« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

iPad WiFi版ビューン再開

 サッカーワールドカップの決勝ラウンドで日本は、1回戦敗退という残念な結果でしたが、
今年の代表チームは、なかなか良いチームだったなと思います。
 僅差のゲームでしたが、この僅かの差を埋めるのに結構時間がかかるんでしょうね。
4年後は、もう一歩前進できる事を期待したいと思います。

 さて6月2日に「ビューン」の事を書きましたが、ようやくダウンロードを再開したようです。

 今回、iPad WiFi版限定の「期間限定お試し版」という事ですが、
早速ダウンロードして試してみました。

 一旦、ダウンロードすると、オフラインでも閲覧できるのは便利です。
ただし、新聞はiPad用に抜粋した限定記事ですし、書籍数も今は少ないです。
 結構、ダウンロードしておけるのですが、iPadのディスクをどの程度
使うのかも気になるところです。

 価格だけの価値が有るかどうかは、しばらく試してみてからの結論に
なりそうです。


 今日は早く寝よう。あ〜眠たい。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

2010年6月29日 (火)

iPad購入から1ヶ月

 最近の若いカップルは、付き合いはじめて1周年記念日はもちろんの事、
1週間記念日とか、1ヶ月記念日とか、やたら「記念日」を作りたがるようだと
テレビで知って、
「何だかな〜」とオジサンは日本の将来を憂いていたのですが、
今日で、家にiPadがやってきて、ちょうど1ヶ月になりました( ̄ー ̄)ニヤリ

 この1ヶ月、妻と一緒にいる時間よりもiPadと一緒にいる時間の方が
長かったりするわけですが、今なお飽きずにタップし続けているのは、
常に新しい発見が有るからだと思います。

 iPadの魅力を一言で言い表すのはムツカしいのですが、
現実的な「道具」としての利便性もさることながら、
未知のものを学習する喜びであったり、
「人間ってこんなモノを作れるんだ」という感心であったり、
美しいコンテンツを見た時の感動であったり、
Appleの儲かる仕組みに、まんまとハマってゆく反省であったり、
話題のデバイスを通して深める事のできる、
コミュニケーションであったりします。

飽き症な私ですが、まだ当分、飽きそうにないので
当面はiPadのおやじエバンジェリストになることを目指して、
使い倒したいと思います。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2010年6月27日 (日)

iPadの迷惑メール

 iPadには「メール」という名のメールソフトが入っています。
(もう少し気の利いた名前が付けれなかったのかい?)

 私はYahoo!メールとGmailのアカウントを持っており、iPadの
「メール」でも受信できるように設定していますが、
iPadでメールチェックするようになってから私のYahoo!メールの
アカウントに届く迷惑メールが、やたら多い事に気づきました。

 何故、iPadでチェックするようになってから気づいたかというと
iPadのYahoo!メールには迷惑メールを振り分ける機能が無いようで
全て受信BOXに格納されるため、迷惑メールも含めた全てのメールを
見なければ捨てる事が出来ないからです。

 Yahoo!メール自体には迷惑メール対策が有り、自動的に迷惑メールBOXに
格納する設定にしているので、ブラウザ上やMacの「Mail」で確認していた
時は全く気にしていませんでしたが、iPadの「メール」で受け取る時は、
全て受信BOXに入ってしまうようです。

 GmailアカウントではiPadの「メール」でも迷惑メールBOXが有るので
迷惑メールを開封せずに済んでいます。

 同じドメインからの迷惑メールに対しては、とりあえず、
受信拒否設定で逃げていますが、Yahoo!メールでも
iPad用の迷惑メールBOXが出来ればいいのになあと思います。

 どなたか、良い方法をご存知の方はお知らせください( _ _)


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2010年6月26日 (土)

iPadとワールドカップ

 サッカーのワールドカップで睡眠不足の方も多いようですが、
かくいう私もその一人です。
先日の日本vsデンマーク戦は、いつもより早く23時に就寝し、
目覚まし時計に頼らず3時30分に目が覚め、6時前までテレビ観戦し、
30分ほど仮眠をとったのち支度をして出社という、
50おとこにとってはかなり強行軍でしたdespair

 今回のワールドカップ日本代表は戦前の期待が少なかった分、
グループリーグ3試合とも期待以上のパフォーマンスを見せてもらえたので、
勇気や感動を与えてもらえました。
 決勝トーナメントも、良からぬ期待はせずに応援したいと思います。


 さて、そんな南アフリカワールドカップをiPadで楽しむなら
南ア・ワールドカップ Daily Magazine「theWORLD」です。
 
 前の日の全ての試合について写真を中心に試合経過を解説されており
枠内外のシュート数やボール支配率などデータも記載されているので
見ていない試合もどのような流れだったかがイメージできるようになっています。

 ページジャンプが無いので操作性が悪いというレビューも有るようですが、
私は、最初から最後までひととおり、じっくり読みたいタイプなので
不便を感じません。
 それよりも、写真の美しさや、適度なカット割りによって
「日刊雑誌」を読むような感覚で楽しめるので、とても気に入っています。

 だいたい午前中には更新してくれるので速報性もあります。
昼休みにマクドナルドなどのホットスポットで最新データに更新しておき、
時間の有る時にゆっくり見るという使い方が良いのではないかなと思います。
(わからないけど3Gだとかなりダウンロードに時間がかかるかな?)

PC版はバックナンバーを閲覧出来ます。
(バックナンバーのViewerはFlashを使ってるのでiPadでは閲覧不可wobbly

ワールドカップ期間中、無料で配信し続ける予定のようなので
未だダウンロードしていないサッカーファンは是非試してみてください!


.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

2010年6月24日 (木)

iPadのアラート

 iPad購入後、初めてアラートが出ました。

Alert

これは、ソフトをいくつかインストール後GoogleEarthをぐりぐり動かしていた時に
発生しました。

指示通り、電源ボタンを長押ししてシャットダウン後、再起動すればなおりました。

そういえば、最近、スリープばかりで再起動していなかったので、発生したのかも
しれません。
やはり、iPadも人間と同じで、たまには再起動をしてリフレッシュしてやらないと、
いけないようですね。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2010年6月23日 (水)

iPad用の「i文庫HD」は噂以上にすごい

 iPad APPの中でも常に売れ筋トップチャートに入っている「i文庫HD」を
使用していますが、うわさ以上に価値あるアプリだと思います。

<Valueその1>有名な文学作品が無料で読める
 そもそも青空文庫の存在自体を私は知らなかったのですが、
青空文庫とはインターネット上の電子図書館だそうです。
青空文庫には日本国内において著作権が消滅した文学作品が公開されているのですが、
著者の没後50年で著作権が消滅するそうで、夏目漱石、芥川竜之介、太宰治などの作家も
これに該当し、全て無料で読む事が出来ます。
 「i文庫HD」は、この青空文庫の書籍を内蔵しており、必要に応じてダウンロードする
ことで数多くの文学作品をiPadで読む事ができるようになります。

<Valueその2>PDFデータなどを自分で本棚に追加できる
 iBooksと同様のバーチャルな本棚に、PDF形式などのデータを追加保存出来ます。
つまり、PDFリーダーとして活用出来るので情報の整理にも役立ちます。
私は、自社商品と競合商品のPDFカタログを保存して、必要に応じてチェックしています。

<Valueその3>右開き左開きの選択が可能
 日本語の書籍は縦組が多いので、左開きだとかなり違和感を感じますが、
i文庫HDは左右開きが選べるので、本当に単行本を読んでいる感覚で読書できます。


これだけ出来て現在700円! 安い!!

このソフトのおかげで電子書籍リーダーとしてのiPadの価値は、飛躍的に高まるのでした。
めでたし、めでたし。


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

 

2010年6月21日 (月)

iPadとBUFFALO無線子機との接続テスト

 何だか、最近動作テストばかりなのですが、今日はBUFFALOの無線子機WLI-UC-GNを買ってきて接続チェックをしました。

 私は知らなかったのですが、最近の無線子機には「親機モード」というのがあって、有線のLANにつながっているPCに親機モードの無線子機をUSBでつなげばWiFiのアクセスポイントになるようなのです。

 つまり、有線のLAN環境にぶら下がっているPCにこの無線子機を挿して、WiFiで通信すればiPadもPC経由でインターネットに出て行けるというわけです。
 しかも、最近無線子機の価格は大幅に下がっていて、この機種だと1500円程とリーズナブル!(妻からのプレゼント Thanks)

 で、結果は見事に接続OKでしたhappy01

 USB端子に子機を差し込んだ状態でPCを起動しなければ、WAN側に出て行かないなどの制限は有るようなので、それがわかるのに少し時間がかかりましたが、結果はオーライです。

 WiFiモデルのiPadは無線LAN環境が無ければ、インターネットを利用する事ができませんが、家に無線ルーターが無くてもこの方法だと、お手頃価格で無線LAN環境を構築できるので、今後こういうケースも多くなるかも知れません。(*゚▽゚)ノ


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

2010年6月19日 (土)

iPadとモバイルWiMaxの通信チェックを行なってみた

 先日、仕事関係の友人がエディオンクオルネットのモバイルWiMaxルーター
AtermWM3300Rを持っていたので、大阪市内で私のiPadと接続して
インターネット通信テストを行ないました。

 ビルの中での通信チェックだったので、場所によっては基地局からの電波が届きにくいケースも有りましたが、おおむね良好で、SafariによるWeb閲覧などは快適に動く事が確認出来ました。

 ただし産經新聞HDの記事取得については、自宅のケーブルインターネット(100Mbps)のような訳にはいかず、結構時間がかかりました。これもビル内だったので、電波状況によるのかも知れません。

 いずれにしても、下り最大40Mbpsで使い放題4480円/月なので、WiFiモデル購入者で屋外でもネット接続を頻繁に行なう人にとっては、候補のひとつになると感じました。
※メーカーはiPadとモバイルWiMaxルーターとの接続確認等は現時点でおこなっていないようですので、検討および契約は自己責任でお願いします。

 私は、とりあえずもうしばらく様子を見て、必要に迫られれば財布と相談の上、検討しようと考えています。当分は、ソフトバンクのWiFiスポットで我慢かな??
(゚ー゚;

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2010年6月15日 (火)

iPadは落としても壊れない?そんな筈は無い。

 iPadには「とって」が有りません。
しかも、背面はなだらかな曲面になっているため、直に手で持つ時に
落とさないかと不安になります。

 実際、私は2回床に落としました。(あかんがな!)
幸いにも、落としたのが絨毯の床だったため、
今のところ大事には至っていません。(ラッキーなだけ??)

 iPad用のケースを本体と同時にAppleオンラインストアで購入しようかとも
思ったのですが、実際に見てみないと質感がわからないし
ケースについては、サードメーカー品が今後色々出てきそうだったので
購入を見合わせていました。

 とりあえず今は、過去にB5ノートPC用に買った低反発ウレタン製の
衝撃吸収型ソフトケースに入れて持ち運んでいます。

 使うときは裸で操作していますので(私ではなくiPadね)、
使用中に落として破損しないように、ケースも早めに購入しようと思います。

ケース選択も、また楽しnote

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

2010年6月13日 (日)

iPadで「勝訴」!

 iPad向けの無料のソフトがAppStoreから、色々とダウンロードできるのですがその中でも、もうばかばかしくって、とても私のお気に入りなのが「勝訴」です。

Img_0007

 そう、裁判の判決直後に法廷内から転げそうになりながら走って出てくる人が「勝訴」とか「無罪」とか紙に書かれた例のアレをそのままiPadで表示するという奥深いソフトです。
 例のアレは、何と言う名称で誰が何の目的で差し出すのかよく解らないので、ネットで色々調べようとしましたが、結局のところいまひとつ解りませんでした。coldsweats01

 いちおう、調べた結果をいくつかご紹介。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2986437.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2230331.html

 情報によると、傍聴した裁判の関係者が判決を速報で伝えるための手段であるという事は想像できるのですが、なにゆえ毛筆で紙に書いて差し出さなければなければならないのか?大声で「無罪判決が出ました〜」ではダメなのか??はなはだ疑問であります。。。
 まあ、ニュース映像的には、例のアレを出してくれた方が、よろしいんでしょうねぇ。

 そもそも、結局例のアレの正式名称はわからず(たぶん正式名称など無い)、詳しく調べる事も出来ませんでした。

 で、このソフト「勝訴」ですが、
弁護士を目指す子供が将来に備えて裁判ごっこをする時に用いるとか、

Img_0011_2

満員電車で痴漢の疑いをかけられた会社員が自らの主張を訴えるために用いるとか、

Img_0010

はたまた夫婦喧嘩の仲直りのきっかけに用いるとか、

Img_0008_2

利用用途を思いめぐらすだけで、貴重な人生の時間は過ぎて行くわけですが、
くれぐれも酒の席でiPadを掲げて、周りの皆にドン引きされることのないように
使用方法には細心の注意を払いたいと思います。(^-^;


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2010年6月12日 (土)

GoodReaderでiPadをPDFリーダーとして使う

 iPadの購入動機のひとつだった、iPadをPDFリーダーとして使うため、市場評価の高い「Good Reader」をダウンロード(今ならAPP Storeでたったの115円!)しました。

 ファイルの転送はネットワーク上のPCから簡単に行なえました。ソフトが英語なのですが、直感的に使えるので大きな問題は有りませんでした。

Picture_3_2

※上がGood Readerのデータ転送時の画面です。
1.画面下方の無線ネットワークのアイコンをタップすると
「Wifi-transfer」ウィンドウが表示されますので、
2.に表示されるIPアドレスを同一ネットワークPC上のWeb
ブラウザ(SafariやIE)上でアドレス入力すると、iPadと通信が
確立して、PCからのデータ転送が可能になります。

 iPadへのファイルの転送が完了すれば、ネットワーク環境の無いところでも書類の閲覧が可能となります。
 ファイルの表示は、とてもスムースで拡大縮小も指先で行なえるのでらくちんです。しかも、うちの会社のPDFマニュアルはページリンク情報が埋め込まれているので、目次をタップするだけで、読みたい項目のページに飛んでくれてとても便利です。

 商品カタログも読み込ませましたので、商品の詳細等を客先でチェックしたい時にも役立つと思います。今のところPDFファイルしか入れていませんが、静止画から動画や音声ファイルまで閲覧可能なようですので、iPadのローカルファイルはGood Readerで管理しようと思います。

 最近、不毛な会議や打ち合わせが多くて客先に行く事が少なくなったのですが、早く客先で活用したいもんです。ψ(`∇´)ψ


...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2010年6月11日 (金)

iPadでの音楽再生について

 iPad販売開始の日に、ファーストインプレッションとして「音も結構いい」と書きましたが、iPadでの音楽再生についてもう少し詳しく書きます。

 iPadには小さなモノラルの内蔵スピーカーがついているだけなので、オーディオ用のスピーカーで聴くような音質を望む事はできないのですが、クリアな音の処理が施されており、私にとってはとても心地よい音です。
 これは、MacintoshなどAppleの音処理全般に共通した傾向だと思います。

 私は、iMac Intel Core 2 DuoにWindowsVistaもインストールしてBootCampによるDualBootで使用していますが、WindowsVistaとMacOSで同じCDを再生して聴き比べると、Windowsでの再生音はとても「こもった」音に聴こえます。両方とも再生ソフトはiTunesの初期設定を使用していますので、違いは起動するOSのみです。
 つまり、OSが持つ音の作り方の違いが音の違いになって表れていると思われるのです。

 iPadは音量以外に音質等を調整するところは皆無なのですが、それでもクリアな音を出すのは、やはりApple製品の音再生のやり方に則っているからだという事でしょう。

 音は人によって好みが分かれるところですが、私はAppleの音がとても好きです。


☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

2010年6月10日 (木)

腎臓結石の定期検診

 いきなり、iPadと全く関係のないタイトルですが、今日は半年に1回の腎臓結石の診断で病院に行ったため、会社を休みました。

 2年前の春に、会社の定期検診で腎臓に結石がある事を指摘され、専門医にかかったところ2.5cm程の結石が腎臓に有りました。通常、それくらいの大きな石になると内視鏡手術などで取り出す必要があったのですが、私の通う病院は「衝撃波破砕治療」という音波で腎臓にある石を砕くという方法で対処してくれました。おかげで手術することなく小さくなった石を排尿とともに出したのですが、若干小さな石が腎臓に残っているため、それ以降半年に一度石の状態を経過観察するため通院しています。

 今日の結果は、まだ若干小さな石らしきものが腎臓に残っているが、問題にするほどでは無いので、引き続き経過観察しましょうということになりました。

中年を過ぎると、身体のどこかがいたんでくるので、皆さんお気をつけ下さい。


 ところで、医療機器への影響を配慮して病院や公共交通の優先座席付近では携帯電話の電源をオフにする事になっていますが、iPadの場合はWi-Fiモデルは「OK」で3Gモデルは「NG」なんでしょうか??
結構微妙やなぁ。


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2010年6月 9日 (水)

iPadのメモ同期

 仕事でメモ帳代わりにiPadのメモを利用しているので、辞書の学習機能が働き、かなり効率よく入力ができるようになってきました。

 困るのは修正したい時に、思うように選択範囲が選びにくい事です。
ソフトウェアキーボードには矢印キーが無いので、カーソルを少し動かしたい時も、画面をタップせねばならず、なかなか思うところにカーソルが移動してくれません。このあたりはマウスなどのポインティングデバイスの方が使いやすいなぁと思います。

 ところで、このメモもiTunesを通じて、Macと同期出来るのですが、いったい何処に同期しているのかわかりませんでした。しかし今日、iPadパーフェクトガイドを読むと、MacのMailに同期されている事が判明。確かに、「備忘録」の「メモ」に全てのメモが同期されていました。

メモ内でキーワード検索もできるので、メモが増えても簡単に必要なメモを探し出す事ができます。ノートにメモっていた頃は、必要なメモを探しだすのに一苦労でしたが、かなり便利になりました。


2010年6月 8日 (火)

iPad指紋対策にみる偏愛傾向

 iPadを使っていて、何より気になるのは画面に指紋が付くことです。

 タッチセンサーパネルなので、汚れるのは当たり前なのですが、スリープして画面が暗くなると、指紋のオンパレードに卒倒しそうになります。

 そんなに、潔癖性でも無いつもりなのですが、使用後は画面を拭くクロス(iMacを買った時に付いていたもの)でせっせと磨いています。このクロスは、画面を傷つける事無く奇麗に磨けるので、重宝しています。

 机のまわりに書類が煩雑に積まれていても平気なのに、iPadの画面を使い終わると奇麗に磨くオヤジを見て、会社の仲間はきっと私の事を二重人格者だと思っているに違い有りません。

笑わば笑え。iPadと私、仲良き事は美しき哉。

2010年6月 5日 (土)

iPadを使って1週間

 今日は、息子が所属する混声合唱団「クール・シェンヌ」の第11回演奏会を聴きに、大和高田市のさざんかホールへ行ってきました。クール・シェンヌは音の重なりや響きがとても美しい合唱団で、今日もすばらしい演奏を聴かせてもらいました。
 いつも失敗ばかりしているあわてものの息子ですが、ステージで歌っている時は少しだけ頼もしく見えるから不思議です。

 さて、今日でiPadを使い始めて1週間が経ちました。

 仕事の用途としては、スケジュール帳やメモ帳としての利用はおこなっているものの、まだまだ練習段階・手探り状態といったところで、本格的な稼働とはいきません。

 ただ、まだ珍しいので会議時にiPadをノート代わりに私が使っていると「見せてください〜」と人が寄ってくるため、コミュニケーションの円滑ツールとしては相当役立っています。sun

 Wi-Fi接続が出来ない社内環境でPCとの連携をどうしてゆくのかが課題ですが、仕事の道具としてもぼちぼち使いこなしてゆければと思います。

2010年6月 3日 (木)

iPad利用者に初遭遇

 今日、初めてiPadを地下鉄車内で操作している人に遭遇しました。

 その人は、中年のおじさんで、iPadで産經新聞を読んでいました。
私と同じやん、と少しおかしくなりました。

 今はめずらしいけど、すぐにこういう光景が当たり前になっていくのでしょう。


 その昔、ラップトップパソコン(外出先でLaptopつまりひざの上に乗せて操作出来る小型のパソコンの意)という言葉が良く使われましたが、当時のラップトップパソコンは5Kg近くあり、とてもじゃないがひざの上で操作出来る代物では有りませんでした。

 そういう意味では、iPadこそ「ラップトップ」で使用できる初めての情報端末だと思います。ただし、「パソコン」の範疇では無くなりましたけど。

2010年6月 2日 (水)

iPadで雑誌なんかも読みたくなってきた

 6月1日よりサービス提供を開始したと思ったら、アクセスが集中して、すぐにコンテンツ配信を一時停止した「ビューン」。
 iPad向けだと月額450円で、毎日新聞、スポーツニッポンといった新聞をはじめ、週刊ダイヤモンドやDIMEといった数多くの雑誌まで閲覧できるとなると、申し込みが殺到するのも当然でしょう。

 最初は、「iPadで読書なんて」と思っていた私ですが、iPadでも新聞を違和感なく読める事に気づいてから、iPadはやはり 読書=紙媒体 という従来のトレンドを大きく変える革新的なアイテムだと感じています。

 なぜiPadは違和感なく新聞を読めるのでしょうか?

思うに、「紙の新聞」を読むときに必要な視線と手による共同作業が、「iPad上の新聞」を読むときは必要最小限に抑える事ができるからではないでしょうか。

通常、新聞を読むという作業は
1. 全体に目を通して【視線を動かす】
2. 読みたい見出しを見つけ【視線を動かす】
3. 目標が決まれば読みたい記事に視線を集中するために、【視線を動かす】
4. 大きな新聞を見易い位置に手で動かして読みます。【手を動かす】

 iPadで新聞を読む場合、
視線はほとんど動かさずに済みますし、手の動きも指先を少し動かすだけですので、
内容に集中する事ができます。しかも、文字は紙の新聞よりも大きくできます。(老眼にはありがたい!)
画面も直射光を見ているとは思えないほど、刺激は少ないけれど美しい画面です。

これは、もうiPadで読むしか無いでしょう!!
で、ビューンはいつ配信を再開するのかな? Wi-Fiモデルでも購読可能かな?

配信が再開すれば、私もトライしてみたいと思います。

2010年6月 1日 (火)

iPadで少し不便に感じたこと

 概ね期待以上のパフォーマンスを示してくれている私のiPadですが、予想していなかった事が1点有ります。

 購入前、私はiPadはMacなどのコンピュータとUSBで接続できるので、てっきり外部ストレージのように「共有フォルダ」的なものを作っておけば、MacはもちろんWindowsマシンにもWi-Fi接続をせずにPDFなどのデータを自由にやりとりが出来るものだと思っていました。

 ところが、実際はUSB接続する時は、iPodと同様iTunesを通して基本的に1台のコンピュータと「同期」をとる事になるようです。

 私の場合、自宅のiMacと同期をとっているので、会社のMacに接続すると「同期ボタンを押せば今iPadの中にあるデータの内容が削除されますよ」的なメッセージが出るので恐ろしくて、すごすごとUSB接続を解除してしまいます。
 かといって、セキュリティの関係上社内ではWi-Fi接続が出来ないため、私のiPadは社内では「都会の孤独感」を味わう羽目に陥ってしまうわけです。

 つまり、当初もくろんでいたマニュアルのPDFデータを社内のMacと接続して「すいすい〜」とデータ転送という訳にはいかず、もし、PDFデータを私のiPadに入れるなら、マニュアルPDFを自宅のiMacに送信してからiPadと同期をとる方法しか思いつきません。

 急がない分にはそれでもいいんだけど、少し面倒だなぁと思っています。何か良い方法が有れば、お知らせください。

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ