2018年4月 8日 (日)

2018年春 宇陀の桜 まとめ

cherryblossom 今年の桜は開花が全国的に例年よりかなり早かったようです。宇陀の桜も例外ではなく、例年に比べて1〜2週間早く見頃を迎えました。今春ワタシが訪れて撮影した宇陀の桜を一挙にご紹介します。
 写真が多いので今年は説明ナシで列挙しています。バーチャル花見をお楽しみくださいマセ。cherryblossom

<大宇陀 才ケ辻 3姉妹桜>2018年4月1日撮影

cherryblossom才ケ辻簡易郵便局
Img_7283 P1130118

cherryblossom光台寺庚申堂
P1130106

cherryblossom国道166号沿いT邸
P1130124 P1130121

<本郷 又兵衛桜>2018年4月1日撮影

Img_7322 P1130146

<西光寺 城之山桜>2018年4月3日撮影

P1130180 P1130173
P1130195 P1130191
P1130166 P1130188_2

<室生小原 極楽桜>2018年4月3日撮影

P1130235 P1130222
P1130245 P1130231

<室生下笠間 美佛桜>2018年4月3日撮影

P1130256 P1130251
P1130252 P1130250

<諸木野の牛繋ぎの桜>2018年4月3日撮影

P1130263

<内牧区民の森>2018年4月8日撮影

P1130356 P1130354
P1130341 P1130364

<佛隆寺 千年桜>2018年4月8日撮影

P1130391 P1130400
P1130382 P1130392

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 今年は天気の良い桜の見頃を狙って4月3日に桜休暇をとったので、休日も合わせてたくさん桜を見ることができました。実は写真掲載以外の桜もいくつか巡っています。定年前にしてようやく『働き方改革』実践です ( ̄▽ ̄)

2018年3月25日 (日)

これがホントの『ある時 ない時』

『551がある時〜。ない時〜。』

関西人なら誰もが知っているコマーシャル。なんば551蓬莱のCMである。

 551蓬莱の「豚まん」は大阪土産の定番としても人気で、ターミナル駅で観光客が列を作って買って帰ることも多い。関東では「肉まん」というが(「肉」=「牛肉」)の関西ではあえて「豚(ぶた)まん」とよぶ。
 スーパーや生協で販売している「蓬莱の豚まん」は別法人の蓬莱本館の豚まんで551蓬莱の豚まんとは別物。元は同じ会社であったが、のれん分けで別経営となった。ちなみに「551」とは『ここ(55)がいち(1)ばん』を目指そうという語呂合わせで、創業者が吸っていた外国製たばこ「555(スリーファイブ)」を見て万国共通で覚えやすいのは数字だと考えて会社の愛称にしたとのこと。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

、、てな551プチ情報を放り込みつつ。。

 551蓬莱の豚まんは関西人のソウルフードでありワタシも愚息も大好物なのですが、妻はあの香しい匂いが若干苦手なようであまり食べません。そんな妻が両親の介護で実家に戻っていた先々週の金曜日、久々に551の豚まんがどうしても食べたくなり、帰宅途中に551蓬莱を売っているデパートの食品売り場へ立ち寄りました。ふとショウケースを見ると、見慣れぬ容器が鎮座。それがこちら↓。

Img_7214

551の豚まんをレンジで温め直すための専用容器です!
 その日はこの専用容器と豚まん4個と焼売を購入。その日の夕飯に豚まんをがっつり3個食べて1個を残し冷蔵保存のノチ、翌日にこの新兵器を使ってあたため直していただこうと画策しておりました。ところが、翌朝冷蔵庫を開けると無い。前日飲み会で夕食を済ませて帰ったはずの愚息が『小腹が減ったのでオイシクいただいた』との事。
!!(゚ロ゚屮)屮

てなわけで、翌週の金曜日にリベンジ決行!

Img_7207 Img_7209

今度は、どど〜んと6個入り購入!!
これなら今宵も飲み会の愚息ではあるが、翌朝全て無くなっていることは無いハズ!

Img_7213

再び夕飯にワタシはがっつり3個たいらげて先に就寝。

そして翌朝。
やはり1個減っていました(!)が、思惑通り2個確保できました。(゚ー゚)

Img_7215_2

 ようやく新兵器に活躍の場が!当然、大きさはジャストサイズでイイ感じ。

説明書きに『少量の水を入れて電子レンジで500W 1分が目安』と書いてありましたが、1個目は少し温まり方が足らず若干冷たい。2個目は600Wに設定変更して1分セットでチ〜ン。しかし、皮の部分がまだ少し固い。たぶん受け皿に投入した水が多過ぎたのが原因ではないかと思われます。゚゚(´O`)°゚
でも、もう2個食べきってしまったので、また次の金曜日に6個買って帰るか思案中です。

 こうして551豚まんの週末が続くワタシ。
『551がある時〜、ない時〜』
ある時は楽しく、ない時は切ない。
ひょっとして、551の思うツボ??(^-^;

2018年3月11日 (日)

春の風物詩

 明石に住む大学時代の友人が今年も「いかなごのくぎ煮」を送ってきてくれました。兵庫県西部では解禁に合わせて、各家庭でくぎ煮を作るのが風習のようで、日本郵便や宅配業者はこの時期に合わせて特別配送メニューで対応しているようです。

 友人は例年プラスチック製の密閉容器(いわゆる『タッパー』)に入れて郵送してくれます。郵便だと不在でもポストに入れておいてもらえるので助かります。

Img_7112
「いかなごのくぎ煮佃煮」の専用シールが郵便局側で用意されており、普通に自宅ポストに届くのが驚きです!(※あて先住所氏名は画像処理済み)

Img_7114

 もちろん白飯との相性抜群なのですが、酒のあてにもピッタリ。去年は日本酒で、今年は芋焼酎でおいしくいただきました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

東北大震災から今日で丸7年。
被災された方や亡くなられた方に思いを馳せつつ
今一度、備えは出来ているかと確認。

2018年2月18日 (日)

応援する季節

 先日の楽しかった北陸旅行の帰り道。帰路途中にJR京都駅のパン屋さんでパンを買って橿原神宮往きの近鉄特急に乗り、さらに途中の大和八木駅で近鉄大阪線の特急に乗り換えて榛原へ帰ろうとした時のこと。

 榛原駅到着時に気がついた。
『パンが無い。。。』

 大和八木駅で乗り換える時、特急の網棚に置いたまま降りてしまったに違いない。榛原駅で駅員さんに確認。
『終点の橿原神宮駅でお預かりしています。』

 近頃物忘れが激しくうっかりミスが多いワタシ。1時間かけてわざわざ取りに行くほどのものでも無かったのだが、自責の念で落ち込んだ。。食べ物なので、もし落とし主が取りに行かなければ、そのまま廃棄されてしまうのだろう。
「もったいない」と「悔しい」がワタシを後押しして駅員さんに伝えた。
『橿原神宮駅まで今から取りに行きます。』

 先ほど特急に乗って帰ってきた近鉄大阪線を、大和八木駅先着の準急で後戻り。乗客がほとんど乗っていない大阪上本町行きの準急。準急といっても奈良県内は各駅停車。急行なら2駅目が大和八木だが、準急だと6駅に停まる。

テンションMAXダウンなワタシ。ふと前を見ると見慣れないつり革がひとつ。

Img_6995_2

『ん??』

Img_6994_2

 そういや、近鉄が期間限定でそんなイベントをやっていると車内広告で見たことがある。合格祈願のつり革だ! 折しも受験シーズン真っ只中だものね。できれば『金運招福』のつり革に巡り合いたかったが、欲は言うまい。

『頑張った人が報われますように!』と願いながらつり革を握りしめるアラカン男ひとり。おかげでテンションを持ち直して置き忘れたパンを無事受け取り帰路へ。
周りに乗客が居ないで良かった〜(^-^;

2018年2月 3日 (土)

北陸の旅、ふたたび。

 去年の夏に家族旅行で宿泊した「ふくみつ華山温泉」の料理をもう一度堪能したくなり、先日の休みを利用して妻と二人で再び北陸へ行ってきました。前回はマイカー移動でしたが、今回は近鉄電車で京都まで行き、京都からはJRの特急サンダーバード号を利用した列車の旅でした。

 JR西日本には50歳以上限定の「おとなび」という無料で登録できる会員制クラブがあり、会員限定でお得な切符を購入することができます。今回は「おとなびWeb早特」を利用して京都〜金沢の特急券+乗車券を3割引(通常¥6,900を¥4,830)で購入することができました。2名の往復合計では¥8,280割引になりますから、かなりお得に行くことができましたmoneybag

 雪景色も楽しみにしていたので、旅行の数日前から『雪よ降れ〜、積もれ〜』と念じていたところ、週末に大寒波襲来! 旅行前日のサンダーバード号は、降雪のためほぼ全てが運転取りやめ。『少しお願いしすぎたか。。(^-^; 』と後悔し、前日は『サンダーバードが止まらない程度に、ヨロシクね。。。(* ̄0 ̄)ノ』とかなり身勝手なお願いふたたび。

・・・で、結果は予約車前後のサンダーバードは運転休止でしたが、予約していたサンダーバード19号は願いが叶い運行決定。ヽ(´▽`)/

Img_6938_2 Img_6941_2

 途中の滋賀県北部や福井県ではこんな感じ↑↑。駅のホームも雪に覆われてすごい事になっていました。w(゚o゚)w

<JR金沢駅>

 そして約20分遅れでJR金沢駅に到着。約10年ぶりに降りたJR金沢駅は、北陸新幹線開通を機にかなりモダンに生まれ変わっておりました。

Img_6948 Img_6946


<ふくみつ華山温泉>

 金沢駅から旅館の送迎バスに乗って約40分。宿のある富山県南砺市は金沢市に隣接していますが、山あいのためか積雪量は金沢市街地よりかなり多めでした。

 宿に到着後、冷えた体を温めるためすぐに温泉へspa。こちらの温泉は、ナトリウム塩化物泉の源泉掛け流しです。少し緑がかったお湯は低張性、弱アルカリ性でクセが無く程よく温まる温泉です。雪景色を見ながらの露天風呂は気持ちよく、ワタシはその日の夕食後と翌日の朝食前にも雪見風呂を楽しみました。

P1120898 P1120908

 待ちかねた夕食は前回同様のコース料理で、季節によって若干メニューが変わります。雲丹をのせた胡麻豆腐や寒ブリ大根の梅煮など今回も工夫を凝らした料理が加わり、美味・贅沢・満腹の三拍子揃った素晴らしいものでした。

P1120884 P1120927

 宿に到着した夕刻からその日はずっと雪が降り続いていました。音も無くしんしんと降り注ぐ雪は、宿から見える風景を墨絵のように無彩色に変えてゆきます。

  そして、翌朝。

P1120973_2
P1120990 Img_6963

 ようやく雪は止み、窓の外には静かな雪景色が輝いていました。

 雪に覆われた北陸の街の風景がココロに沁みます。

<兼六園>

P1130005 P1130051

 翌日の午前中は兼六園へ。兼六園を訪れるのは2度目ですが、雪景色の兼六園は初めてです。四季を通して美しいのが、名園たる所以だなぁと感心。
兼六園の名前の由来は、兼ね備える事が難しい『六勝』が「兼ね備わっている」「庭園」という意味だそうです。

『六勝』とは、、
「広大(広く大きいさま)」⇔「幽邃(静かで奥深いさま)」
「人力(人の力により作られた美)」⇔「蒼古(古びていて深みのある自然の美)」
「水泉(水が豊富な低地)」⇔「眺望(遠く見渡せる高所からの眺め)」

だそうで、ナルホド相反する要素全てが兼ね備わった名園です。ミシュラングリーンガイドでも3つ星を獲得しているので外国人観光客も多数来園していました。

P1130027 Img_6984

 時間があればゆっくり冬の名園も堪能したかったのですが、帰りの列車に遅れるといけないので急いで記念撮影をしたノチ、早々に昼食をとるため近江町市場へ。

<近江町市場>

P1130064 P1130069

 近江町市場といえば金沢市民の台所。しかし今や立派な観光名所で、こちらも国内外の観光客で大にぎわいでした。

P1130070 P1130076
P1130072

 近江町市場でランチといえば海鮮丼が定番のようですが、華山温泉で新鮮な刺身や海鮮丼を堪能したので、『ラ・クック・ミニヨン』というフレンチレストランで魚介類のランチをいただきました。活気溢れる近江町市場の中で、ゆったり寛げるカジュアルフレンチのランチタイムも良いものです。お味もバッチリでした。ψ(`∇´)ψ

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

帰宅後、

P1130078

 夕食に華山温泉旅館からお土産にもらった料理長手作りの富山名物「ます寿司」を旅の余韻に浸りながらいただきました。

う〜ん、冬の北陸、最高 (o^-^o)/

2018年1月20日 (土)

電波難民。届かぬ電波で届かぬ想い

 ず〜っとdocomoユーザーだったワタシが、docomoのiPhone発売を待ち切れずauに宗旨替えしてから早いもので丸6年。最近、休日に自宅で携帯通話する事が多くなり、通話途中から相手にこちらの声が届かず切れる事が多発。電話で話すのが嫌いなワタシは今まであまり気にした事はなかったのですが、そういえば、家の中では電波アンテナが1〜2本。。我が家は問題なくauのLTEサービスエリア範囲内のハズなのですが、やはり山が近いからか電波状況が悪いらしい。。。weep

 そんな問題を解決しようと先日auショップに行って相談したところ、『電波サポート24』という受付システムに繋いでくれたので状況を詳細に説明。後日、指定した日に訪問調査員のお兄さんが自宅へやってきてワタシの部屋の電波状況を30分ほどチェック。やはり電波が弱いようでレピーターという電波増幅器を無料で設置する事になりました。

それがこちら↓

Img_6901

 こいつが弱い電波を掴んで増幅させて屋内に送り込むのだそうです。仕組みがイマイチ理解できていないのですが、確かにこれを置くと1〜2本だったiPhoneのアンテナが3〜4本立つようになり電波が増幅されているのがわかります。調査員のお兄さんも丁寧な対応でやっぱりauにしておいてよかった〜happy01

ところが、、、
 数日後にauのサポートセンターのお姉さんから状況確認の電話をいただいた時のこと。

サポセン『もしもし、その後の状況はいかがでしょうか?』
ワタシ 『あれから、家の中で通話はしていないんですが、
     電波は3〜4本立ってるし、かなり改善されたみたいですよ〜』
サポセン『・・・もしもし、もしもし、、』
ワタシ 『もしもし、聞こえてますよ、もしも〜し、、』
サポセン『もしもし、もしもし、、●●さま、、、●●さま〜〜、、
     ・・・ツー、ツー、ツー。。。』

 結局、レピーターというのは良好な電波だけでなく悪い電波も捉えて増幅することがあるそうで、未だワタシが抱える問題の解決には至っていない事が判明coldsweats02 。サポセンのお姉さん曰く『電波塔の向きを調整するなど、手段を講じてみますのでもう少しお時間をいただきたい』との事。

 auの改善に向けて対応する体制は大いに評価できるのですが、自宅でまともに通話できない携帯電話ってどうよ。
iPhoneXに買え替えたばかりだし。なんだかなぁ〜。catface

2018年1月 6日 (土)

ヴィンテージカーニューイヤーミーティング2018 in宇陀

fujiあけましておめでとうございます。

 ほぼ日記帳になってしまった感のある愚ログですが、今年もマイペースでボチボチと気の向くままに綴ってゆきたいと思いますので、お付き合いのほど宜しくお願いします。m(_ _)m

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

 元旦の翌日に自宅近くの宇陀市総合体育館駐車場でヴィンテージカーのイベントを行っている事を知り、いそいそと出かけたのは5年前のこと。翌年からも行こうと思いつつ、なかなか再訪できずにいました。5年前に私が訪れたのは第3回だったようですが、回を重ねる毎に多くの人が集まるようになった『ヴィンテージカーニューイヤーミーティング』も今年で第8回。今年こそは!と去る1月2日ようやく行ってきました。数ある参加車の中からワタシがチョイスした車の写真を交えてレポートします。(◎´∀`)ノ

<憧れだったクルマ>

Gto Gtor

 ♪ギャラン ジーティーオ〜、ヒップア〜ップク〜ペ♪というCMの歌詞が少年の頃、耳に離れず憧れの車だった「三菱ギャランGTO MR」です。お尻がクイッと上がっているのがかっこよくて、少年時代にヒマがあればGTOかホンダクーぺ7の絵ばかり描いていました。(*゚ー゚*)

Gsr

 その横にはオーバーフェンダーが泣かせる「三菱ギャランGTO GSR」も停まっていました。残念ながらホンダクーペ7は参加していませんでしたが、一度に2台もGTOを見る事が出来ただけでも大感激のワタシでした。ヽ(´▽`)/

<部分的に個性的>

Chery Cheryr

 リアサイドが印象的な造形の「日産 チェリークーペ X1ーR」です。後部座席に座るとほぼ景色は見えないんでしょうが、そんなの関係ねぇ!?。こちらもオーバーフェンダー仕様で鮮やかなオレンジがなかなかイカしてます。

<かっ飛び軽のハシリ>

Fronte Fronter

 360ccが軽自動車規格だった時代にスズキから出たスポーツタイプの軽自動車「スズキ フロンテクーペGX」です。発売当初の『ふたりだけのクーペ』というキャッチコピーが懐かしい! RR(リアエンジン・リアドライブ)ってどんな感じなのか一度運転してみたいもんですなぁ。

<商用軽トラック3兄弟>
Img_6858

 左から「スバル サンバートラック」「マツダ T600」「ホンダ ライフピックアップ」で、いずれも商用の軽トラックです。意識して3台を並べてあるのかどうかはわかりませんが、いずれも見ていてほのぼのとする面構えです。後方に見える「山」の字の形をした大和富士(額井岳)が3兄弟と見事にシンクロしていました。※「3兄弟」はワタシが勝手に名付けただけですので悪しからず

<見えないおしゃれが大事>

Img_6832 Img_6830

 いくら外見が良くてもパンツが汚れている奴はモテない? カーマニアも同様で、見えないところに手間とお金をかけるのが真のマニアという事のようです(!?)。
緑のスターレットのエンジンルームはまるで宝石箱のようでした。白のカローラはシンプルですが汚れ一つなく美しく整備されていました。内装も外装もトランクルームも汚れたままXVを乗り回している愚息に爪の垢を煎じて飲ませたい。。。(ノ_-。)

<同い年の赤い奴>

Impalar Impalas

 クラッシックカーマニアはナンバーを車の製造年にする人が多いみたいで、この真紅の「シボレー インパラ」のナンバーは19-59。この翼を広げたようなリアは1959年製でワタシと同い年のはず。アラカンにしてこの色気。ワタシも見習わなければなぁ。でも、ひょっとしてこの赤はチャンチャンコ?? いや、まだ早い早い。。(^-^;

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

 このイベントは毎年1月2日に宇陀市総合体育館駐車場で行われています。車の人気投票やグッズのフリーマーケットなどもあり、クラシックカーオーナーはもちろんの事、ワタシのような車好きには新年からテンションアップのイベントです。オーナー同士の情報交換の場でもあります。来年もきっとあると思いますので、興味のある方は是非、宇陀市へお越しくださいませ。楽しいよ〜♪

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

<追記>

たろさんが幼い頃に乗っていたN360も2台参加していましたので、追記します。

N360d N360mk3

N360初代は参加していませんでしたが、2代目と3代目が参加していました。
爆発的にヒットした車でしたね〜

2017年12月29日 (金)

2017年買い納めはダイソン

 メイン機として2階で使用していたM社製掃除機の吸引力が衰えはじめたため、流行に流されやすいワタシは『次はダイソンのコードレスクリーナーだなぁ。。』と密かに画策していました。しかし新製品のV8はなかなか値崩れしそうにないし、『そのうちジャパネットあたりが安売りするだろう』と我慢の日々が続いておりました。

 そして、11月も終わりに近い某日、満を持して「ジャパネットたかたチャレンジデー」でダイソン製品が登場!しかし、お目当のコードレスクリーナーV8やV7ではなく、コード付きキャニスタータイプとコードレスハンディータイプの2台セットでの販売でした。

でもいろんなブラシがついて2台セットで税抜¥54600は安い。

ん〜どうする??

買う(*゚▽゚)ノ

で、今年最後の衝動買いがこちら↓

Img_6671 Img_6668

上記2台にこちらのツール↓が追加でセットされています。ツールは全て2台とも共用できました。「おまけ」的なモノに弱いワタシ(*´-`)

Img_6673

<DC63の使用感>

 キャニスタータイプのDC63は噂どおり吸引力がすごいです。掃除した後で透明のクリアビンを見ると、かなり微細なゴミを吸い込んでいるのが確認できます。
また、結構小回りが利くのもポイント高しです。コードのついた掃除機はガンガン引っ張って掃除していると本体がひっくり返ったりしがちですが、従順についてきてくれるのでストレスがありません。
 ストレスといえば、実はワタシ掃除機のコードを巻き上げるときに一気にキュルキュルっと巻き上げる事ができないとかなりストレスがたまるタイプなんです(意外?と短気)。昔の掃除機は結構、引っ張り直さないと巻き取ってくれなかったのでストレスMAXでした。前任のM社掃除機はコードを巻き取る強さに惹かれて購入した経緯があり(動機がオカシイ??)、 ダイソンはどうかな?と不安だったのですが、見事一発巻き取りで合格点でした(^ ^)。
 弱点は強い吸引力ゆえに、絨毯などの掃除には多少力がいる事やクリアビン上部に溜まったほこりが取りにくい事(V8では改良されているらしい)などですが、吸引力の強さはその弱点をカバーして余りあるものです。

<HH08使用感>

 ハンディータイプのHH08は通常モードで約20分バッテリーが持ちますので、階段や車内清掃、布団掃除などにぴったりです。またリビングに置いてホコリが気になったら気軽にサッと掃除できるのも良いところ。PCのキーボード清掃などにも重宝しています。DC63が24個のサイクロンを搭載しているのに対し、HH08は15個なので吸引力は若干劣るんでしょうが、特に不足感はありません。

 弱点はDC63同様、クリアビン上部にほこりがたまりやすい事ですが、2台で交互にお互いの溜まったほこりを吸い込んで掃除しています。(その吸い込んだホコリがまたお互いのクリアビンの上部にたまるのかも知れませんが、そこは気にしない。(^-^;)

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 今年はたくさん物を買ったし、旅行もイロイロと楽しみました。母親の引越しやら義父の入退院の繰り返しなど心配事も多い一年だったけど、何とか無事に過ごす事ができました。来年も辛い事や楽しい事などいろんな事が起こるのだろうけど、アラカンなりの人生の楽しみ方で時を過ごせれば幸せかな〜と思います。

 来年も素敵な一年になりますように!

2017年12月10日 (日)

iPhone X で背景をぼかした写真を撮影する

 iPhone X はカメラ性能も良くなっているという事でポートレートモードを試してみた。モデルは某有名野球選手のお姉さん。(*^-^)

<Step1> カメラアプリで撮影

Img_6717

 カメラアプリの「ポートレートモード」で撮影すると背景を綺麗にぼかす事ができる。本来は顔写真を撮影するためのモードだが、センターにメインの被写体を持ってくると背景が綺麗にボケる。接写出来ないのがタマにキズだが、携帯電話の写真機能としては満足の行くレベルだと思う。

<Step2>写真アプリで編集

 ポートレートモードで撮影した写真をiPhone X の写真アプリで編集するとポートレートモードのオン/オフを切り替える事ができるので、後で背景にもピントを合わせた写真が欲しくなった場合にも対応ができる。ちなみに編集モード画面上部の「ポートレート」背景色黄色がオン/白抜き文字がオフの状態。

Img_6719 Img_6720

 オン/オフの切り替えは写真アプリの編集モードから『ポートレート』をタップするだけ。ただし、ポートレートモードで撮影した写真を同期しているMac側の「写真」アプリで確認しても背景はボケないので要注意。つまりポートレートモードがオフ状態の画像のみがMac側には送られるようである。

Img_6718_2

 せっかく背景をぼかして撮影しても、iPhoneで確認するだけでは全く意味がない。背景をぼかした写真をコンピュータに保存する方法は下記の通り。

<Step3>コンピュータへの転送

Img_6730 Img_6731

 転送方法はiPhone側の「写真」アプリで写真の選択画面から左下の転送アイコン「共有ボタン」をタップする。Macintoshの場合だと対象となる写真をチェックして「タップしてAirDropで共有」をタップすれば指定のMacのダウンロードフォルダに転送される。Windowsの場合はその下のメールやSNSなどファイルを共有できるアプリを指定して転送すれば、ポートレートモードで撮った写真が画像ファイルとして転送される。

Img_6715_3

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 今回 iPhone X で試しましたが、ポートレートモードのあるiPhone 8 Plus やiPhone 7 Plusでも同様の操作ができると思います。当該機種をお持ちの方は是非お試しください。(o^-^o)/

2017年11月19日 (日)

アラカン iPhone X を買う

P1120882

 リリース開始2日後の11月5日に、近くのauショップでiPhone Xを購入予約した。衝動買いである。iPhone Xの事を詳しく調べないまま購入に踏み切った。なぜすぐに踏み切れたのかは自分でもワカラナイ。何故ならば衝動買いだから(^-^;。

 予約時には『入荷まで1ヶ月以上かかる可能性がある』といわれたが、意外に早く翌週の11月11日に受け取ることができた。購入したのはiPhone X シルバーの64GB。前に所有していたiPhone 6s Plusも64GBで容量に全く支障なかったので今回も64GBにした。今やクラウドにデータを大量に保管しておける時代なので、今後も最小容量で特に問題なく使えると判断した。

 使い始めて1週間あまり。まだよくわからない事も多いのだけれど、感想などを取り急ぎレポートしてみます。

<フォルム>カバーをつけるのを躊躇するほど美しい

 iPhone Xのフォルムは量産される工業製品であるにもかかわらず、伝統工芸品のように美しい。ホームボタンが消えオールスクリーンになった事によってディスプレイサイズはワタシが以前使っていたiPhone 6s Plusと同等にもかかわらず、本体サイズは片手で操作できる範囲に収まった。iPhone 8と同様にガラス素材で覆われたボディは高級感を増しつつ、適度に手に馴染み持ちやすくなった。

 とは言え最近不用意に物を落としたり、こぼしたりする事が多くなったワタシ。専用ケースを先日会社帰りに家電量販店に立ち寄ったが、フォルムの美しさを活かして本体を守る理想のケースが見つからず何も買わずに退散。ガラス素材は指紋がつきやすいし、落としてディスプレイを傷つけた時のダークブルーな気持ちは想像に難く無いので、どこかで妥協して早く購入しなければ。。

<ディスプレイ>ようやく手に入れた漆黒

 OLEDディスプレイ(日本では一般に「有機EL」と呼ばれている)の搭載によって、引き締まった黒が表現できるようになりメリハリのある画像となっている。液晶の場合どうしても黒が濁る(遮光カーテンから光が漏れてる感じ?!)のだが、これだけ黒がすっきり黒いと他の色も美しく感じるのを実感できる仕上がりとなっている。

 ディスプレイサイズは「5.8インチ」でPlusシリーズの「5.5インチ」より大きいとされているが、これは対角線の長さが5.8インチであって正確な表示面積の数値では無い。iPhone Xはフルスクリーンといっても画面上部にカメラやセンサーなどを配置しているため、一部表示しない部分がある。また、フルスクリーンの4隅は本体のエッジに合わせて角が丸くなっているが、「5.8インチ」は角が丸くなっていないと見なした矩形の対角線なのである。4隅の丸く欠けた部分と画面上部の欠けた部分を差し引いた面積を正確に測るほどマメな性格では無いので割愛するが、「おおよそPlusシリーズと同等の表示面積」と理解して間違いないと思う。

<Face IDによる顔認証>精度が高くかなり実用的

 iPhone X で初めて搭載された新たな機能「Face ID」による顔認証だが、評判通り精度は高い。iPhone Xを持ち上げると勝手にロック中の画面が立ち上がり、顔を向けるとFace IDによってロックが解除されるので、スムースに操作を始めることが出来る。また、メールやSNSなどの通知機能をONにしていても、ロック画面上では誰からのどういう内容かは表示されない。例えば『LINE 1件の通知』とだけ表示される。本人が画面を覗くことにより自動的にロック解除になって初めて、誰からどういう内容が届いているのかを表示する。「愛しいパートナーにあらぬ心配をかけたくない人々」にとっては嬉しい機能だと思う。(ちなみにワタシは『やましい事は何一つないのでこのような機能は必要ない!!!』と断言しておく)

<操作性>やはり慣れが必要かも?

 ホームボタンがなくなった事によって基本的な操作方法が大きく変わった。例えばソフトを終了させておきたい時、従来はホームボタンをダブルクリックしてスイッチャー画面から消したいアプリを上にスワイプして終了だったが、iPhone Xでは画面下のホームインジケーターを上にスワイプしてスイッチャー画面を出し終了したいソフトを選んで左上に「×」印が表示された時点で上方向にスワイプする必要がある。手数は同じなのだが、「×」印が表示されるまで若干の時間があり、その前にスワイプするとアプリは非表示となるだけで終了しないままメモリに残る。「ポケモンGo」など、電力消費の大きいソフトだと消したつもりがずっと立ち上がっている事になるので注意が必要だ。

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

 未だiPhone Xは供給が追いついておらず巷で持っている人も少ないので、これをネタに人が寄ってきてニワカ人気者なワタシ。(^-^;

 カメラ性能など、そのほかにも色々進化しているようだが、従来から変わった機能が多くてまだしっかりとは把握できていない。ぼちぼち使いこなしながら今後もアラカン目線で徐々にレポートしたい。

«今年の同窓会は泉州ツアー

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ