2020年8月 3日 (月)

 「マスク」をいろいろ比べてみた

 エチケットとして当たり前になってきた街中でのマスク着用。※※未だに感染者を出していない『No密』な我が宇陀市でも、スーパーや店舗の建物内では皆さんマスク着用を励行しています。当然、大阪に通勤するワタシは携帯必須。あれほど品薄だったマスクも最近では過剰供給気味で価格も下落傾向。そんな中、未だになかなか入手困難な2品がユニクロのAirismマスクミズノのマウスカバーですが、、、

実はワタシ、この2品とも所持しております!!。

 裏から手を回して入手とかではなく、ユニクロのはたまたま午前中に行った時に個数限定販売していたものを入手し、ミズノは抽選販売に申し込んで見事当選という、日頃の行ないに対する神様からのご褒美的な授かりものであります(笑)。

そこで、今回はそれまで使っていたMade in Chinaな3D立体マスクを含め、装着感などを比較レポートしてみます。

※なお、装着感などはあくまでもワタシ個人の感想なので人生イロイロ、感想も人ソレゾレということでご理解下さいマセ。
※※「 感染者を出していない」と書いたシリから宇陀市初の感染者が出た模様。忍び寄るコロナ。気をつけましょう。(2020年8月4日追記)

 


 

<ユニクロ エアリズムマスク>

表生地素材:ポリエステル75% ポリウレタン13% キュプラ12%
裏生地素材:ナイロン59% キュプラ31% ポリウレタン10%
フィルター素材:ポリプロピレン
原産国:中国
税抜価格:3枚入り ¥990

Img_2329 Img_2335

Img_2332

 表/フィルター/裏の3層構造で、今回ご紹介する3社の中では最もしっかりした作りとなっています。肌面はユニクロの夏下着でお馴染みのAIRismが使われているので、サラサラです。ただし、密閉性が高い為、空気の抜け道がなく歩く時に着用しているとだんだん息苦しくなってくるので、通勤電車での着用をメインに使用しています。空気の抜けるところがワタシの場合、ほぼ鼻の横/目の下からなので、メガネは曇りがちです。耳掛け部分は適度に収縮性のある肌に優しい素材なので、しっかりしているのに耳が痛くなることもなく快適です。フィルター部分の性能は『バクテリア飛沫捕集(BFE)99%カット、花粉粒子捕集効率99%カット』と記載されています。1枚あたり¥330は、さすがユニクロ、コスパ最高です。

 

<ミズノ マウスカバー(ICE TOUCH)>

組成:ポリエステル、ポリウレタン、トリアセテート(配合比率は不明)
原産国:インドネシア
税抜価格:¥1200

Img_2321 Img_2336

Img_2322d

 7月2日当選発表、7月13日専用サイトで販売受付開始を経て本日8月3日に到着したばかりで、まだ1日しか着用していませんが、ファーストインプレッションを少し綴ります。

 サイズはユニクロと同じLサイズですが、ミズノのマウスカバーは顎下の無精髭もすっぽり隠す事ができる大きさです。『ICE TOUCH』という名前から、装着面がひんやりしたクールミント系の刺激がある薬品が使われているのかと勝手に勘違いしていたのですが、刺激感は全くありませんでした。当て布に「トリアセテート」というシルクのような肌触りの高級繊維を使用しており、それがサラサラして肌に優しいのでそのようなネーミングにしたのだろうと思います。表面の素材は全てミズノお得意の水着素材なので、薄く伸縮性があり耳掛け部分も快適です。薄さも手伝って、呼吸はしやすくマスク内に空気が篭ることもほとんどありませんでした。ただし、通気が良いということはウイルスも出入りしやすいということなので、感染防止という観点ではエアリズムマスクよりも劣ると思われます。注意書にも『本品は感染(侵入)を防ぐものではありません。咳やくしゃみをした際の飛沫の拡散をやわらげるための、咳エチケットとしてご利用ください。』と明記しています。商品名も「マスク」ではなく「マウスカバー」なので、それを認識して購入する必要があります。

 

<ミズノ マウスカバー(プリントタイプ)>

組成:ポリエステル、ポリウレタン
原産国:日本
税抜価格:¥900

Img_2324 Img_2338d

Img_2326dImg_2325d

 ミズノでは当選者には6枚まで購入の権利が与えられるので、妻や義妹夫婦の分も含めて6枚申し込み、そのうち自分用に3枚選びました。全て単色の(ICE TOUCH)だと面白くないので、プリントタイプを2種類混ぜています。表面の素材は(ICE TOUCH)と同じで当て布の素材が異なります。Made in Japanなのに価格はMade in Indonesiaの(ICE TOUCH)より安い¥900。縫製も心成しか(ICE TOUCH)よりも細部が丁寧に仕上がっているような気がします。肌面の素材感は(ICE TOUCH)よりも劣りますが、Withコロナ の時代にマウスカバーもTPOに合わせると楽しいカモ。


<3D 立体マスク>

組成:ポリウレタン
原産国:中国
税抜価格:3枚入り ¥500

Img_2331

Img_2339dImg_2334d

 マスク不足の折、たまたま売っていた中国製の3D立体マスクです。フリーサイズですが、アベノマスクほどでは無いにしろワタシには少し小さいです。装着感は悪くありません。肌面の当て布はなくペラッペラなので、通気性がバツグン過ぎて装着していても効果あるのか不安を感じますし、意味不明な日本語の説明書きが不安を増幅させます😅(誤字など探してみてください。結構笑えます)。しかし、医療用のマスク以外はある意味ほぼエチケット用途でありウイルスの感染も侵入も防ぐことができないと考えれば、これで十分だともいえます。

 


 

しばらく続くであろうwithコロナの時代。色々な対策ツールが出ていますが、必要なのは「モノ」より「心がけ」かな?

出来ることなら、withコロナ も状況にあわせて楽しく乗り切りたいものです。🤔

 

2020年7月26日 (日)

こんな時期には通販Shopping

 コロナ禍がようやく収束しかけたのかな?と一息ついたのも束の間、近畿の各都道府県でも過去最高の感染者数を記録してしまう日々が続きだしました。ゆっくり買い物したいのに〜。やはり、こんな時の強い味方は通販ショッピングです。メルマガを登録している色々なオンラインショップから、いつにも増して案内がたくさん届くようになりました。

 そんな中で、いつぞやこのブログでもご紹介したことのあるアメリカンカジュアルを中心としたワタクシお気に入りのアパレルブランド「BARNS OUTFITTERS」から夏の福袋「サープラスパック」抽選販売のお知らせが届きました。そろそろ夏のTシャツを買い足したいなぁと思っていたタイミングを見透かしたように、案内してくるので早速申し込みました😅。人気のMade in USAのTシャツが2枚入っているからか、即日に申し込み規定数に達したとのこと。『当選発表は商品の発送をもってかえさせていただきます』という応募者をヤキモキさせるシステムだけど、当初の発送予定日から3日経っても音沙汰無し。。今回は外れたかな?と諦めかけた昨日、発送した旨のメールが届き、ようやく本日到着!😃

 とりあえず中身をご紹介しておきます。

< PRINT USA Tシャツ>

Img_2311d

 ひび割れたユーズド風のロゴプリントがなんともアメリカンなMade in USAのTシャツです。生地と縫製はしっかりしていてデザインは50'sダイナー風。ヘビーローテーション入り確実です。赤い昔のコ○・コーラのようなロゴのTシャツは自分で選ぶなら絶対に買わないと思いますが、そこは福袋の面白さです。気合を入れて着倒して、ちゃんちゃんこカラーのパワーでこの夏を乗り切りたい思います。p(´⌒`q)

 

<プリント ロングTシャツ>

Img_2312d

 ロンTも入っていました。ピグメント染めで良い感じの色に染まっており、これはオジサンが着てもNoProblem。こちらの製品はMade in Japan。秋口になると活躍しそうです。

 

<吊り編みVネック Tシャツ>

Img_2313d

 これはBARNS OUTFITTERSの定番商品Tsuri-AmiシリーズのVネックTシャツです。1日12〜13枚しか編むことのできない大正時代の吊り編み機でゆっくり編まれた生地は体を優しく包み込むので、着心地が最高です。丸首の吊り編みTシャツは何枚か持っているのですが、Vネックは初めての購入。鮮やかなドラえもんブルーの単色なので腹筋を鍛えておかないと格好悪いかなぁ(*´-`)

<おまけ商品>

Img_2310d Img_2314

 配送物の中に小さな箱状のものが入っていたので、大きさからしてオリジナルトランプをおまけに付けたのかな?とセロファンの包みを開けてほぐしながら広げると、何と圧縮された綿100%のTシャツでした。旅行などにかさ張らず携帯できるから作ったようですが、これは1度洗濯しておかないとチリメンみたいにシワだらけで即着ることはムツカシイ。発想は面白いけど、ちょっと企画倒れ!? でも洗濯すれば白Tシャツで重宝しそうなので、これはこれで有効に使いますよ〜。

 


 

 そして本日、別のネット通販で購入して届いたもう1品がこちら。 ↓ ↓ ↓

Img_2315d

 かの浅○真央さんご推薦「エアウィーヴ」のマットレスです。「ジャパネットたかた」のチャレンジデーでお得に購入した一品。いままでセンベイ布団で寝ていたワタシにとって夢の寝心地が訪れるのか?今夜、初挑戦です! 楽しみで眠れそうにありません!!(本末転倒😅)

2020年7月20日 (月)

アルコールでゆっくりゆったり

 ワタシが『アルコール』というと、『お酒のハナシね』と思う人が多いのですが、今日はエタノール+メタノールの話題です。

 前日にベーカリーで買ったバゲットを翌朝食べずに残してしまったので、夕食は久々にチーズフォンデュにしようということになりました。ここ数年、お役御免となっていたフォンデュ鍋セットを物置の奥から救出。フォンデュ鍋は陶器のため上部が少し欠けていたのですが、使用上問題なし。燃料用アルコールを買ってきて、熱伝導防止にカンカンのフタとチラシ(スバルのチラシは熱を伝えにくい<ウソです>)を下に敷いて準備完了です。

Img_2282d-2

 当然、飲用アルコールの白ワインも参加です (^^)。

 我が家はオール電化にしてから室内で火を使うことはほぼ無くなったのですが、やはり炎というのは人の感性をくすぐります。特にアルコールの炎は見ているだけでゆったりとした気分になるから不思議です。


 

 せっかく燃料用アルコールを買ったんだし、食後のコーヒーは久々にサイフォンで淹れようという事になり、今度は食器棚の奥からサイフォンを取り出してコーヒータイム。

 

Img_2289d

 

 ロート(サイフォンの上の部分)に上がってきたお湯と中挽きにしたコーヒー豆をゆっくり攪拌します。この作業を2回繰り返すのは珈琲好きだった亡き父親の教え通り。何でも時短でチャッチャと済ませる事ができる時代になりましたが、出来上がる時間を楽しむ事をサイフォン珈琲は思い出させてくれます。

 コーヒー豆はメキシコのトセパンコーヒー森林農法によって育てられたフェアトレードの有機栽培コーヒー豆です。トセパンの歴史やコーヒー豆流通の成り立ちなどを知った上で、ゆっくりサイフォンで淹れて味わうと、なお一層美味しさを感じます。

 

2020年7月12日 (日)

有料化!

今回は地元に全く関係のないQuizです。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ これは何?? ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Img_2261d

 

そうです、Volvoのマスコット エルク人形です。でも、普通のエルク人形ではありません。

横顔を見ましょう。

 

Img_2262d

 

ん? 後ろに何やら紐のようなものが。。。

 

Img_2263d

 

ここまで、見ればわかりますよね?

 

Img_2266d

 

 内臓を広げると(言い方!)エコバックに早変わりです。ひと月ほど前にVolvoディーラーで販売していたので、早速購入しました。

 今年の7月1日からレジ袋の有料化が始まったのを機会に、色々なエコバックが売られるようになりましたが、これなら使わない時はカバンに入れておけるし、存在感があるので忘れることも少ないので、普段持ち歩くのにピッタリです。

 問題があるとすれば還暦オヤジに似合うかどうか、それのみです(それが大問題!?😅)。

 

 

2020年7月 4日 (土)

顔晴ろう!わかやま

 6月1日から和歌山県が県外からの観光客受け入れを始めたので、6月末に白浜へ一泊旅行してきました。

<白浜 古賀の井リゾート&スパ>

 宿泊したのは白浜にある「白浜 古賀の井リーゾート&スパ」。こちらは白浜の老舗旅館「ホテル古賀の井」が経営していたリゾートホテルを北海道の会社が買収してリニューアルしたホテルです。そういえば、以前に日帰り入浴した「ホテル川久」も同じ会社の経営です。部屋も広くて結構優雅で立派なホテルなのにリーズナブルなのは経営努力か、はたまたこの時期だけのサービスプライスなのか、定かではありません。(この日は1泊2食付きで一人税込み¥9000でした!)

Img_2021_20200704144901

 宿泊した部屋から見える景色を撮影しました。向こう岸に見えるサリーちゃんの屋敷のような建物(例えが古い?)はホテル川久です。やはり更にゴージャスな感じですねぇ。白浜古賀の井リゾート&スパの庭園は夜になるとライトアップされるので夕食後に庭園を散策しました。

Img_2025

Koganoi_20200704113101

 なかなかのメルヘンワールドです。還暦前後のアベック(死語)には似合いませんが、若いカップルや子供連れにはとても素敵な空間です。

 温泉は撮影禁止なので撮影しませんでしたが、広々としており温度も程よく心地良い泉質でした。ちなみに泉質はナトリウム炭酸水素塩泉と塩化物泉です。深さ120cmほどある露天風呂と半露天のような大浴場があるのですが、各々泉質が異なるようです。ワタシは宿泊中に3度も入浴してしまいました ♨。

Img_2072

 翌朝、ホテルの部屋から撮影した日の出です。歳をとると、旅先では必ず日の出前には目が覚めてしまいます。でも早起きは三文の徳。日の出を拝むと、穏やかな気持ちになります。

 

<アドベンチャーワールド>

 2日目に行ったアドベンチャーワールドはサファリ動物園、水族館、遊園地が一体となった総合テーマパークです。特にパンダの飼育に関して世界的にも認められており、平時は県内外や海外からもたくさんの観光客が訪れる人気観光スポットですのでご存知の方も多いと思います。コロナ禍による休園期間後、県外からの来園休止期間を経て6月から県外からの来園も人数制限を設けつつ受け入れ可能となりました。アドベンチャーワールドでは和歌山県内の宿泊施設に泊まった証明(領収書や宿泊申込み書)を提示すれば、半額になる期間限定の「顔晴ろう!わかやま1日入園券」を販売していたので、そのキャンペーンを利用して半額で入園することできました。※期間限定チケットです。販売条件はアドベンチャーワールドのHPをご参照ください。

Img_2104d

Img_2101d

 人気のパンダは園内2か所で見学できます。いつもは、行列に並ばなければ見ることのできないパンダですが、この日はゆっくり見放題。好物の竹を上手につかんでボリボリと食べていました。実はパンダは5本の指以外に2つの発達した肉球があるんだって!。道理でうまくつかんで食べることが出来るわけですよね。

Img_2135

 サファリはケニヤトレインに乗って一周した後、初めてウォーキングサファリに挑戦。自分のペースで歩いてじっくり見学できるので、天気がよければウォーキングサファリが絶対おすすめです。ライオンは地響きのような唸り声をあげていたので迫力がありましたよ〜。

Safari

 サファリの後は、水族館でイルカショーを見学。館内ではソーシャルディスタンスを守るため、観覧席は一段づつ間を空けての着席です。客足が元に戻るまで、まだまだ時間はかかりそうですが、若いスタッフの皆さんは笑顔で元気にショーを盛り上げていました。

Img_2120d

*****************

 梅雨の真っ只中で旅行の3日前まで当日の天気予報は降水確率100%だったのに、訪問した2日間だけ晴天でした。最近翳りが見えてきた「晴男」のワタクシでしたが、威力復活です。

 観光業はコロナ禍でどこも大きなダメージを受けています。それでも、現場の皆さんは何とか感染防止の工夫をこらして万全な体制で客を迎えようとしています。やっぱり旅は最高に楽しいです。コロナ禍が収束して、ココロも晴々と行ける日が早く来てほしいものです。

2020年6月23日 (火)

これを機会に地元の名所を探訪3 & WWDC2020

またまた地元クイズです。

 

さて、道路の左側に奇妙なものがぶら下がっています。これは何でしょう?

Img_1513

 

ん?見えにくい??

それでは、もう少しズーム。

 

Img_1514d_20200623201601

 

ん?よくわからない??

それでは、逆方向から撮影した写真をどうぞ。

 

Img_1516d

 

どこから見てもよくわかりませんよねぇ〜 (^_^*)

 

<答え>

 

 「勧請綱」(かんじょうづな)もしくは「勧請縄」(かんじょうなわ)といって、『ここから神域ですよ』という目印だそうです。昔の人は災厄防止や、子孫繁栄などを願って神事として綱を張っていたとのこと。この風習は今でも大和を中心にいくつか残っており、ワタシが撮った写真は宇陀市額井(ぬかい)にある十八(いそは)神社の勧請綱です。中央にぶら下がっている竹筒には五穀が入っているようで五穀豊穣の願いも込められています。明日香村にある勧請縄は、男性のシンボルと女性のシンボルを大きな綱で形どってぶら下げているいるようで毎年1月に「綱掛神事」と言われる掛け替え儀式が行われるそうです。これは子孫繁栄祈願でしょうね。都会生まれのワタシにとって、このように古くから言い伝えられたおおらかな風習は逆に新鮮です。

Img_1521 Img_1522d

 勧請綱のある結界から200〜300m程、額井岳に向かって坂道を登ったところに十八神社はあります。本殿は最近建立したのか、極彩色なので意外でした。

Img_1531

 十八神社からは高見山地や紀伊山地の山々が見渡せます。宇陀は風習も風景ものどかです。

 

*************

 

 ところで、日本時間6月23日未明にAppleの開発者会議(WWDC2020)がオンライン配信されました。ワタシの注目は自社開発のCPU Apple Silicon と macOS Big Sur (なんと19年ぶりのメジャーアップデート!)発表でした。MacのCPUの歴史を振り返ると68K(モトローラ社製)→PowerPC(モトローラ,IBM,Appleの共同開発)→Intel製といずれも独自のものではありませんでした。そういった意味でMacの開発には一種の「囚われ感」があり「コンピュータ」という枠組みから抜け出る事が出来なかったような気がします。その一方でiPhoneやiPadはずっと自社開発のCPUを使っているのでiPhoneは「携帯電話」の枠組みを、iPadは「タブレット端末」の枠組みを自ら作り、壊して飛び出した感がワタシにはあるのです。そういった意味でもMacの自社開発CPU搭載はAppleがMacにどんな展開を与えるのか楽しみで仕方ありません。o(´∇`*)o

でもな〜。定年の身やからMacを買い換える余裕は未だ無いな〜。今のMacも未だ3年目やしな〜。そや、年金入る歳になったらSilicon Mac買おうっと😃。

2020年6月14日 (日)

これを機会に地元の名所を探訪2

前々回に続き、地元の名所を巡ってみました。

いきなりですがクイズです。

 

↓↓ 下の写真 ↓↓  様子がなんだか普通ではありません。さて、どうなっているのでしょうか?

 

Img_1749d

 

<答え>

 

木の幹が癒着して数本の杉が1本の大木のようになっています。

少し引いたアングルはこちら ↓↓ 。

Img_1732d

 

 これは、奈良県宇陀市榛原高井にある「高井の千本杉」という杉の古木です。この杉の木は奈良県の天然記念物に指定されています。比較できる対象物が周りにないので、ワタシが撮影した写真だけでは大きさがいまひとつわかりにくいですが、癒着した幹の太さは25mにもなる巨大な樹木です。こちらのサイトに人が並んで撮影されている写真が掲載されていたのでご参考まで。実際に見ると、異様とも思える神秘な感じと、その生命力に圧倒されます。

 

_1160674 _1160662  

 石段を登って林立する枝を見ると森のように生い茂っているのがわかります。小径沿いには祠があり信仰の対象となっているようです。

 杉は水をよく集めるので、昔は掘った井戸の近くに「井戸杉」として植える事があったそうで、高井の千本杉もそんな何本かの井戸杉が癒着して形成されたようです。ちなみに、井戸水は今も杉の近くで流れ続けており、奈良県が制定する「やまとの水」にも認定されています。

Img_1752d Img_1753

 井戸を枯渇させないための人の営みが植物を育て、育った植物の生命力が人々の信仰対象になる。昔の人は物質面でも精神面でも輪廻のように植物と共存しながら生きて来たのだと感慨にふける60おとこでありました。😌

2020年6月 8日 (月)

実録!? Magic Keyboard 購入記(Apple心斎橋にて)

5月26日(火)

 何気なくAppleのホームページをのぞくと、『Apple心斎橋 明日の開店時間 12:00〜』の記述を発見! 

 新型コロナの影響でひと月あまりクローズしていたApple Storeの心斎橋店がようやく開店するらしい。11インチiPadPro(第2世代)用のハードケース兼キーボードとして最有力購入候補のMagic Keyboard。思えばApple心斎橋で現物を見てから購入を決めようと思っていた矢先のコロナ騒動だった。その後Apple Storeは無期限の臨時休業に突入し、直営店以外のApple取扱店を巡ってはみたものの、どこにも置いておらず悶々とした日々が続いていたのだ。幸いうちの会社も時差出勤を推奨しているし、明日、時差退勤して実物を見に行こう!!

 

5月27日(水)

 17時。定時より45分早く事務所を出て今日から時短営業で開店したApple心斎橋へ。

 地下鉄御堂筋線心斎橋駅を出て御堂筋を南へ。Apple心斎橋が見えてきた。初日なので、ワタシのように開店を待ちわびた人が多いだろうと予想はしていたが予想を遥かに超える行列。入場制限で入場待ちの客と誘導する警備員と青いロンTを着たAppleのスタッフで御堂筋沿いの歩道はごった返している。よく見ると信号を渡ったところから更に列を作って並んでいるではないか。ソーシャルディスタンスで2m開けているので行列は余計に長くなっているようだ。スタッフのお姉さんに聞くと、何時間待たなければならないか予想できないとのこと。この調子だと今日は無理だ。しばらく様子を見よう、、と退散。

 

5月28日(木)

 昨日家に戻って考えた。オンラインでも入荷まで結構時間がかかるようだし、このままだとしばらく買えない。「明日は休みだし、並んで買えるものなら何時間でも待って明日買おう! どうせならApple Pencilも一緒に買っちゃえ!!」と決心。

 16時45分。定時より1時間早く事務所を出てApple心斎橋へ。

 Apple心斎橋の周辺は相変わらず長い行列。待つのはいい。しかし、順番が回って来ていざ買おうとした時に『Magic Keyboardは売り切れです』なんて言われた日には目も当てられないので、スタッフのお兄さんに聞いた。

『できれば今日持って帰りたいんですけど、iPad Pro 用のMagic Keyboardって在庫ありますか?』

すると、今の時点では僅かに在庫はあるが、行列待ちをしている人が買ってしまうと無くなるリスクはゼロとは言えないとの返事。そりゃそうだ。ワタシはどこかの国のエライ人みたいに忖度を受ける立場にないし、仮にそういう立場だったとしても相手は米国の企業。公明正大、厳正中立に対処するに違いない(過大評価??)。恐縮しながら『どうなさいますか?』とお兄さん。既に見てから買うか買わないかを決めるという状況ではない事を悟ったワタシ。0.5秒考えたノチ返答は、

『並んで待ちますっ!!』

『それではこちらでお待ちくださいね』と案内された場所は、昨日(こんなところまで並んでいるんだ〜)と見て思った信号を渡ったところの行列。ワタシの後に並ぼうとした人は、『今日の当日予約は終了です』と言われていたので、ワタシはギリギリセーフだったんだとプチ・ハッピー。

 Apple1

 Appleのビルの横は予約済みの人が並ぶ行列で、信号を渡ったこちらは当日予約の順番待ちの行列だったのね〜😧。17時ごろから並んで約30分後、ようやく順番が回って来て路上にて注文予約。

『Magic Keyboard と Apple Pencilを予約しますっ!!』

 この時点で予約できたという事は商品を押さえたという事だったのだと思うが、システムがいまいち分かっていないワタシは未だ半信半疑。『19時の入店予約となりますので、19時になればこちらに戻って来てください。ただし、大変申し訳ございませんが、時間が押しており19時に戻ってからまた、行列に並んで待ってもらう事になると思います。』とスタッフのお兄さん。

 とりあえず難波あたりまで歩いて夕食を済ませたりしながら時間をつぶして、本当に在庫が残っているのかドキドキしながら19時にApple心斎橋前に戻った。

Apple2

 スタッフのお兄さんの予言(?)どおり、店内に入る順番待ちの列がソーシャルディスタンスを保ちつつ待つ事、約1時間。トータル待つ事3時間。スタッフに導かれてようやくApple心斎橋に入店。店内はマンツーマンでスタッフが対応するようになっている。『ご注文の品、今、ご用意しております』というスタッフのお兄さんの声を聞いてホッと一息。何とかその日のうちにMagic KeyboardとApple Pencilを受け取ることができた。ヽ(´ー`)ノ

Apple3

 ワタシが店を出る頃には閉店時間の20時を過ぎ、外はすっかり日が落ちていた。客も大変だけど、スタッフや警備員も大変だわ。こうして、コロナと戦いつつの経済活動はしばらく続くんだろうなぁ〜と思いつつ、そこから1時間以上かけて帰路に着くのであった。

 

(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)

 

Img_1756d

 

都会の風景写真ばかりだと息が詰まるので、先日サイクリング途中に撮影した田んぼの風景です。

畔道に4羽の青サギと2羽の白サギが仲良くソーシャルディスタンスを保って並んでいました😄

 

(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)(•ө•)

 

2020年5月31日 (日)

これを機会に地元の名所を探訪

突然ですが、クイズです。

↓↓ 下の写真 ↓↓  なんだかおかしなところがありますよね。さて、どこがおかしいでしょうか???

 

Img_1722-2

 

 

<答え>

 

 画像が天地サカサマです。 正しくはこちら ↓ ↓

 

Img_1722

 

 これは先日行った奈良県宇陀市の室生向渕(ムロウムコウヂ)にある「龍王ヶ淵」の風景です。ここは『インスタ映え』という言葉が出だした頃から注目度が高まり、いろいろな雑誌や風景写真集に絶景スポットとして採り上げられるようになりました。ご覧の通り、鏡面写真を写せるほど池の水面が穏やかなのは、四方が山や森に囲まれて風が遮られやすく、下流は葦が生い茂って沼地のようになっているので水の流れが起こりにくいといった好条件が揃っているからのようです。それでも、常時無風というわけではないので、風が止んで水面が静かになったタイミングを逃さず撮影するのはなかなか苦労しました。

Img_1726 Img_1728

 池の周りは遊歩道があり散策できるようになっています。この日、風が止んだのは一瞬だけだったので、鏡面写真は同じ場所からその一瞬を逃すまいとほぼ同じ場所で撮影しました。早朝は比較的風も少なく鏡面になりやすいと聞いていたのですが、このあたりは野生の鹿や猪がウロウロしている場所ですし、この時期は目覚めたマムシとの遭遇率も高いので、日が高いお昼まで待って車で行きました。池の側には7台ほど駐車可能な無料駐車場がありますが行った時には既に5台ほど停まっていました。途中の県道は2車線ですが、県道から入った手前1Kmくらいはとても細い田舎道が続くので、対向車に出会わない事を念じて運転する必要があります。

Img_1708effects Img_1703_20200531092901

 池では睡蓮が花を咲かせていました。注目されているとはいっても、こんな辺鄙なところに来るのは釣り人かアマチュアカメラマンぐらいで、聞こえる音といえば鳥の啼き声と魚が跳ねる水音だけ。騒音の中で暮らしている都会の人が訪れると癒されること間違いなしの静寂スポットです。

 池のほとりには豊玉姫命を祀っている堀越神社があります。豊玉姫命は浦島太郎伝説の乙姫さまのモデルという説もあるようですから、やはり竜宮城の龍とも関わりが深いのでしょうか。いずれにしても『龍神信仰=雨乞い』の例にもれず、こちらの神社でも干ばつの時に松明をもって渕を巡ると必ず雨が降ったといわれているそうです。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 コロナ騒動で遠出が憚られたのを機に居住地近辺を動き回っているワタシ。最近は行ったことのなかった近場の名所を巡って、色々と楽しんでおります😃。

2020年5月25日 (月)

オアシスふたたび

 政府による緊急事態宣言がようやく全国で解除となりました。大阪など近畿の3府県では首都圏や北海道に先駆けて先週末に解除となったので、ずっと気になっていた妻の両親の様子を伺いに、先週末は大阪へ行って来ました。両親の元気そうな様子を確認して少し安心した後、春バラが盛りの「中之島バラ園」へ。

 以前このブログでもご紹介しましたが、こちらのバラ園はビジネス街の真ん中にあるのに無料で色々な種類のバラを楽しむことができます。前回の紹介記事はiPhone5sでの撮影でしたが、今回は昨年買い替えたiPhone11Proでの撮影です。当然、カメラの性能は上がっていますが、カメラマンの腕が上がっていないので、同じような写真になりました💦

少し大きめの解像度でアップしていますので、カメラマンではなくカメラの実力をご確認ください。😅

Img_1649 Img_1653

Img_1678 Img_1650

Img_1662 Img_1673d

 この日はあいにくの曇り空でしたが広角のf値は1.8と明るめのレンズになっているので、曇り空でもある程度の光量があれば撮影OKです。また、iPhone11Proの超広角レンズは広い場所を写真に収めたい場合や、狭い場所での集合写真には力を発揮しますので、これは便利だと思います。📷

Img_1671_20200525110401

 みんなが安心して花を楽しめるようになるまで、もうしばらくかかりそうですが、希望の光が少しづつ見えてきました。

 

«AppleTVで巣ごもり 時々 アウトドア

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ