多くの雑誌まで閲覧できるとなると、申し込みが殺到するのも当然でしょう。

 最初は、「iPadで読書なんて」と思っていた私ですが、iPadでも新聞を違和感なく読める事に気づいてから、iPadはやはり 読書=紙媒体 という従来のトレンドを大きく変える革新的なアイテムだと感じています。

 なぜiPadは違和感なく新聞を読めるのでしょうか?

思うに、「紙の新聞」を読むときに必要な視線と手による共同作業が、「iPad上の新聞」を読むときは必要最小限に抑える事ができるからではないでしょうか。

通常、新聞を読むという作業は
1. 全体に目を通して【視線を動かす】
2. 読みたい見出しを見つけ【視線を動かす】
3. 目標が決まれば読みたい記事に視線を集中するために、【視線を動かす】
4. 大きな新聞を見易い位置に手で動かして読みます。【手を動かす】

 iPadで新聞を読む場合、
視線はほとんど動かさずに済みますし、手の動きも指先を少し動かすだけですので、
内容に集中する事ができます。しかも、文字は紙の新聞よりも大きくできます。(老眼にはありがたい!)
画面も直射光を見ているとは思えないほど、刺激は少ないけれど美しい画面です。

これは、もうiPadで読むしか無いでしょう!!
で、ビューンはいつ配信を再開するのかな? Wi-Fiモデルでも購読可能かな?

配信が再開すれば、私もトライしてみたいと思います。

« iPadで少し不便に感じたこと | トップページ | iPad利用者に初遭遇 »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadで雑誌なんかも読みたくなってきた:

« iPadで少し不便に感じたこと | トップページ | iPad利用者に初遭遇 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ