« MacPeople7月号の付録 | トップページ | iPadで少し不便に感じたこと »

2010年5月31日 (月)

iPadをつれて初出社

 今日は、iPodを連れて初出社しました

 まず、通勤電車の中で「産經新聞ネットビュー」を閲覧。実はiPadにネット書籍のビューワーとしての機能をあまり期待していなかったのですが、これは期待以上のものでした。
 私は、新聞を通勤電車の中で読むのが苦手です。というのも、隣の人に迷惑かけないように、新聞を最小限に折り畳んで読まなければならず、「どばっと拡げて読みたいよ〜」という欲望との葛藤が狭い車内で生じるからです。
 ところが、このiPadでの産經新聞は「どばっと拡げる」必要もなく、読みたいところを新聞以上の大きな文字で(最近小さな文字を読むのが苦手な年頃。。)、常に242.8mm×189.7mmのiPadの大きさの中で表示してくれるわけです。
 産經新聞自体の好みの問題は有ると思いますが、これからの新聞のあり方としては「あり」かなと思いました。

 会社に到着すると、私がとてもiPadの事をしゃべりたそうにしている事をメンバーに気づかれ、課の朝礼の終わりに「iPadの説明は無いのですか??」と話題を差し向けられたため、iPadのデモンストレーションを行なってしまいました。(皆さん、お付き合いありがとう!!)
 iPadとはどういうものか、いかにiPadがすばらしいのかを力説し、朝礼は終了しました。(まるで、飲み会のテンション!)

 その後、午前中1回、午後1回の打ち合わせ中、iPadのアプリケーション「メモ帳」で会議のメモを入力し続けて、帰宅時の通勤電車でも「産經新聞ネットビュー」を閲覧しながら帰ったので、実質約7時間程度は電源が入っていたと思います。
 帰宅時の電源残量は30%でしたので、やはりバッテリーは10時間程度は持ちそうな感じで、充分実用に耐えると感じました。(会社にはオープンなWi-Fi環境が無いので1日ネットワーク接続無しでの参考データです)

 明日は、少し困った事を書きたいと思います。

 

« MacPeople7月号の付録 | トップページ | iPadで少し不便に感じたこと »

iPad」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadをつれて初出社:

« MacPeople7月号の付録 | トップページ | iPadで少し不便に感じたこと »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ